ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!

firegrill

焚き火やBBQは、キャンプならではの醍醐味の一つです。

その焚き火やBBQをキャンプで楽しむために、アウトドアメーカーが焚き火台やBBQグリル等をこぞって発売しています。

様々な焚き火台やBBQグリルがあるなか、ユニフレームの「ファイアグリル」が、選ばれるには理由があります。

その理由とは…

2017年10月19日追記をして最新にしています
スポンサーリンク
もくじ

様々な用途に対応

firegrill2

まずは、ファイアグリルの箱にあるように、様々な用途に対応しているところが一番の理由です。

※鉄板焼きは別途鉄板が必要になります。

焚き火

その中で代表的なのが焚き火。
焚き火を囲んでの語らいは、時が経つのを忘れさせるキャンプならではの醍醐味ですね。
地表からも離れているため、地表にダメージを与えないで焚き火を楽しむことができます。

BBQや炭焼き

付属の焼き網を使用してBBQや炭焼きをするのも、代表的な使い方です。

firegrill6

上記写真の焼き網の白丸部分(四隅)は、中心部に比べ火力が弱くなるので、保温スペースとして使えます。これは何気に便利です。

うちはスペアリブをよく焼くのですが、経験上タレで焼き網が焦げやすくなるので、注意が必要です。

firegrill9

でも、美味しいのでやめれません。

BBQスペアリブをキャンプで簡単にすばやく作るレシピ
BBQスペアリブをキャンプで簡単にすばやく作るレシピ
真夏のキャンプ時、みなさんは夕食に何を作られますか?暑い時期ですが、ファイアグリルや焚火台を使ってBBQをされる方も多いかと思います。うちは...

別途、網の取り寄せも可能なので、焦げすぎると交換した方がいいですよ。

yakiami

またファイアグリルでBBQや炭焼きをするため、囲炉裏テーブルを自作もしました。

自作2WAY囲炉裏テーブル!キャンプ用にB級ヒノキ材と角材でDIY
自作2WAY囲炉裏テーブル!キャンプ用にB級ヒノキ材と角材でDIY
ファイアグリルを購入したのをきっかけに、囲炉裏テーブルが無性に欲しくなりました。特にBBQをする際に「ファイアグリルを囲んでできたらいいな」...

ホイル焼きでアクアパッツア

付属の焼き網とアルミホイルでこんなこともできます。

firegrill8

アクアパッツアのような炭のホイル焼きも、簡単に作ることができます。

軽めの鍋料理

firegrill7

付属の焼き網はそこそこ強く、カレーくらいの重さなら網の上にのせて調理しても大丈夫でした。写真はユニフレームのfan5 duoのステンレス大鍋ですが、特に焼き網が曲がったりはしませんでした。

重さによっては曲がる可能性もあります。その際は、別途ヘビーロストルが必要になります。

ダッチオーブン

足付きのダッチオーブンなら、炭の上に直接載せることも可能です。
また、別売りのファイアグリルヘビーロストルの上に、足無しのダッチオーブンを載せて調理することもできます。

価格

¥6,900 (税込)

2017年10月19日現在

価格も選ばれる理由の一つです。

私が購入した時は、確か¥5,400ぐらいだったと思います。
ここ数年で値上がりしていますが、双璧をなすスノーピークの「焚火台」とは価格の差が歴然としています。

参考:スノーピーク「焚火台Mスターターセット」(焼き網等は別売り)¥19,800(税別)

オプションが豊富

IMG_9936

オプションが豊富なのも一つの理由です。

発売されてからかなりの年数が経っているファイアグリルですが、最近もオプションが発売されています。

全て揃えたら結構な額になるじゃないか!と言われそうですが、必要に応じて購入すればいいので、焚き火とBBQだけなら買い足す必要はありません

ヘビーロストル

ヘビーロストル

Quotation: ナチュラム

これを使用することによって、足なしダッチオーブンを載せて調理することができるようになります。

足無しダッチオーブンを持っている方にオススメです。

エンボス鉄板

エンボス鉄板

Quotation: ナチュラム

鉄板焼きをするならエンボス鉄板があったほうが便利です。

凹凸のあるエンボス加工により食材がこびりつきにくいので、表面の傷つきを気にせずガンガン使いたい場合やたくさんの炒め物などに適しています。

FGハンガー

トング等を無くさないようにするにはFGハンガーがあれば便利

置き場に困っていたトングやリフターを引っ掛けることができます。

次に紹介しますFGポットハンガーとは違いますので、注意して下さい。

FGポットハンガー

FGポットハンガー

Quotation: ナチュラム

ファイアグリルの脚を利用したポットハンガーで、ダッチオーブンを吊るして焚き火調理をすることができます。個人的にかなり欲しいです。

本体、ダッチオーブン、掛かっているトング類は別売です。

大きさ

firegrill3

大きさは、収納時:約380×380×70mm で、足も収納できているので個人的にはコンパクトに収納できている方だと思います。

使用時:約430×430×330(網高)mm と使用時も大き過ぎず、小さ過ぎずでちょうどいい大きさだと思います。

頑丈さ

firegrill5

知り合いのキャンパーさんにお聞きしたところ、その方は一つのファイアグリルを約15年使い続けてらっしゃるとのことです。

どうしてもロストル(丸穴が複数あいているステンレス板)等は、熱により変形したりしますが使用上は問題ありません。私は毎回時に表裏を返して均等に使用するよう心掛けています。

また、焼き網も使用頻度や使い方によっては焦げがつきます。普段は焦げをとって使用できますが、よほどひどい場合は焼き網を購入することもできます。

それでも本体は頑丈で、何年も使い続けることができるため、オススメできます。

まとめ

以上が、ユニフレームの「ファイアグリル」が焚き火やBBQで選ばれる理由になります。

価格の割に、様々な用途に使用ができ、軽くてコンパクトに収納、何よりも頑丈というところが他の製品よりも群を抜いていると思います。

私も実際に使用しており、重宝しているキャンプギアの一つで、これから先、何年も使い続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする