大人気のサーカスTC サンドを調査!tent-Mark DESIGNS CIRCUS TC SAND

Quotation: WILD-1/a>

Quotation: WILD-1

2017年の発売当初から人気のため品切れしていた、tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)「CIRCUS TC SAND(サーカスTC サンド)」の供給がようやく追いついて来たようです。

ただし、コスパの優れたモノポールテントの為、今後も品薄になる可能性はあります

2017年9月20日 追記
スポンサーリンク
もくじ

CIRCUS TC SAND /サーカス TC サンド

Quotation: WILD-1

Quotation: WILD-1

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の大人気モノポールテントで、ノルディスク等で使用されている、コットン混紡生地(ポリコットン)を使用したテント。

2016年のカラーは少し暗めのカラーだったのですが既に廃盤となり、2017年からはこのサンドカラーが登場。見た目も明るく、個人的にはこちらのカラーの方が好みです。

サーカス TC サンド」の仕様は、以下の通りです。

仕様

サーカスTCサンドサイズ

Quotation: WILD-1

サイズは高さ最大280cm、幅・奥行の最大420cmの五角形フロアを持つ、モノポールシテントです。

サイズ W420cm(最大)×D420cm(最大)×H280cm
収納サイズ W64cm×H23cm
重量 (約)8.58kg (本体と張り網 6.25kg、ポール 2.33kg)
素材 本体:コットン混紡生地(表面撥水加工、ポリエステル65%コットン35%)
裾部(スカート):ポリエステル
ポール:スチール製5本継ぎ(φ30mm/280cm)
付属品 ポール、張り網、設営用ガイドセット、ペグ、収納袋

高さが280cmもあるため、ソロだと結構広く悠々と使用することができます。

インナーテントは付属しておらず、別売りです。

価格

29,800円+税

2017年9月現在

特徴

夏は木陰のように涼しく、冬は暖気を逃さない。
抜群の遮光性と通気性を兼ね備えた綿混紡のテント。

上記にあるように、最大の特徴は遮光性と通気性を兼ね備えた綿混紡(ポリコットン)のテントというところで、ポリコットン生地の比率はポリエステル65%コットン35%で、夏は涼しく冬は暖かいテントになります。

また2箇所の出入口で快適な風通しができるため夏は涼しく過ごせます。

ポリコットン生地を使用することで結露しにくく遮光性抜群のテントです。

ただし、通常のテントに比べると乾きにくい素材のため、雨天あとの乾燥には注意が必要です。

メッシュインナー

利用者の要望が多かったのか、遂にメッシュインナーが発売されました!

大人気のtent-Mark DESIGNS サーカス TC にメッシュインナーが登場!
大人気のtent-Mark DESIGNS サーカス TC にメッシュインナーが登場!
あの大人気、tent-Mark DESIGNS のサーカスTC(CIRCUS TC)に待望のインナーが登場しました。

設営方法

動画を見ていると設営方法もわかりやすく、設置しやすいことがわかりますね。

まとめ

コットン混紡生地の幕かつ、モノポールテントで個人的にはすごく好みのテントなのですが、今購入を考えているソロ用にしては大きさが大きく、コットン混紡(ポリコットン)生地の幕なので雨天あとに乾燥させにくい。また重さが8.58kgあるので、ソロキャンプ用のテントにはどうかなと…思っていましたが、夏は高さがたかくて影が濃いため涼しいのではないかと、考えがかわってきました。

現在ソロ用、デュオ用に欲しいテントの一つです!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする