楽天スーパーセールおすすめアイテム

【ビートルくん】ガンガン燃やせる焚き火台がDODより登場!2019 New Products

ビートルくん

まだまだ暑い日は続きますが、そろそろ秋のキャンプシーズンに突入です!

これからのシーズンといえば、やっぱり「焚き火」。ガンガン燃やして温もりたいですよね!

DODより、ガンガン燃やせてタフな焚き火台「ビートルくん」が登場です!

きっと見た目がカブトムシだからなんでしょうねw

それでは、ビートルくんを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

ビートルくん

ビートルくん 特徴2

Quotation: DOD

大判ディスクに、脚を差し込むだけのシンプルな構造。

無骨で、ガンガン使えそうな焚き火台です。

湯沸かしなどができるハンガー付きで、焚き火を活かした調理が可能チェーンを使えばテキーラテーブルから吊り下げた、焚き火スタイルも楽しむことができます

ビートルくんの特徴は以下の通りです。

ビートルくんの特徴

ビートルくん 特徴

Quotation: DOD

ビートルくんには様々な特徴があります。

特徴
  • ハンガーが付属
  • ガンガン燃やせる直径50cm
  • 燃焼効率がいい
  • 耐火塗装のアイアン2mm厚
  • 吊り下げスタイル
  • 耐火塗装チェーン付属
  • ダッチオーブン可
  • キャリーバッグ付属
  • ロゴ刻印

それでは特徴を一つずつ見ていきます。

ハンガーが付属

ビートルくん 組み立て5

Quotation: DOD

ケトルなどを吊るすことができるハンガーが付属しているため、焚き火でお湯を沸かしたり炊飯などができます。

このハンガーが「ビートルくん」の名称の決め手だと思いますw

ガンガン燃やせる直径50cm

ビートルくん2

Quotation: DOD

画像のように直径が50cmある円形なので、通常の薪であれば切らずにそのまま置いて、ガンガン燃やせます。

燃焼効率がいい

ビートルくん3

Quotation: DOD

真ん中がくぼんだ形状のため、空気が入りやすく燃焼効率がいいです。

耐火塗装のアイアン2mm厚

ビートルくん4

Quotation: DOD 

2mm厚のプレートを採用、表面には耐火塗装を施しており、使い込むほど味が出る仕様です。

それゆえにそこそこ重いです。

吊り下げスタイル

ビートルくん5

Quotation: DOD

別売の同ブランド「テーキラテーブル」と組み合わせば、焚き火台本体を吊り下げて使うことができます

その際は、テキーラテーブルの枠組みに引っ掛けてくださいとのことです。

耐火塗装チェーン

ビートルくん 特徴1

Quotation: DOD

ハンガーからケトルなどを吊り下げたり、焚き火台本体をテキーラテーブルから吊り下げるためのチェーンが付属。

ダッチオーブン可

ビートルくん 特徴2

Quotation: DOD

ダッチオーブンも使用可ですが、耐荷重が20kgまでなので、荷重20kg以内で使用して下さい。

キャリーバッグ付属

ビートルくん 特徴3

Quotation: DOD

焚き火台本体、脚やハンガーなどの付属品をまとめて収納、できるキャリーバッグが付属。

ロゴ刻印

ビートルくん 特徴4

Quotation: DOD

焚き火台本体の内側に、「DODロゴ」が2箇所刻印されます。

特徴といえば、特徴なのかな…

ビートルくんの組立方法

組立方法は至って簡単です!

ビートルくん組立方法
  • STEP:1
    取り出し

    ビートルくん 組み立て1

    Quotation: DOD

    キャリーバッグより、本体・脚・ハンガー・チェーンなどを取り出します。

  • STEP:2
    脚を取り付け

    ビートルくん 組み立て2

    Quotation: DOD

    続いて、4本の脚を本体に取り付けます。

  • STEP:3
    ハンガーの組み立て

    ビートルくん 組み立て3

    Quotation: DOD

    次に、ハンガーポールを組み立てます。

  • STEP:4
    ハンガーポール取り付け

    ビートルくん 組み立て4

    Quotation: DOD

    ハンガーポールを本体に差し込みます。

  • STEP:5
    完成

    ビートルくん 組み立て5

    Quotation: DOD

    以上で完成です。

    ほんと見た目がカブトムシですね!

ビートルくんの仕様

ビートルくん仕様

Quotation: DOD

サイズ (約)W62×D62×H92cm
収納サイズ (約)直径52×H8cm
重量(付属品含む) (約)4.8kg
静止耐荷重 本体:20kg、ハンガーポール:3kg
材質 スチール
付属品 ハンガーポール、チェーン×5本、キャリーバッグ

ビートルくんの価格

オープンプライス

2020年2月7日現在、Amazon参考価格:¥9,546(税込)
スポンサーリンク

あとがき

素材がスチールのためそこそこ重くサイズがΦ62cmあるため、場所を取ってしまうというデメリットもありますが、無骨で簡単な構造のため、組み立ても楽で、人気が出そうな気がします

これからのシーズンに役立ちそうなアイテムですね!

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

その他 焚き火台へ

きっと気になる焚き火台が見つかるはず

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2022年】軽量焚き火台7選!1kg以下でソロキャンプにおすすめ! ソロキャンプに適した軽量な焚き火台が続々と登場しています。今回はその中でも、本体重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つご紹介します。
あわせて読みたい
【takibi_no_asi】焚き火が楽しくなるasimocrafts (アシモクラフツ)の焚き火台 収納時のコンパクトさと、頑丈さを兼ね備えた焚火台、asimocraftsの「takibi_no_asi」をご紹介します。
あわせて読みたい
【フラットパックグリルS レビュー】UCO(ユーコ)のミニ焚き火台がコンパクトで超便利! 組み立てが2ステップと超簡単で、収納時にコンパクトで軽量なUCO(ユーコ)の焚き火台「フラットパックグリルS(ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット)」をご紹介します。
あわせて読みたい
【ファイアグリル】ユニフレーム定番の焚き火台が人気の理由とは?! 様々な焚き火台やBBQグリルがあるなか、ユニフレームの「ファイアグリル」が、選ばれるには理由があります。その理由をご紹介致します。
あわせて読みたい
【TABI レビュー】ベルモントよりコンパクトで軽量なチタンの焚き火台が登場! コンパクトで軽量な焚き火台、ベルモント「TABI」を組立方法やディテールなどを交えて詳しくレビュー致します。
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ