楽天スーパーセールおすすめアイテム

ダックノット 焚き火台 B.S.T レビュー|コンパクトで設置が簡単な理想の焚き火台

ダックノット 焚き火台 B.S.T

キャンプの醍醐味の一つ「焚き火」。

これからの季節、キャンプで焚き火をされる方も多いことでしょう。

近頃キャンプ場で焚き火を行う場合、地面の上で直接火を焚く「直火」が禁止になっているキャンプ場が増えてきています。そんな直火が禁止になっているキャンプ場で焚き火をする際、必須になってくるのが「焚き火台」。

でもテントのように、組み立てが必要な「焚き火台」がほとんどです。

できることなら、少しでも設営や組み立ての時間を減らして、その他の時間を楽しみたいですよね。

今回は、そんな方におすすめしたい設置は開くだけの焚き火台「ダックノット(DUCKNOT) B.S.T」をご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

ダックノット(DUCKNOT) 焚き火台 B.S.T

ダックノット 焚き火台 B.S.T

ダックノットとは?

ランタンケースなどのコットンギアで有名な「SPLASH FLASH」を自社ブランドとして持つ「株式会社ランケット」が手掛けるブランド「DUCKNOT (ダックノット)」。クッカーケース や焚き火台など様々なアウトドア・キャンプ用品を手掛けています。

ダックノットの欲しいがいっぱい詰まったテント「ハンティングヘキサ T/C SW」を筆頭に、様々なキャンプギアを展開する「DUCKNOT (ダックノット)」。

筆者も知らず知らずに、「DUCKNOT (ダックノット)」のキャンプギアを多数持っていました。

その中でもおすすめなのが、今回ご紹介する焚き火台「B.S.T

それでは早速、セット内容から見ていきます。

ダックノット 焚き火台 B.S.T セット内容

ダックノット 焚き火台 B.S.T セット内容

ダックノット 焚き火台 B.S.Tのセット内容は、以下の通り。

  • 焚き火台本体
  • ゴトク×2
  • 収納ケース

ダックノット 焚き火台 B.S.T ディテール

ダックノット 焚き火台 B.S.T ディテール1
正面
ダックノット 焚き火台 B.S.T ディテール2
側面

ダックノット 焚き火台 B.S.Tのディテールを見ていきます。

どちらが正面と言われると難しいのですが、薪を入れる方を正面とすると、底のセンターに部分に向けてV字のように傾斜していることがわかります。

火床にはスリットが入っており、焚き火台下部より空気が入るようになっています。

ダックノット 焚き火台 B.S.T アーチ状の底
出典: SPLASH FLASH

撮影し忘れたのですが、底部分が真横から見るとアーチ状になっているため、熾火がためやすい構造をしています。

ダックノット 焚き火台 B.S.T 組み立て方法

ダックノット 焚き火台 B.S.T 組み立て方
  • STEP:1
    収納ケースから取り出す

    ダックノット 焚き火台 B.S.T 展開

    収納ケースからB.S.Tを取り出します。

  • STEP:2
    開く

    ダックノット 焚き火台 B.S.T 展開2

    開きます。

  • STEP:3
    組立完了

    ダックノット 焚き火台 B.S.T 展開3

    以上で組み立て完了です。

STEP3まで書いてますが、実際には1ステップで完了です。

ダックノット 焚き火台 B.S.T いいところ

実際にダックノット 焚き火台 B.S.T を使用してみて、筆者がいいと思ったところは以下の通りです。

  • 1ステップで設置・撤収が完了
  • コンパクトで軽量
  • 高さ調整が可能なゴトクが付属
  • 火を育てやすい

それぞれを見ていきます。

1ステップで設置・撤収が完了

ダックノット 焚き火台 B.S.T 展開2

組み立て方でも紹介したように、開くだけで設置が完了し、閉じるだけで撤収が完了します。

ポップアップ構造の鎌倉天幕「ソリスト炎」よりも、設置が簡単でした。

今までに10台以上の焚き火台を使用してきましたが、これだけ簡単で楽なのは初めてかも。

開くだけで組み立てができ、初心者の方や女性の方でも迷わずできるため、おすすめです。

コンパクトで軽量

ダックノット 焚き火台 B.S.T 収納ケース

収納ケースの内寸は、W40cm×D28cm×マチ4.5cmと非常にコンパクト。

重量も、合計870gと軽量です。

高さ調整が可能なゴトクが付属

ダックノット 焚き火台 B.S.T 特徴1

ダックノット 焚き火台 B.S.Tには、高さ調整が可能なゴトクが付属します。

画像で見ていただくとわかりやすいのですが、ゴトクの端が引っ掛けれるようになっているため、火に近づけたい場合や遠ざけたい場合などゴトクを裏返すことで調整が可能です。

焚き火調理などの際に便利です。

火を育てやすい

ダックノット 焚き火台 B.S.T 焚き火

ダックノット 焚き火台 B.S.Tで実際に焚き火を行って感じたのは、とても火を育てやすかったというところ。

きっとアーチ状の底部分が火床と薪の間に空間を作り、そこにスリットから空気が入り燃えやすくなっているのかもしれませんね。

他の焚き火台でもダックノット 焚き火台 B.S.Tのように、火床部分にスリットが入っているものが多くみられますが、断然火を育てやすく感じました。

ダックノット 焚き火台 B.S.T 残念なところ

実際にダックノット 焚き火台 B.S.T を使用してみて、筆者が残念と思ったところは今のところありません。

強いていうならば、サイズがコンパクトなため、ソロ・デュオ以外のキャンプには不向きかなと…

今後何度も使用してみて、もしもあれば追記します。

2022年9月30日現在

ダックノット 焚き火台 B.S.T 仕様

サイズW36cm×H23cm×D20cm
重量本体:620g
ゴトク:42g×2個
収納ケース:166g
材質板材:ステンレス SUS304 バネ鋼
線材:ステンレス SUS304 ハード鋼
収納ケース:アメリカ製ダック生地 日本製

ダックノット 焚き火台 B.S.T 価格

¥14,850(税込)

2022年9月30日現在

スパッタシートとのセット販売も行われており、そちらの価格は¥15,950(税込)となっています。

スポンサーリンク

ダックノット 焚き火台 B.S.T とピコグリル398を比較

特に比較する必要はありませんが、人気の焚き火台ピコグリル398と比較してみました。

ダックノット 焚き火台 B.S.Tとピコグリル398比較1

まずダックノット 焚き火台 B.S.Tのゴトクは、ピコグリル398でも使用可能。

サイズ的に見てみると、火床の広さはピコグリル398の方がやや大きめで、火床の高さはピコグリル398の方が高くなっています。

ダックノット 焚き火台 B.S.Tとピコグリル398比較2
ダックノット 焚き火台 B.S.Tとピコグリル398比較3

両者を比較してみると、ダックノット 焚き火台 B.S.Tは「直線美」で、ピコグリル398は「曲線美」という言葉が似合います。

ダックノット 焚き火台 B.S.Tとピコグリル398比較4

筆者的には、ダックノット 焚き火台 B.S.Tの方がガッシリとした感じがあり、安心感が得ることができました。

ただピコグリル398などでの、焚き火に慣れている方は火床が少し小さく感じるかもしれません。

続いて仕様の比較です。

B.S.Tピコグリル398
サイズW36cm×H23cm×D20cm38.5cm×26cm×24.5cm
収納時サイズW40cm×D28cm×マチ4.5cm33.5cm×23.5cm×1cm
重量本体:620g
ゴトク:42g×2個
収納ケース:166g
448g(本体)
材質板材:ステンレス SUS304 バネ鋼
線材:ステンレス SUS304 ハード鋼
収納ケース:アメリカ製ダック生地 日本製
ステンレス
付属品ゴトク×2、収納ケース収納ケース
スピットは販売店によって付属する場合もあり

展開時サイズは、ピコグリル398の方が少しだけサイズが大きいのですが、収納時はB.S.Tの方がやや大きいです。

重量は、B.S.Tの方が少しだけ重たくなります。(本体のみ)

ダックノット 焚き火台 B.S.T あとがき

「軽量」と言われれば、ピコグリル398の方に軍配が上がりますが、設置が1ステップででき、安定感がかなりあるため、筆者的にはダックノット 焚き火台 B.S.Tの方に軍配が上がります。

個人的に、軽量焚き火台の中でも「理想の焚き火台」です。

購入してすぐですが、買ってよかったキャンプギアの一つです。

焚き火マニアの方から焚き火初心者の方まで、こよなく焚き火を愛される方は、是非この「ダックノット 焚き火台 B.S.T」を購入時の候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2022年】軽量焚き火台7選!1kg以下でソロキャンプにおすすめ! ソロキャンプに適した軽量な焚き火台が続々と登場しています。今回はその中でも、本体重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つご紹介します。
あわせて読みたい
SOLOIST HOMURA (ソリスト 炎) レビュー|鎌倉天幕の焚き火台に魅了される 見た人を魅了するシェルター「HIDEOUT」などを提供する「鎌倉天幕」から登場したポップアップアップ構造の焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎-ほむら-)」をご紹介します。
あわせて読みたい
マクライト レビュー|TOKYO CRAFTSの安定感がある軽量焚き火台 ソロでもグループでも焚き火が楽しめる、火床の広い軽量焚火台TOKYO CRAFTS「マクライト / MAKULITE」をご紹介します。

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

焚き火台へ

気になる焚き火台が見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ