楽天スーパーセールおすすめアイテム

SOLOIST HOMURA (ソリスト 炎) レビュー|鎌倉天幕の焚き火台に魅了される

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA TOP

見た人を魅了するシェルター「HIDEOUT」や「HIDEOUT-01」などを提供する「鎌倉天幕」より、焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎ほむら-)」が登場!

鎌倉天幕からは初めての焚き火台で、なんと開くだけでセットアップが完了する、ポップアップ構造の魅力ある焚き火台。

初めて「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎- ほむら-)」を展開した際、あまりの簡単さに正直驚きました

それでは、鎌倉天幕の焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎- ほむら-)」をレビュー、展開・収納動画も含めてご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-) / 鎌倉天幕

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) で焚き火

キャンパーを魅了してやまない、シェルター「HIDEOUT」シリーズを提供する「鎌倉天幕」。

その鎌倉天幕より初めての焚き火台として登場したのが、独特の構造をした焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」。

「HIDEOUT」シリーズ同様に、構造やフォルムなど見たものを惹きつけます。

それでは早速「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」のディテールから見ていきましょう。

ディテール

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 正面
正面

正面から見ると、サイドに大きめの風防があり、手前と奥にも小さめですが風防があることがわかります。

あと火床にはスリットが入っているため、下から空気を取り込んでよく燃やしてくれますが、その分灰も落ちやすくなっています。

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 側面
側面

ゴトクは2つ付属しており、画像のように風防の上はもちろんのこと、サイドのスリットにもゴトクを掛けることができるため、焚き火調理の際などに高さを調整することができます。

展開方法

収納方法

特徴

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 焚き火2

鎌倉天幕の焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」の特徴は、以下の通り。

  • 開くだけで組み立て完了のポップアップ式構造
  • 錆びにくいステンレスを採用
  • 開きながら立ち上がる4ヶ所の風防
  • 五徳の高さ調節が可能

それぞれを見ていきます。

開くだけで組み立て完了のポップアップ式構造

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 構造
折り畳まれた火床底に脚がある

なんと言っても、「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」最大の特徴は、開くだけで組み立てが完了するポップアップ構造。

焚き火台にポップアップ構造とは、思いもよりませんでした。

開くだけで焚き火台が展開されるため、初心者の方でも簡単にセットアップできます。

5〜6秒でセットアップが完了のため、余った時間を他のことに使えますよ!

錆びにくいステンレスを採用

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 展開前

これはよくある特徴ですが、錆びにくいステンレス素材を採用。

屋外で使用するものなので、鉄などと比べてステンレスは扱いやすいです。

開きながら立ち上がる4ヶ所の風防

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 五徳上下

こちらもポップアップ構造と同様に、最大の特徴の一つです。

セットアップ時に開いていくと、4ヶ所の風防が開きながら立ち上がっていきます。

五徳を掛ける側の風防は高く、風を軽減してくれます。

五徳の高さ調節が可能

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 五徳上下アップ

スピット型の五徳が付属しており、風防パネルの上に掛けたり、風防パネルのスリットに掛けたりすることで、高さを調節することができるため、火加減が調整しやすく焚き火調理が楽しめます。

少し懸念されるところ

SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)は、ポップアップアップ構造を採用した魅力ある焚き火台で、セットアップが本当に簡単なのですが、実際に使用したところ一つだけ懸念点がありました。

それは熱で火床などが歪んでしまった場合に、個人で直すことができるかというところ。

実際に焚き火後の収納時に、脚がひっかかったため、少し懸念をした次第です。

スペック(仕様)

使用時サイズD272 × W340 × H235 mm
収納サイズD146 × W340 × H36 mm
重量約1.0kg
耐荷重約5.0kg
材質ステンレス素材【SUS430】
セット内容本体:1個
スピット型五徳:2個
キャリーケース:1袋

価格

¥14,850(税込)

2022年7月26日現在

スポンサーリンク

SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)とFOLBOT BON FIRE STANDを比較

近頃よく見かけるようになった、カヤック&アウトドアギアブランドのFOLBOT(フォルボット)の焚き火台「BON FIRE STAND」。

そのBON FIRE STANDとSOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)が、あまりにも似ていたため、比較をしてみました。

ソリスト炎(ほむら) TOP
出典: Amazon
ソリスト炎(ほむら)BON FIRE STAND
使用時サイズD272 × W340 × H235 mmW36xD30xH24cm
収納サイズD146 × W340 × H36 mmW36xD14.8xH3.6cm
重量約1kg記載なし
耐荷重約5kg記載なし
付属品本体:1個
スピット型五徳:2個
キャリーケース:1袋
本体:1個
スピット型五徳:2個
収納袋は付属していません
価格(税込)¥14,850
(ニューテックジャパンオンラインストア)
¥15,950

BON FIRE STANDはブランドサイトに商品仕様がないため、販売店の仕様を参照したところ数値がまちまちですが、ほぼ2〜3cm以内の誤差。

手にとって見たわけではないため憶測ですが、全体の形状や仕様などから見ると鎌倉天幕の焚き火台「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」をOEM (他社ブランドの製品を製造すること) として供給しているのではないかと思われます。

鎌倉天幕の母体である「ニューテックジャパン」は、以前よりスノーピークやコールマン、ogawaやユニフレームなど、国内の名だたるブランドへ製品を供給していることから、今回の焚き火台もOEMではないかと推測されます。

鎌倉天幕 SOLOIST HOMURA(ソリスト炎) 展開2

「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」の最大の特徴「開くだけで組み立て完了のポップアップ構造」は、特許構造のためニューテックジャパンが供給元だと思われます。

あくまでも推測です。ご了承ください。

SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-) あとがき

一昔前なら、焚き火台といえば「ファイアグリル」やスノーピークの「焚火台」が連想されるくらい、この2つの人気が非常に高かったですが、最近は焚き火台も多様化してきました。

本当に魅力のある焚き火台が、次々と出てきます。

今回ご紹介した「SOLOIST HOMURA (ソリスト炎 -ほむら-)」もその一つで、個人的に焚き火台にポップアップの発想はなかったため、いい意味で非常に衝撃的でした。

開くとセットアップが完了する簡単設営だけでなく、開きながら立ち上がっていく風防も備えており、魅力ある焚き火台だと思いました。

焚き火台を購入する際は、候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2022年】軽量焚き火台7選!1kg以下でソロキャンプにおすすめ! ソロキャンプに適した軽量な焚き火台が続々と登場しています。今回はその中でも、本体重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つご紹介します。
あわせて読みたい
マクライト レビュー|TOKYO CRAFTSの安定感がある軽量焚き火台 ソロでもグループでも焚き火が楽しめる、火床の広い軽量焚火台TOKYO CRAFTS「マクライト / MAKULITE」をご紹介します。
あわせて読みたい
【ピコグリル398】ソロキャンプで焚き火と簡単な調理ならこの焚き火台がおすすめ! ソロキャンプにおすすめの焚き火台「ピコグリル398」のいいところや注意したいところなど、全てご紹介致します。
あわせて読みたい
ダックノット 焚き火台 B.S.T レビュー|コンパクトで設置が簡単な理想の焚き火台 開くだけで設置完了するダックノットの焚き火台「B.S.T」をレビュー・ご紹介します。

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

焚き火台一覧へ

きっと気になる焚き火台が見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ