楽天スーパーセールおすすめアイテム

OneTigris CONIFER|独特のフォルムをしたソロ用アシンメトリー テント

ワンティグリス CONIFER (コニファー)

ソロ用TCテントをお探しの方に朗報です!

様々なキャンプギアを提供するブランド「OneTigris(ワンティグリス)」より、ソロ用TCテント「CONIFER(コニファー)」が登場しました。

フォルムはワンポールテントなのですが、標準で二股ポールを採用し、しかもワンポールテントのデメリットである「裾付近のデッドスペース」を軽減した構造。

それゆえに、独特のフォルムをしたアシンメトリー(左右や前後非対称)テントとなっています。

それでは、OneTigris(ワンティグリス) のCONIFER(コニファー) とは、どのようなテントなのかご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

CONIFER(コニファー) / OneTigris(ワンティグリス)

今回ご紹介するOneTigris(ワンティグリス)のTCテント「CONIFER(コニファー)」は、見た目がアシンメトリー(左右や前後非対称)で、独特の形状をしています。

しかしバランスが悪いのではなく、これはこれでカッコいいフォルムをしています。

「CONIFER(コニファー)」を手掛けるのは、人気ブランドの一つ「OneTigris(ワンティグリス)」で、標準で薪ストーブをインストールできるよう、煙突口を装備し煙突ガードが付属しているテントです。

OneTigrisとは

OneTigris(ワンティグリス)とは、タクティカルギアやサバイバルギアなどを手掛ける中国のブランドで、テントやタープ、テーブルなど様々なキャンプギアを展開しており、TANGRAMや、Northgazeなど人気のテントが多数あります。

筆者はOneTigris(ワンティグリス)のテントを所有していませんが、アウトドアボトル用ポーチを購入していました。

関連記事 【レビュー】OneTigris アウトドアボトル用ポーチが何気に便利だった!

セット内容

OneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー)のセット内容は、以下の通り。

  • テント本体
  • 煙突ガード(煙突パッド)
  • テントペグ×14
  • 3mロープ(ガイライン)×6
  • Aフレームテントポール(二股ポール):1セット×1
  • ポジショニングロープ×1
  • スタッフサック(収納袋)×1
スポンサーリンク

OneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー) 特徴

それではOneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー)の特徴をピックアップしてご紹介。

  • ワンポールテントのデメリットを軽減
  • 巻き上げ可能なスカート装備
  • TC生地を採用
  • キャノピーすることができる

ワンポールテントのデメリットを軽減

CONIFER(コニファー)最大の特徴は、ワンポールテントのデメリットを軽減しているところではないでしょうか。

実際はワンポールではなく、二股のA型フレームを採用しているため少し異なるかもしれませんが、形状は従来のワンポールテントと同じで、本来なら裾にかけて高さが下がっていくため、裾付近がどうしてもデッドスペースになりがちだったのを短いポールを使用して立ち上げることで、デメリットである圧迫感を軽減しました。

少しZANE ARTS(ゼインアーツ)のギギ1の構造と似ていますが、その部分に荷物やコットが置けるため、非常にありがたい構造です。

巻き上げ可能なスカート装備

テント裾には、寒い時期に冷気や風の侵入を軽減してくれるスカートを装備。

暑い時期は、巻き上げてロープで固定ができるため、4シーズン通して使用ができます。

TC生地を採用

薪ストーブや焚き火などの、火の粉に強いTC生地を採用。

夏は影が濃くできるため涼しく、冬は暖かく過ごせそうです。

TC素材ですが、決して燃えないわけではありませんので、火の取り扱いには注意が必要です。

キャノピーすることができる

別売ですが、キャノピー用ポールを用意すれば、両サイドのファスナーを上げてキャノピーすることが可能です。

テント本体の約半分くらいをキャノピーできるため、キャノピー空間も広々としています。

OneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー) 仕様・価格

CONIFER(コニファー) 仕様

サイズ幅260cm奥行260cm高さ180cm
収納時サイズ60cm x 20cm
重量約6.8kg
耐水圧400mm撥水処理
材質テント本体:TC ポリコットン生地
ポール:7075アルミニウム合金
セット内容3mロープ×6
テントペグ×14
Aフレームテントポール:1セット×1
スタッフサック×1
テント本体*×1
煙突ガード(20x30 cm)×1
ポジショニングロープ×1

キャノピーポールやインナーテントは付属しません。

CONIFER(コニファー) 価格

¥31,000(税込)

2022年11月3日現在

スポンサーリンク

OneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー) あとがき

OneTigris(ワンティグリス) CONIFER(コニファー)を調べているうちに、構造などは異なりますが、2020年に大人気となったBUNDOK(バンドック)「ソロティピー1TC」を思い出しました。

今後ソロティピー1TCのように、爆発的人気となりそうなテントだと感じましたので、気になる方はお早めに!

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2022年】ワンポールテント12選!設営が簡単なおすすめテント! 大人気のワンポールテントを、設営方法とソロ・デュオ向けとファミリー向けサイズに分けてご紹介致します。
あわせて読みたい
【2022年】TC ワンポールテント12選!夏は涼しく冬は暖かくキャンプをしませんか! 夏は涼しく冬は暖かく過ごせるTC素材を使ったワンポールテント12選をご紹介致します。
あわせて読みたい
【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気! 「コスパ高し!」と、人気のBUNDOK(バンドック)から発売されたソロティピー1TC「BDK-75TC」を、tent-Mark DESIGNSの「パンダTC+」との比較を交えて、解説致します。

その他 ワンポールテントへはこちらからどうぞ

ワンポールテントへ

気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ