焚き火台

焚き火台

キャンプならではの醍醐味の一つ「焚き火

焚き火を囲んでの、家族や友人との語らいは、時が経つのを忘れさせてくれます。

近年、キャンプ場で焚き火をする際、地面の上で直接火を起こす直火」が禁止になっているところが増えてきています。

理由はマナーの悪さ(燃え残った薪や木炭をそのまま放置、後始末をしないなど)や、芝や土壌を守るため、安全面など様々あります。

直火禁止のキャンプ場で、焚き火を楽しむ際に必要になってくるのが「焚き火台

焚き火のマナーを守り、焚き火台を使用して焚き火ができるキャンプ場は、まだ数多くあります。

キャンプ場によっては、焚き火自体が禁止のところもあるため、必ず行かれるキャンプ場の禁止事項をご確認下さい

また焚き火をする際は、必ずバケツなどに水を入れて近くに置きましょう。

焚き火台を使用しての焚き火は、後片付けが非常に楽なため、直火OKなキャンプ場でも焚き火台をオススメします!

焚き火だけでなく炭火用のグリルとしても使えるものも多く、キャンプライフをより一層楽しませてくれます。(焚き火台によっては、グリルにできないものやオプションが必要になる場合もあります)

一概に焚き火台と言っても、非常に軽くコンパクトでバックパックに入れて持ち運びができるものから、車がないと移動が厳しい重厚感たっぷりのものまで、様々な種類があります。

焚き火台によっては地表から火床の高さが低いものがあり、その場合地面を焦がす可能性があります。またぜたり風で火の粉が舞うことが多いため、焚き火台の下にスパッタシートや焚き火シートを敷いて、焚き火をすることをオススメします

ただしスパッタシートは、防火・防炎シートのため焚き火台から落ちる灰などには有効ですが、焚き火台によっては熱が地面に伝わり熱で芝生が変色したりします。

そんな場合は、LOGOSのたき火台 耐火・断熱シートがおすすめ!

LOGOS 耐火・断熱シート2
LOGOS 耐火・断熱シート

3層構造で耐熱性だけでなく断熱性も向上しており、熱が伝わりにくいです。

焚き火シート 焦げ

断熱性は以前よりも向上していますが、シートの上に爆ぜた炭がそこそこの時間乗っている場合は、熱が裏面に伝わり焦げて穴が開くこともありますので、注意は必要です!

それでは様々な焚き火台の中から、私の気になる焚き火台、所有している焚き火台のレビューなどをご紹介します。