テント・タープ

【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気!

ソロティピー1tc

「コスパ高し!」と、人気のBUNDOK(バンドック)

そのBUNDOK(バンドック)から発売されている、ソロ用のワンポールテント「ソロティピー1 TC」が今大人気です!

以前よりソロティピー1は販売されていましたが、ソロティピーのTC幕として、カーキカラー・フラップが追加になったことで、人気に火がついたのだと思われます。

それでは、ソロティピー1TCBDK-75TC」を、tent-Mark DESIGNSの「パンダTC+」との比較を交えて、ご紹介致します。

スポンサーリンク

ソロティピー1TC BDK-75TC / BUNDOK

ソロティピー1TC 前開放

BUNDOKとは

BUNDOK(バンドック)とは、新潟県三条市にあるスポーツ用品、レジャー用品、アウトドア用品等の卸売りを行っている株式会社カワセの自社ブランドで、より手軽に快適なアウトドアライフを楽しんでもらうために、製品組立の簡素化・収納性などを考えた、リーズナブルな価格設定のギアを提供しています。

そのBUNDOK(バンドック)から販売されていた、ソロ用ワンポールテント「ソロティピー」TCバージョンが、今回ご紹介するソロティピー1TCBDK-75TC」になります。

以前より、コスパが高いと言われきたBUNDOK(バンドック)

2020年はこのソロティピー1TC「BDK-75TC」以外にも、ツーポールテント(ツインポールシェルター)「BDK-02EX」や人気の「ソロベース」にサイドウォールを装備した「ソロベースEX(BDK-79EX)」が追加され、更に人気に拍車をかけそうです。

それでは、早速ソロティピー TC「BDK-75TC」のディテールからご紹介!

ソロティピー1TC BDK-75TCのディテール

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー  後ろとじ

フラップを装備したワンポールテントで、スカートも装備。スカートは巻き上げることができるため、暑い時期になどには効果的!

上画像はフラップを両方キャノピーし、スカートを巻き上げた状態。

いろいろな角度から見てみます。

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー 右サイドから

正面からみて右サイド

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー  右サイド後方より

右サイド後方

樹の影で少し見にくいですが、正面から見て右サイドから、一周してみます。

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー  左サイド後方

左サイド後方

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー 左サイドより

左サイド

といった感じです。

ソロティピー1TC BDK-75TCの内容物

ソロティピー1TC 内容物

ソロティピー1TC BDK-75TCの内容物は以下の通りです。

  • フライシート
  • インナーテント
  • コンプレッションケース
  • メインポール、キャノピーポール
  • ペグ、ガイロープ×1(残りはフライシートに装備してます)

ソロティピー1TC BDK-75TCの設営方法

設営方法
  • STEP:1
    フライシートを広げる
    ソロティピー1TC 設営方法まず収納ケースから取り出し、フライシートを広げます。

    ソロティピー1TC ジッパー2つ重ね
    ソロティピー1TC 正面右下ロゴ

    この時、ジッパーが二重になっている方を左側に、「BUNDOK」のロゴが右側に来るように設営するとその面が正面(前方)になります。

  • STEP:2
    四隅をペグダウンする
    ソロティピー1TC 設営方法 ペグ打ち次に四隅をペグダウンします。ペグダウンしたあと先程の二重のジッパーを開いておくと次へスムーズに進めます。
  • STEP:3
    ポールをフライシートの頭頂部へ差し込んで立てる
    ソロティピー1TC 設営済先程開いたジッパー部より、フライシートの頭頂部へ差し込みテントを立てます。これでほぼ完了!
  • STEP:4
    ペグダウン箇所の調整
    ペグダウンした4隅のベルトを引いて、張りを調整します。
  • STEP:5
    残りの箇所をペグとロープで固定
    残りの箇所をペグとロープで固定します。
  • STEP:6
    インナーテントを吊るす
    必要に応じてインナーテントを吊るします。

以上で設営が完了です。

あとはフラップをどのようにキャノピーするのかは、あなた次第です!

ソロティピー1TC BDK-75TCの特徴

私が気になった、ソロティピー1TC「BDK-75TC」の特徴は以下の通りです。

  • フラップを装備
  • TC素材を採用
  • アレンジ張りが楽しめる
  • 裾にスカートを装備
  • リーズナブルな価格帯

それぞれを見ていきます。

フラップを装備

ソロティピー1TC サイドフラップ右キャノピー

ソロティピー1TC最大の特徴は、何と言ってもフラップを装備しているところ!

フラップを装備する利点としては、

フラップの利点
  • 前室が広くなる
  • 風除け・日除け・雨除けにもなる
  • プライベート感が増す

と言ったところ。

今まではワンポールテントにタープを張って前室を作っていたのが、フラップをキャノピーすることで、タープいらずで前室が確保できます。

またフラップが、風除け・日除け・雨除けにもなるため、快適にテント内で過ごすことができます。

フラップは目隠しにもなるため、プライベート感が増します。

TC素材を採用

ソロティピー1TC サイドフラップ左キャノピー3

軍幕のようなテントを作るため、TC素材にしたのではないかと予想されます。

TC素材の比率は、ポリエステル65%・コットン35%で、一般のポリコットン混紡生地と代わりありませんが、カラーがカーキというだけで、軍幕感が一層増した気がします。

TC素材は、ポリエステル素材に比べ影が濃く出るため遮光性が高く、風合いもよく、火の粉が舞っても穴があきにくい素材ですが、保管の際は十分に乾燥させて保管しないと、カビや悪臭の原因となりますので注意が必要です。

雨天あとの乾燥をしっかりすれば、問題ないかと思います。

私もTC素材のシェルタータープを所有していますが、風合いや遮光性が高いのが魅力ですよ!

アレンジ張りが楽しめる

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー  正面

フラップを装備しているため、様々なアレンジ張りが楽しめます。

インナーを張らずに、全開にしてタープのように張ることができたりと、いろいろな張り方に挑戦ができますね。

裾にスカートを装備

ソロティピー1TC スカート

フライ裾にスカートが装備しています。

夏場は必要ありませんが、春秋の早朝などは気温が下がるため、外からの冷気をシャットアウトしてくれるスカートは、あるとかなり便利です。

またスカートには、巻き上げ用のループが付いているため、夏場などの暑い季節はスカートを巻き上げて使用することができます。

ソロティピー1TC スカート巻き上げ手前で巻く

手前に巻く

ソロティピー1TC スカート巻き上げ内側へ

奥に巻く

ただし、手前に巻いてしまうと雨などの際、雨水がスカートに溜まってしまうため、少し面倒ですが奥(テント内側)へ巻き上げましょう。

リーズナブルな価格帯

ソロティピー1TC サイドフラップフルキャノピー  jひだありサイド前方から

フラップを装備したTC素材のテントですが、他のブランドと比べるとリーズナブルな価格帯のため、TC素材でソロ用ワンポールテントをお探しなら、候補にいれられることをおすすめします!

ソロティピー1TC BDK-75TCの少し残念なところ

ソロティピー1TC ポールの違い

ソロティピー1TCの少し残念なところを挙げると、TC幕なのにメインポールの経が16mmしかないというところ。

従来のポリエステル系幕なら、この経でも問題なさそうですが、TC素材でコットンが含まれているため、重量も5kg弱あるため心もとないかなと…

実際に張って見たところ、やはりメインポールとしては細いのではないかと思いました。

通常時は問題ないかもしれませんが、風がそこそこある時など心もとないです。

ソロティピー1TC BDK-75TCの仕様

使用時サイズ約2400x2400x1500mm
インナーサイズ約2200x1000x1350mm 
収納時サイズ約440x240x240mm
重量約4.8kg
材質フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
ポール:アルミ合金φ16mm
セット内容フライシート×1、インナーシート×1、
メインポール×1、サブポール×1、ペグ×14本、
ロープ×5本 、コンプレッションベルト付収納ケース×1

ソロティピー1TC BDK-75TCの価格

¥24,800(税込み)

2020年7月14日現在

ソロティピー1TCとパンダTC+を比較

サイズ的に似た感じの、tent-mark DESIGNSのパンダTC+と比較をしてみました。

 ソロティピー1TC
BDK-75TC
パンダTC+
使用時サイズ(約)2400x2400x1500mm2700×2700×1700mm
インナーサイズ(約)2200x1000x1350mm 2500×1150×1500mm
収納サイズ(約)440x240x240mm530×270×190mm
重量(約)4.8kg本体:4.38kg(フライ/インナー)
収納ケース:260g
材質フライ:コットン混紡生地
(ポリエステル65%・コットン35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
ポール:アルミ合金φ16mm
フライシート:コットン混紡生地
(ポリエステル65% / コットン35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
ボトム:ポリエステルタフタ68D
ポールアルミ(22mm径)
セット内容フライシート×1、インナーシート×1、
メインポール×1、サブポール×1、
ペグ×14本、ロープ×5本 、
コンプレッションベルト付収納ケース×1
フライシート×1、インナー×1、
ポール×1本、ペグ×14本、
張り綱×4本、収納ケース
フラップ-
価格¥24,800(税込み)¥34,980(税込み)
比較してみて、勝っていると思う方を赤字にしています

使用時サイズ・インナーサイズ共に、パンダTC+の方が幅・奥行・高さが大きく、一回り大きいサイズ感と言えます。

ソロティピー1TCは、通常のパンダ(レッド)とほぼ同じサイズになります。

収納サイズは、コンパクトな分ソロティピー1TCの方が、コンパクトになります。

重量は、パンダTC+の方がサイズが大きいため重いと思いきや、ソロティピー1TCの方がフラップがある分重たくなっています。

フライシートのTC素材(コットン混紡生地)は、両方ともにポリエステル65%・コットン35%の配分です。

ポールは、ソロティピー1TCの方がφ16mmと細く、TC素材を支えきれるかが少々心配なところです。

価格は、現在のところソロティピー1TCの方が約1万円程低い設定になっていますが、今後変動する可能性があります。

2020年7月14日現在
詳細
パンダTC+
【パンダTC+】人気のワンポールテントがリニューアル!tent-Mark DESIGNS

続きを見る

ソロティピー1TC あとがき

これは人気が出る要素満載のワンポールテントですね!

実際に張ってみたところ、メインポールの細さが気になりますが、それ以上に他の特徴がいいため、ソロ用のTCワンポールテントをお探しの方におすすめです。

現在在庫数が少ないのか、はたまた売れすぎて生産が間に合っていないのかは不明ですが、一時的に在庫切れが多いため、ソロティピー1TCを狙われている方は頻繁にAmazonを覗かれてみて下さい。

関連記事
BUNDOK テント・シェルター
BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギアが今アツい!

続きを見る

関連記事
ワンポールテント12選
【2020年】ワンポールテント12選!設営が簡単なおすすめテント!

続きを見る

関連記事
BUNDOK ソロベースEX BDK-79EX TOP
【BDK-79EX】BUNDOK(バンドック)からソロベースEXが登場!

続きを見る

関連記事
BDK-02EX TOP
【BDK-02EX】BUNDOK(バンドック) の新しいツーポールテントがいい感じ!

続きを見る

関連記事
パンダTC+
【パンダTC+】人気のワンポールテントがリニューアル!tent-Mark DESIGNS

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-, , ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ