比較・まとめ

【1kg以下】おすすめ軽量焚き火台7選!ソロキャンプで焚き火を楽しみませんか? 2020年9月

軽量焚き火台7選

Quotation: AmazonbelmontAmazonAmazon

キャンプで焚き火をする際、どんな焚き火台を使っていますか?

焚き火台といっても、SOTOの「ミニ焚き火台 テトラ」のようにコンパクトで軽量なものから、スノーピークの「焚火台」のように頑丈でかなり重たいものまで、様々な焚き火台があります。

車載事情やキャンプギアのミニマム化、バイクツーリングやバックパックを背負ってのキャンプの時など、特にコンパクト軽量焚き火台が欲しくなりませんか?

今まではあっても数少なかったのですが、ここ数年でそのニーズにあった軽量焚き火台が続々と登場しています。

今回はその中でも、ソロキャンプにおすすめの重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つご紹介します。

スポンサーリンク

軽量焚き火台7選

この度は「軽量な焚き火台」の中でも、重量が1kg以下という縛りの元で選んだ軽量焚き火台。

その中から選んだおすすめの軽量焚き火台は、以下の7つ。

軽量焚き火台
  • ピコグリル398 (PG398) / STC
  • ニンジャファイヤースタンド / PaaGo WORKS (パーゴワークス)
  • ワイヤーフレーム / MONORAL
  • ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット / UCO
  • プチかまどE1(ステンレス) / GaragePickupcamper
  • ZEN PIT / ZEN PIT
  • TABI / Belmont (ベルモント)
形状・グリルも使えるなどの仕様は除外して、1kg以下の軽量焚き火台を選びました。

それでは、各軽量焚き火台の詳細をご紹介していきます。

ピコグリル398(PG398) / STC

ピコグリル398

ここ近年、「軽量焚き火台」不動の人気を誇る「ピコグリル398

本当にシンプルな構造で、軽量かつコンパクトな焚き火台です。

収納するとA4サイズより少しだけ大きくはなりますが、厚さがかなり薄いため持ち運びが楽で、おすすめの焚き火台です!

芸人のヒロシさんも愛用の軽量焚き火台です。

ピコグリル398の仕様

ピコグリル2

組立時サイズ38.5cm×26cm×24.5cm
収納時サイズ33.5cm×23.5cm×1cm
重量約 448g(本体)
素材ステンレス
付属品収納ケース

スピット(串)は別売なのですが、販売店によってセット販売されているところもあります。その場合は価格が異なっています。

また販売店によって仕様が少し異なるところもありますが、気にするほどの差ではないため、ここでは私が購入したPikari Outdoor-Shopさんの数値にしています。

ピコグリル398の価格

¥11,600(税込)

2020年6月2日現在、価格が変動する可能性あり

ピコグリルの特徴

なんと言っても軽くてコンパクトなのに、組み立てがシンプルで2ステップでできるというところ。

2ステップ組み立て
  1. フレームを開く
  2. 火床を開いて乗せる

本当に簡単です!

また薪を横にくべた時に、中央に空気の通り道ができるため、効率よく燃焼するのが特徴です。

上記の価格よりも安いものや、著しく高いものは類似品の恐れがあるためご注意下さい!

ニンジャファイヤースタンド / PaaGo WORKS (パーゴワークス)

ニンジャファイヤースタンド

Quotation: Amazon

究極の軽量焚き火台「ニンジャファイヤースタンド

ニンジャファイヤースタンドを知った時、「こんなにフレームが細くて、軽くて大丈夫かな?」と思ったものでした。

しかし調べてみると、ある程度の荷重がかかることで安定感が増す仕様で、実にシンプルな構造で、多少の歪み程度なら自分でも直せそうです。

今回ご紹介する焚き火台の中で、一番軽量な焚き火台です!

ニンジャファイヤースタンドの仕様

使用時サイズ 360 x 360 x 300mm
収納時サイズ記載なし
重量(約)280g 
素材ステンレス
付属品収納ケース、火吹き棒
重量が約280gと驚きの軽さ!

ニンジャファイヤースタンドの価格

¥12,000+税

2020年6月2日現在

ニンジャファイヤースタンドの特徴

なんと言っても280gという軽さ!

私が知る中で一番軽量の焚き火台です。

またサッと広げてパッと組み立てができる簡単な構造。

ただ耐荷重が2kgしかなく、グリルとしての併用は厳しいですが、究極に軽量なためバックパックに忍ばせて行くキャンプなどにおすすめです!

詳細
NINJA FIRESTAND
【ニンジャ ファイヤースタンド】軽い!PaaGo WORKSのコンパクトに収納できる焚き火台!

続きを見る

ワイヤフレーム / MONORAL

ワイヤーフレーム

Quotation: Amazon

コンパクト焚き火台の先駆者的存在、MONORAL「ワイヤフレーム

特殊耐熱クロスを用いた、折り畳みができる焚き火台。

別売の五徳アタッチメントや、一般的なサイズ(幅38cm)の焼き網を使えば料理も楽しむことができます。

こちらもコンパクトに収納ができ軽量なため、バックパックにサッと忍ばせて行くキャンプなどにおすすめです

ワイヤフレームの仕様

使用時サイズW36×H28cm
収納時サイズφ9×L35cm
重量980g
素材特殊耐熱クロス/ステンレススチール
付属品帆布製収納袋
特殊耐熱クロスは消耗品で、加熱による劣化にともない交換する必要があります。想定されている使用時間は約50時間で、あくまでも目安になります。

ワイヤフレームの価格

¥16,800+税

2020年6月2日現在

ワイヤフレームの特徴

特殊な耐熱クロスを用いていることだけではなく、四辺に内蔵されたフレームとワイヤーによって耐熱クロスを吊り下げていることにより、使用時に火床の周辺が垂れ下がることがなく、安定して薪やコッフェルを置くことが可能になっています。

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット / UCO

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

キャンドルランタンで有名な「UCO(ユーコ)」

そのUCOから発売されている、シンプルな構造の焚き火台が「ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

本体を開き脚を交差させるだけの組立方法。

網は付属していますが間隔が広いため、別売ですがミニグリル用ワイヤー網を使うことで、料理の幅が広がります。

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットの仕様

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット 付属品

使用時サイズ24.1×17.8×20.3cm
収納時サイズ27×18×3cm
重量832g
素材ステンレス
付属品網用ハンドル、収納ケース

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットの価格

¥5,400+税

2020年6月2日現在

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットの特徴

なんと言ってもコスパの良さは最強ではないでしょうか!

組み立て時間もあっという間で、本体を開きながら脚を交差させるだけで組み立て完了です。

間隔は広いですが網も付属しており、初めて軽量焚き火台を購入される方におすすめの一品です!

プチかまどE1(ステンレス) / GaragePickupcamper

個人的に一番初めて購入した、軽量の焚き火台がこのGaragePickupcamperの「プチかまどE1(ステンレス)

全てのパーツが外れるため、収納に嵩張りません。

別途追加で口なしパネルを1枚増やせば、焚き火だけでなく炭起こしにも使える便利な焚き火台です。

プチかまどE1(ステンレス)の仕様

プチかまどE-1 2

使用時サイズ170×170×220mm
収納時サイズ記載なし
重量890g
素材ステンレス(0.8mm厚)
付属品十字五徳(兼 底網用ステー)1対
ステンレス火床1枚
パネル厚さ、素材等によって仕様が異なります。ここでの仕様は、ステンレス0.8mm厚の口ありモデルです。以前は上画像のようにステンレス火床は付属せず、網が付属していました。

プチかまどE1(ステンレス)の価格

¥6,160(税込)

2020年6月2日現在

プチかまどE1(ステンレス)の特徴

厚さが0.8mmあるため頑丈です。

もし熱さでパネルが歪んだとしても、簡単な構造ゆえにある程度のものなら叩いて直せます。

またかなりシンプルな構造の焚き火台のため、よく燃えます!

ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット ケース

ただ収納ケースが付属していないため、私は某100均のケースを使用しています。

ZEN PIT / ZEN PIT

ZENPIT

2019年に発売されて、一気に人気の焚き火台になった「ZEN PIT 焚き火台

従来の焚き火だけでなく、コンパクトながらも様々な調理が楽しめます。

火床、中段・上段のゴトクをうまく活用することで火力の調整が行え、

  • 直火調理
  • クッカーでの調理
  • 炭火焼き
  • ピザを焼く

など、上記以外にも様々な調理が楽しるため、料理好きの方におすすめの焚き火台です!

ZEN PITの仕様

ZENPIT2

使用時サイズ30×22×20.5cm
収納時サイズ28.5cm × 20cm
重量700g
素材ステンレス
付属品丸棒×2、ステッカー×1、保存袋×1
ステッカーと保存袋はオマケ程度で考えて下さいとのことです

ZEN PITの価格

¥13,800(税込)

2020年6月2日現在

ZEN PITの特徴

本体の火床・梁・丸棒をうまく使用して、様々な調理が楽しめるところが最大の特徴です。

直火調理やクッカーでの調理はもちろんの他、おこした炭を上段に乗せ、火床からの熱と上段からの熱で簡易オーブンとしても使用ができるため(網などが別途必要になります)、調理の幅が広がります。

また付属品ではなく他ブランドになりますが、UCOのミニグリル用ワイヤー網が程よいサイズで、調理しやすいです。

それでいて軽量なので、調理をメインに考えられている徒歩キャンパーの方や、バイクツーリングにおすすめです!

TABI / Belmont (ベルモント)

ベルモント TABI16

2020年4月に発売された、注目の焚き火台「TABI

発売前から一部のWeb店舗では予約完売するなど、大人気になる予感の焚き火台です。

素材にチタンを使用しているため、かなり軽量なのに約40cmの薪も乗せれる凄い奴!

TABIの仕様

ベルモント TABI7

使用時サイズ237×360×170㎜
収納時サイズ178×360×15㎜
重量約423g
(本体:約298g、側板:約29g、網:約96g)
素材本体:チタニウム、18-8ステンレス
収納袋:ナイロン
付属品収納袋

TABIの価格

¥10,000+税

2020年6月2日現在

TABIの特徴

なんと言ってもTABIの最大の特徴は、側板を外せば大きな薪も使えるというところ。

それでいてコンパクトで、チタンなのでかなり軽量!

燃焼効率もよく、焼き網も付属します。

組み立ても至ってシンプルで、火床をかみ合わせて脚を取り付けるだけの構造で、脚が3脚あるため安定しています。

詳細
ベルモント TABI
【TABI レビュー】ベルモントよりコンパクトで軽量なチタンの焚き火台が登場!

続きを見る

軽量焚き火台 あとがき

ソロキャンプにおすすめの重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。

気になる軽量焚き火台はありましたでしょうか?

ベルモント(belmont)のTABIは、2020年かなり人気が出そうな焚き火台となりそうです。

今後もソロキャンプに適した軽量焚き火台が出てくると思われますので、追加していきたいと思います。

takibi_no_asi
【takibi_no_asi】焚き火が楽しくなるasimocrafts (アシモクラフツ)の焚き火台

続きを見る

フレイムピット TOP
【Flame Pit (フレイムピット)レビュー】ハングアウトからおすすめな焚き火台が登場!

続きを見る

とん火TOP
【とん火】焚き火グリルとん火がリニューアルし再販決定!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-比較・まとめ
-, , , ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ