テント・タープ

【パンダTC+】人気のワンポールテントがリニューアル!tent-Mark DESIGNS

パンダTC+

Quotation: tent- Mark DESIGNS

パンダTCが、2020年始めに発表されたtent-Mark DESIGNSの生産終了品番に入っているのを見て、驚かれた方もきっと多かったはず。

ソロキャンパーに大人気の「パンダTC

そんなパンダTCが、念願のスカートを装備して帰って来ます。

名称も「パンダTC+」とリニューアル!

どんなところがリニューアルしたのか、またリニューアル前のパンダTCと元になったパンダ(レッド)との比較を交えながら解説致します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

パンダTC+ / tent-Mark DESIGNS

パンダとは?

オカモチや焚き火タープで有名なtent-Mark DESIGNSと、イラストレーター「こいしゆうか」さんとのコラボで出来たワンポールテントで、女性だけでなくソロキャンパーに人気のテント

その中でもパンダTCは、パンダのTC生地バージョンにあたり、少しサイズアップされた大人気のワンポールテントです。

唯一少し足りないところを挙げるとすれば、冬場の冷気をシャットアウトする「スカート」が本体裾になかったというところ。

そこでユーザーの要望に答えてか、なんとリニューアル後のパンダTCにはスカートが装備されます!

これでパンダTC+には死角がなくなったのでは…

それでは、パンダTC+の特徴から見ていきます。

特徴

まずトータル的に見た特徴は、コンパクトで設営しやすいワンポールテントというところ。

四隅をペグダウンし、メインポールをテントの頂点部分に差し込み立ち上げ、ガイロープや他の箇所をペグダウンして調整すれば完成と、設営に時間がかかりません。

また前室が広いのも特徴です。

それでいて、風合いのあるTC素材を生地に採用しているため、火の粉が舞っても穴が空きにくく丈夫です。

TC生地を採用しているため、使用後は乾燥させないとカビが生えやすく、手入れに手間がかかるというデメリットもありますが、経年劣化するウレタンコーティングを使用していないため、末永く使用できるというメリットがあります。

防炎加工は施されていません。幕体に火が当たるような位置での火器使用、焚火はしないでください。付近の火気にも十分ご注意ください。

パンダTCからのリニューアル後の変更点

リニューアル後の変更点は以下の通りです。

  • スカートを装備
  • インナーを縦にも横にも設営可能

スカートを装備

なんと言っても本体裾にスカートが付いたところ!

スカートはトグルでまとめることが可能なため、暖かい時期や暑い時期はスカートをまとめることで、通気性がよくなり快適に、また結露が大幅に軽減されます。

パンダTC+のスカートは、サーカスTC DXなどのポリエステルとは異なりTC製で、ポリエステルのスカートよりも乾きやすいとのこと。

インナーを縦にも横にも設営可能

 パンダテント同様に、インナーテントの設営が縦横のどちらでも可能です。

気分や設置条件によって変えれるため、これは便利ですね!

インナーテントを縦に設営した際も、上画像のように側面も開くため、インナーテント内ににアクセスがしやすくなりました。

またこの状態だと自転車などがテントに収納しやすくなるため、使い勝手がよく便利です。

仕様

使用時サイズ(約)2700×2700×1700(高)mm
収納時サイズ(約)530×270×190(高)mm
インナーサイズ(約)2500×1150×1500(高)mm
重量本体:(約)4.38kg(フライ/インナー)
収納ケース:(約)260g
耐水圧インナーボトム:1,500mm
素材フライシート:コットン混紡生地(TC)
(ポリエステル65% / コットン35%(撥水加工))
インナーウォール:ポリエステルメッシュ
インナーボトム:ポリエステルタフタ68D
ポール:アルミ(22mm径)
付属品ポール×1本、ペグ×14本、張り綱×4本、収納ケース
パンダTC+にパンダTCのオプションも使用可能ですが、スタンダードインナーは短辺に入り口がないため縦には張れません

価格

¥31,800+税

2020年10月10日現在

パンダTC、パンダと比較

リニューアル前のパンダTCとパンダ(レッド)と比較してみました。

 パンダTC+パンダTCパンダ
サイズ(約)2700×2700×H1700mm2700×2700×H1700mm2400×2400×1500Hmm
収納サイズ(約)530×270×H190mm490×250×H160mm430×240×H130mm
インナーサイズ(約)2500×1150×H1500mm2500×1150×H1550mm2200×1000×H1350mm
重量(約)本体:4.38kg(フライ/インナー)
収納ケース:260g
本体:3.55kg(フライ/インナー)
収納ケース:260g
2.26kg
耐水圧インナーボトム:1500mmインナーボトム:1500mmインナーボトム:1500mm
素材フライシート
コットン混紡生地(TC)撥水加工
(ポリエステル65% / コットン35%)
インナーウォール:ポリエステルメッシュ
インナーボトム:ポリエステルタフタ68D
ポール:アルミ(22mm径)
フライシート
コットン混紡生地(TC)表面撥水加工
ポリエステル65% / コットン35%
インナーボトム:ポリエステルタフタ68D
フライシート
40Dリップストップナイロン
(PUシリコンコーティング)
※ベンチレーターを除く
インナーボトム
68Dポリエステルタフタ(PUコーティング)
付属品ポール、ペグ、張り綱、
収納ケース
ポール、張綱、ペグ、収納袋ポール、張り綱、ペグ、収納袋

パンダTCと少し異なるところは、収納・インナーサイズと重量

重量はスカートが付いた分の重さだと思われます。

また収納サイズがおおきくなったのは、こちらもスカート分の生地が追加されたためだと思われます。

コンパクトで軽量ならば、パンダ(レッド)やパンダ ライト、ゆったりと冬の時期も使用する場合は、パンダTC+といった風に使い分けてもいいかも知れませんね!

関連
PANDA TC
【PANDA TC】人気のワンポールテントパンダにTCバージョンが登場!tent-Mark DESIGNS

続きを見る

関連
PANDA TOP
【PANDA】tent-Mark DESIGNSのパンダテントはソロキャンプにおすすめ!

続きを見る

パンダTC+ あとがき

スカートが装備された「パンダTC+

これで最強のソロキャン用ワンポールテントと言っても過言では無いですね!

これは人気出るだろうな…

関連
PANDA TC
【PANDA TC】人気のワンポールテントパンダにTCバージョンが登場!tent-Mark DESIGNS

続きを見る

関連
tent-Mark DESIGNS リニューアル・生産終了品番情報
大炎幕・パンダTC・パンダVC リニューアル情報!tent-Mark DESIGNS生産終了品番情報

続きを見る

関連
パンダTCタープ
【PANDA TC TARP】tent-Mark DESIGNSよりパンダTCにぴったりなTC素材のタープ登場!

続きを見る

関連
TCワンポールテント12選
【2020年】TC ワンポールテント12選!夏は涼しく冬は暖かくキャンプをしませんか!

続きを見る

関連
ワンポールテント12選
【2020年】ワンポールテント12選!設営が簡単なおすすめテント!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-, , ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ