比較・まとめ

【2019年】TC ワンポールテント10選!夏は涼しく冬は暖かくキャンプをしませんか!

投稿日:2019.05.05 更新日:

TC素材のテントといえば、以前はノルディスクのアスガルドやアルフェイムなどが主流でしたが、2016年にtent-Mark DESIGNSから発売された、TC素材のワンポールテント「サーカス TC」を皮切りに、様々なブランドがTC素材ワンポールテントを販売し始めました。

「夏は涼しく冬は暖かい」というTC素材の特徴が、高温多湿の日本の環境に合うため、これだけ様々なブランドがTC素材のワンポールテントを販売してきたのだと思われます。

そこで今回は、人気の素材「TC」と「ワンポールテント」にフォーカスを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

TC ワンポールテントの素材や構造

TC素材

キャンプ用品の中でも特にテントやタープの名称で、TC・T/C・ポリコットンという名称を、見かけることが多いかと思います。

TC・T/C・ポリッコットンとは?

TC、T/C:テトロン(東レと帝人が製造するポリエステル)とコットン(綿)
ポリコットン:ポリエステルとコットン(綿)

と商標などの絡みから分けられるようですが、素材的にはポリエステルとコットンの混紡生地になります。

TC素材の特徴

耐久性が高く風合いがよく、遮光性が高くて火の粉が舞っても穴があきにくい素材です。また、水に濡れると繊維の糸が拡張し目が詰まるので防水性が生まれれる特徴を持っており、経年劣化するウレタンコーティングを使用していないため、末永く使用ができるというメリットがある反面、保管の際は十分に乾燥させて保管しないと、カビや悪臭の原因となります。
化学繊維と比較して、火の粉による穴があきにくい素材ですが、防炎加工は施されていないので、幕に火があたるような位置での火器使用や、焚火などを行わないよう注意が必要です。また、付近の火気にも十分注意する必要があります。結露が発生する場合があります。使用後は日陰干しをして乾燥させ、直射日光を避け風通しの良い場所で保管を行う必要があります。

続いてTC素材のメリット・デメリットです。

TC素材のメリット

  • 遮光性が高い
  • 火の粉で穴が空きにくい(空かないわけではない)
  • 経年劣化するウレタンコーティングがされていないため、手入れ次第で末永く使える
  • 通気性がよい

TC素材のデメリット

  • 保管時に十分乾燥させないとカビやすい
  • 他の素材に比べて、重量がある

ワンポールテント

以前はドーム型テントが主流でしたが、ここ数年ワンポールテントがかなり人気です。

ワンポールテントとは?

アメリカインディアンの部族が利用する移動用住居「ティピまたはティーピー」をヒントに作られたテントで、1つのポール(メインポール)で設営ができる角錐型のテント(シェルター)。構造ゆえに慣れると短時間での設営が可能。

実際にワンポールテントを所有していますが、ドーム型テントやトンネル型テントに比べ本当に設営が簡単で、サイズにもよりますが慣れると短時間で設営ができるため、空いた時間を他のことに回すことができ便利です。

続いてワンポールテントの、メリット・デメリットです。

メリット

  • メインポールが1本のため設営が楽
  • 設営時間が短縮できる

デメリット

  • メインポールがテントのセンターにあるため、邪魔になる。
  • メインポール下しか高さが稼げないため、窮屈に感じる。
  • 自立しないため、ペグが刺さらない環境での設営が困難。

このようなデメリットを改善すべく、メインポール以外にサブポールを追加して、快適な空間を稼いだモデルも出たり、個人でメインポールを二股化されている方も増えてきています。

スポンサーリンク

TC ワンポールテント

メリット以外にも、デメリットが存在する「TC ワンポールテント」ですが、ここまで人気が出たのは、「設営の簡単さ・フォルムのかっこよさ」だけでなく、TC素材の風合いや通気性の良さなどがあるからではないでしょうか。

そんな人気の「TC素材 ワンポールテント」をまとめてみました。

1. サーカスTC / tent-Mark DESIGNS

ここ近年の、TC ワンポールテントの火付け役存在「サーカスTC

2019年春には後述の「サーカスTC DX SOLUMバージョン」、2019年8月以降にはサンドカラーバージョン(現行カラー)の「サーカスTC DX」が発売予定。

2016年発売以来、毎年完売し2019年に入ってもその人気は衰えを知りません。

本体裾には、スカートを装備しています。

サーカスTCの仕様

使用時サイズ(約) 4420×4200×H2800mm
収納サイズ(約) 670mm×φ250mm
重量(約) 10.88kg (本体・張り網6,450g、ポール2,360g)
素材 本体:コットン混紡生地(表面撥水加工、ポリエステル65%コットン35%)
裾部(スカート):ポリエステル
ポール:スチール製5本継ぎ(φ32mm/280cm)
付属品 ポール、張り網、設営用ガイドセット、ペグ、収納袋

サーカスTCの詳細はこちら

関連
サーカスTC TOP
【サーカスTC】tent-Mark DESIGNS 大人気ワンポールテント! CIRCUS TC SAND

続きを見る

2. サーカスTC DX SOLUMバージョン / tent-Mark DESIGNS

通常バージョンの「サーカスTC」に、片側のみサイドフラップを追加したモデル。

片側のみですが、入り口を付属のポールで立ち上げることができるため、出入りの際の雨の侵入を防いだり、ワンポールのデメリットの居住区間を広げたりと、サーカスTCに欲しかった機能を備えています。

サーカスTC同様に、本体裾にはスカートが装備されています。

ただし、サイドフラップのファスナーを開いて、タープのように使用する場合のポールは別売になります。

サーカスTC DX SOLUMバージョンの仕様

使用時サイズ(約) 4420×4200×H2800mm
収納サイズ(約) 630×270×270mm
重量(約) 12.3kg
素材 本体:コットン混紡生地 撥水加工済み 、ポリエステル65%、コットン35% 
裾部(スカート):ポリエステル
ポール:スチール製5本継ぎ(φ32mm×2,800mm)
スチール製3本継ぎ(φ22mm×2,000mm)
収納袋:ポリエステルオックス
付属品 ポール・張り綱・設営用ガイドセット・ペグ・収納袋

 サーカスTC DX SOLUMバージョンの詳細はこちら

関連
サーカスTC DX SOLUMバージョン
【サーカスTC DX SOLUMバージョン】tent-Mark DESIGNS×SOLUMのコラボテント登場!

続きを見る

3. サーカスTC BIG / tent-Mark DESIGNS

大人気サーカスTCのビッグサイズで、ファミリーやグループでのキャンプに最適なサイズ。

サーカスTCのいいところを残し、新たな機能を追加したモデルになります。

天井のベンチレーションだけでなく、下部5ヶ所にはベンチレーターを装備し、通気性が抜群になっています。

画像のように、開放的にドアパネルを開けることもできます。

こちらもサーカスTC同様、本体裾にスカートを装備しています。

サーカスTC BIGの仕様

使用時サイズ(約) 520×520×(H)350cm
重量(約) 本体:11,386g
ポール:3,246g
収納袋:454g
アクセサリ:290g(張り綱&セットUPガイド)
素材 本体:コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%
裾部(スカート部):ポリエステル
ポール:スチール製 Φ35mm
付属品 収納ケース、ペグ、張り綱、設営用ガイドセット

 サーカスTC BIGの詳細はこちら

関連
サーカスBIG
【サーカスTC BIG】tent-Mark DESIGNSよりサーカスTCのBIGサイズが登場します!

続きを見る

4. パンダ TC (PANDA TC)/ tent-Mark DESIGNS

サーカスTCのブランドtent-Mark DESIGNSより発売されている、ソロ用TCワンポールテント。

tent-Mark DESIGNSとイラストレーター「こいしゆうか」さんのコラボテント「PANDA」のTC素材版になります。

PANDAよりもサイズが少しだけ大きくなっています。

サーカスTCに比べると、コンパクトなサイズになり、スカートがありません。

パンダ TCの仕様

サイズ 2700×2700×H1700mm
インナーサイズ 2500×1150×H1550mm
収納サイズ 記載なし
重量 約5,440g
耐水圧 インナーボトム1,500mm
素材 フライシート:ポリエステル65%、コットン35%(表面撥水加工)
インナーボトム:ポリエステルタフタ68D
付属品 ポール、張綱、ペグ、収納袋

パンダ TC / PANDA TCの詳細はこちら

関連
PANDA TC
人気のモノポールテント PANDA にTCバージョンが登場!tent-Mark DESIGNS PANDA TC

続きを見る

5. ワンポールテント T/C400 / FIELDOOR

かなりコスパの高い、FIELDOORの「ワンポールテント T/C 400

サイズはサーカスTCに比べると、少しだけコンパクトですが、付属のインナーテントにて、大人4名が寝れるサイズ。

本体裾にスカートを装備しています。

ワンポールテントT/C 400の仕様

使用時サイズ(約) 4000×3500×H2150mm
インナーサイズ(約) 3500×3000×H2150mm
耐水圧 428mm
重量(約) 7.4kg
材質 フライシート : ポリエステル65%、コットン35%
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : 210D ポリエステル
ポール : スチール
付属品 テント本体×1、フライシート×1、スチール製テントポール×1
ペグ×12、ロープ×6、専用キャリーバッグ×1

ワンポールテント T/C 400の詳細はこちら

関連
ワンポールテントT/C400
【ワンポールテントT/C 400】FIELDOORよりポリコットン ワンポールテント登場!

続きを見る

2019年5月5日現在、Amazon.co.jpからの配送以外は、沖縄への配送が不可となっています。

6. ワンポールテントTC / テントファクトリー

ワンポールテントTC TOP

Quotation: naturum

形状は六角でシンメトリー(対称)構造で、見た目が美しい印象です。

前後出入り口がメッシュになるため、暑い時期のキャンプでも、風を通しある程度虫をシャットアウトできるので、快適に過ごせそうです。

また、本体裾部にスカートを装備しています。

これはサーカスTCに続いて人気が出そうなテントです。

ワンポールテントTCの仕様

使用時サイズ 4600×3900×H2800mm
収納サイズ 680×270×270mm
重量 記載なし
耐水圧 2000mm
素材 アウターテント:TC(ポリエステル45%・コットン55%)撥水コーティング済
ポール:スチール(粉体塗装)
部品内容 アウターテント、ポール、ガイド、ガイド紐、ペグ×22(予備2本)
ガイドロープ2.2m×6・3m×2、キャリーバッグ

ワンポールテントTCの詳細はこちら

関連
ワンポールテントTC TOP
【ワンポールテントTC】テントファクトリーよりポリコットン ワンポールテントが登場!

続きを見る

7. レンコンテント / DOD

レンコンテント

Quotation: DOD

この「レンコンテント」は、テント中で焚き火ができるよう、テント上部に大きな窓を360度配置して焚き火の煙を排出し、温かい空気を身体の周辺から逃がさないような設計になっています。

今までになかった発想のワンポールテントですね。

レンコンテント2

Quotation: DOD

上から見ると、窓を全開にすると本当にレンコンのように見えますね。

焚き火をするときは全てのレンコン窓を全開にしてくださいとのことです。

本体裾部にスカートを装備しています。

レンコンテントの仕様

サイズ(約) 3900×3900×H2600mm
収納サイズ(約) 680×230×H230mm
重量(付属品含む)(約) 12kg
収容可能人数 大人3人 ※就寝だけであれば大人5人
最低耐水圧 350mm
材質 ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、スチール
付属品 ペグ、キャリーバッグ

レンコンテントの詳細はこちら

関連
レンコンテント
【レンコンテント】DODより中で焚き火ができる冬仕様ワンポールテントが登場!

続きを見る

8. TCティピシェルター / ビジョンピークス

ヒマラヤのプライベートブランド「ビジョンピークス(VISIONPEAKS)」からも、TCティピシェルターが販売されています。

こちらは、フルメッシュのハーフインナーが付属します。

また天井のベンチレーションは、ロープで開け閉めができる仕様になります。

少し気になったのが、画像のように入り口の2箇所を開いたままの状態で、ガイロープを張ると歪んでいるような感じがします。

ですが、ハーフインナーが付属して、この価格はかなりコスパが高そうです!

TCティピシェルターの仕様

使用時サイズ(約) 4400×4200×H2900mm
収納サイズ(約) 記載なし
インナーサイズ(約) 記載なし
重量(約) 12.3kg
素材 フライ:ポリエステル+綿混紡
インナー:ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステルオックス
フレーム:スチール
付属品 ペグ、ロープ、収納ケース

9. グロッケ12 T/C / ogawa

グロッケ12 T/C

Quotation: amazon

「これもワンポール?」と思われるかもしれませんが、メインポールは1本で出入り口にフロントポールが追加され、ワンポールテントのデメリット「窮屈に感じる」ということを軽減したテント「ベルテント」になります。

サイドの立ち上がりがあるため、他のワンポールテントと比べると、広く感じます。

また裾部に全開放可能なベンチレーターメッシュパネルを装備しているため、風通しもよく快適に過ごすことができます。

グロッケ12 T/Cの仕様

使用時サイズ(最大) 4050×2650×H2700mm
収納サイズ 800×350×330mm
重量 総重量(付属品除く):14.7kg
フライ:約9.3kg
グランドシート:約1.8kg
ポール:約3.6kg
素材 フライ:T/C(耐水圧350mm)、ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:スチールφ32mm
フロントポール(Aフレーム):アルミφ22mm
付属品  張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

グロッケ12 T/Cの詳細はこちら

関連
グロッケ
【グロッケ12 T/C】ogawaよりT/C素材のベルテントが登場!2018 New Products

続きを見る

10. ピルツ15 T/C / ogawa

ピルツ15 T/C

Quotation: amazon

ogawaの代名詞と言っても過言ではない、ワンポールテント「ピルツ(Pilz)」

サイズもいろいろとありますが、TC素材を採用しているのは、このピルツ15のみ。

他のワンポールテントと異なり、入り口部分にキャノピーを備えています。雨天時の出入りの際、これがあるとかなり便利です。

また幕上部にストーブ用の煙突ホールが装備されています。

ストーブを使用する際は、自己責任において十分な換気および注意をして使用下さい。

ピルツ15 T/Cの仕様

使用時サイズ(最大) 4300×4300×H3100mm
収納サイズ 900×400×350mm
重量 【幕体】約13.4kg 【ポール】約4.2kg
素材 フライ:T/C (耐水圧350mm)、ポリエステル210d、
ポリエステル600d(トップベンチレーションのみ)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1800mm)
ポール:スチールΦ32mm(310cm4本継)
付属品 グランドシート、張り出しポール 180cm、張り綱、
アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

ピルツ15 T/Cの詳細はこちら

関連
ピルツ15 T/C1
【Ogawa】ピルツ15 T/C を調査!キャンパルジャパン 2017新製品

続きを見る

あとがき

サーカスTCを始めとする大人気の「TC ワンポールテント

入荷しても即完売するものも多く、「次回◯月入荷」というものも存在します。それだけ人気だからでしょうね。

サーカスTCに関しては、2019年のある程度の入荷スケジュールが発表されてはいるものの、入荷月によっては販売が実店舗のみだったり、アマゾンWILD-1オンラインショップのみだったり、WILD-1オンラインストアのみだったりと販売箇所が異なるため、狙われている方はこまめに覗かれことをおすすめします。

ご購入の参考になれば幸いです。

関連
ワンポールテント12選
【2019年】ワンポールテント12選!設営が簡単なおすすめテント!

続きを見る

関連
2019年 キャンプギア
【2019年キャンプギア】TC素材のテントとワンポールテントが更に人気がでそうな予感!

続きを見る

関連
買ってよかったキャンプ用品・キャンプギアたち
【2019年】買ってよかった!おすすめのキャンプ用品・キャンプギアまとめ

続きを見る

おすすめ
TARAS BOULBA
TARAS BOULBA (タラスブルバ)のキャンプギアが2019年かなり熱い!

続きを見る

初めて来てくださった方へ

ご訪問ありがとうございます。当ブログがどのようなものを発信しているのか、人気記事を5つ用意しましたので、こちらもどうぞ!

おすすめ
伊江島
初めて来てくださった方へ!まずは最初の5記事!

続きを見る

スポンサーリンク

この記事も読まれています
あなたにおすすめ!

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-比較・まとめ
-

Copyright© Yosocam , 2019 All Rights Reserved.