テント・タープ

BASICドームテント レビュー|ワークマンのソロ用テントはおすすめか?

ワークマン BASICドームテント TOP

作業着やウェアなど、コスパが高いことで有名な「WORKMAN (ワークマン)」。

そのワークマンが、2022年2月22日12時よりキャンプギアの発売を開始しました。

その中でも、筆者が注目するのはソロキャンプ用テント「BASICドームテント」。

なぜ注目するのかというと、5,000円でお釣りが返ってくるという、驚きの価格だから…

早速筆者も購入しましたので、今回はそのBASICドームテントのレビューを交えながら、ワークマンのソロ用テントはおすすめかどうかなど、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BASICドームテント / WORKMAN (ワークマン)

ワークマン BASICドームテント キャノピー4

遂にキャンプギア業界に正式に参入を開始した「WORKMAN(ワークマン)」。

2022年2月22日12時より、ワークマンが販売を開始したキャンプギアは様々あります。

中でもテントは、キャンプギアの最重要アイテムの一つ。

ワークマンが発売したテントは、ファミリー向けのサイズから、ソロキャンプ向けまで合計5種類あります。

その中で、筆者が一番気になったのが、今回ご紹介する「BASICドームテント」。

それではBASICドームテントのセット内容から見ていきます。

BASICドームテント セット内容

ワークマン BASICドームテント セット内容

BASICドームテントのセット内容は、以下の通り。

  • ロープ×6
  • ペグ×13
  • メインポール×2
  • キャノピーポール×2
  • インナーテント
  • 収納ケース
  • 説明書リスト1

また記載されてませんが「インナー内天井に収納スペースを作るためのネット」がインナーとは別になっていましたので、後からインナーテント内に付ける必要があります。

BASICドームテント ディテール

ワークマン BASICドームテント インナー正面
ワークマン BASICドームテント背面

筆者の購入した「コヨーテ×ブラウン」のインナーテントはブラウンカラー。

出入り口は「D型タイプ」ではなく、フロア側にファスナーの無いタイプで、個人的には慣れてないせいもあり、少し開けにくかった印象。

出入り口の正面上部は、クローズまたはメッシュにできる仕様。

背面上部はメッシュになっており、こちらは閉じることができません。

ワークマン BASICドームテント 右サイド
ワークマン BASICドームテント 左サイド

両サイドは特筆することもありませんが、ソロ用のためすごく細い感じました。

ワークマン BASICドームテント 正面
ワークマン BASICドームテント 背面

フライシートを装備すると、特徴のある「コヨーテ×ブラウン」のツートンカラーになります。

個人的には、「コヨーテ」「ブラウン」の単カラーモデルも欲しかったです。

背面上部にはベンチレーションも装備しています。

ワークマン BASICドームテント 右サイト
ワークマン BASICドームテント 左サイド

フライシートを装備した状態のサイドを見るとわかりますが、正面側に少しのスペースがありますが、背面はほぼスペースがありません。

ワークマン BASICドームテント まくしあげ2
ワークマン BASICドームテント キャノピー2

フロントパネルは画像のように巻き上げたり、付属のキャノピーポールで跳ね上げることも可能です。

BASICドームテント 設営方法

BASICドームテントの設営方法は以下の通り。

BASICドームテント 設営方法
  • STEP:1
    インナーテントを広げる
    ワークマン BASICドームテント 設営方法1

    まずインナーテントを広げます。

  • STEP:2
    メインポールを組み立てる
    ワークマン BASICドームテント 設営方法2

    センターでポールがクロスするように置きます。

  • STEP:3
    ポールをグロメットにさす
    ワークマン BASICドームテント 設営方法3

    次にポールの先端をインナーテントのコーナーにあるグロメットにさします。

  • STEP:4
    クロスさせた状態でインナートップの紐をくくる

    ワークマン BASICドームテント 設営方法4

    ワークマン BASICドームテント 設営方法5

    説明書通りだと、ポールにインナーのフックをかけていくのですが、ここでは先にインナートップ(天井部)に付いている紐をポールがクロスするところに結びつけます。

  • STEP:5
    ポールにインナーフックをかける
    ワークマン BASICドームテント インナーテント

    ポールにインナーのフックをかけていけば、インナーテントが自立します。

  • STEP:6
    フライシート固定する
    次にフライシートをかぶせて、フライシートを固定していきます。ワークマン BASICドームテント ポールに固定

    メインポールと固定するための紐が付いているので、その紐をメインポールに結びつけます。

    ワークマン BASICドームテント バックル1

    コーナーには、インナーとフライシートを連結するバックルを装備しているので、そちらを取り付けます。

  • STEP:7
    テントを固定する
    ワークマン BASICドームテント 正面

    あとはペグダウンしてテントを固定すれば完成です。

BASICドームテント 特徴

ワークマン BASICドームテントの特徴をピックアップしました。

  • 設営が簡単
  • インナーテントの背面がメッシュ
  • ポケットを装備
  • 天井にランタンフックを装備
  • ベンチレーションを装備
  • インナーとフライはバックルで連結
  • この価格でキャノピーポールが付属してダブルウォール

それぞれを見ていきます。

設営が簡単

ワークマン BASICドームテント まくしあげ

メインポールをクロスさせて、ポールの端をインナーテントのコーナーにあるリング4箇所に差し込めばポールが立ち上がるため、インナーテントを引っ掛ければ自立します。

あとは、インナーテントを固定してフライシートを被せば完成!

設営が非常に簡単です。

インナーテントの背面がメッシュ

ワークマン BASICドームテント背面

背面は開きませんが、背面上部はメッシュなため、スムーズに換気ができます。

ポケットを装備

ワークマン BASICドームテント ポケット

収納ポケットも完備しており、個人的にはメガネなどを収納したいと思います。

天井にランタンフックを装備

ワークマン BASICドームテント ランタンフック

天井部分にはランタンを吊るせるフックを装備。

またちょっとしたものを収納できるスペースもあります。

ベンチレーションを装備

ワークマン BASICドームテント ベンチレーション

コンパクトながらも、背面上部には換気ができるベンチレーションを装備しています。

インナーとフライはバックルで連結

ワークマン BASICドームテント バックル1
ワークマン BASICドームテント バックル2

インナーテントとフライシートはバックルで連結ができるから、設営時に迷うことなくできます。

また撤収時も外すだけなので、取り外しも簡単です。

この価格でキャノピーポールが付属してダブルウォール

ワークマン BASICドームテント キャノピー1

価格のところでも紹介しますが、これでなんと¥4,900(税込)。

しかもこの価格で、インナーテントとフライシートのダブルウォール構造。

さらに、キャノピーポールも付属しています。

BASICドームテント デメリット

BASICドームテントは、実際に設営してみてかなりコスパが高いと感じましたが、デメリットもありました。

ワークマン BASICドームテント 最悪なシームテープ処理
ワークマン BASICドームテント 最悪なシームテープ処理2

シームテープ処理が荒いというところ。

私の所有する個体だけかもしれませんが、初めてフライシートを展開して入り口を開け閉めをしたところ、ファスナーがすぐに噛んでダブルファスナーのような状態に…(閉めていた側の根元から開いてくる状態)

じっくりファスナーを観察したところ、シームテープがずれて処理されていたためということがわかりました。

ワークマン BASICドームテント 正常なシームテープ処理

通常のシームテープ処理だとファスナーに噛まないよう、上記のように処理されています。

もしかしたら、筆者の個体以外にもこのようなことがあるかもしれません。

BASICドームテント カラー

ワークマン BASICドームテント カラー
出典: WORKMAN

ワークマン BASICドームテントのカラーは、以下の6種類。

左上から下へ

  • レッド
  • コヨーテ×ブラウン
  • キャメル
  • グリーン
  • ネイビー
  • 迷彩

となります。

発売当初は、「コヨーテ×ブラウン」「キャメル」「グリーン」などの人気があり、一時期は在庫数が0になって完売状態でしたが、現在は在庫も安定して供給されているようです。

2022年4月19日現在

BASICドームテント 入荷状況

販売直後は人気のカラーが在庫0になっていましたが、現在は全てのカラー在庫がありました。

2022年4月19日現在

BASICドームテント スペック

使用時サイズ長さ215×幅104×高さ98cm
インナーサイズ表記なし
収納時サイズ直径13×長さ55cm
重量2.5kg
耐水圧フライシート:約2,000mm
フロアシート:約3,000mm
出入口サイズ幅92×65cm
出入口前の空間30cm
ドア部サイズ長さ101×幅105×高さ86cm
材質アウターテント:ポリエステル100%
インナーテント:ポリエステル100%
ロープ:ポリプロピレン100%
ペグ:鉄・亜鉛
付属品ロープ×6、ペグ×13、メインポール×2、
キャノピーポール×2、インナーテント、収納ケース

BASICドームテント 価格

¥4,900 (税込)

2022年4月5日現在

BASICドームテント 購入方法

購入方法はワークマンオンラインストアで購入し、配送または店舗受け取りをする方法か、ショッピングモールのWORKMAN Plus店や、全国のワークマン女子店の店舗で購入する方法になります。

また、店舗受け取りなら送料がかからないため、そちらの方がお得ですね!

筆者も購入しましたが、店舗受け取りに指定すると店舗での支払いになるため、現金払いなども可能になるため大変便利です。

ワークマン各店舗からの取り寄せなどはできません。

2022年4月19日現在

ワークマンオンラインストアへ

スポンサーリンク

ワークマンのソロ用テントはおすすめか?

結論としては、以下のような方限定でおすすめです。

  • キャンプを始めたばかりで「キャンプにはまるかどうかわからないから安いテントが欲しい」という方
  • 「テント以外にチェアやランタンなど、一通りキャンプギアを揃えてから、ogawaやスノーピークなどのテントを買おうかな」と思われている方

それ以外は、筆者のように「¥5,000を切るテントはなかなかないため、試しに買ってみよう」という好奇心の方におすすめです。

低価格でコスパも高いのですが、メインテントとしての魅力は少ないと思います。

BASICドームテント あとがき

筆者は、インナーをシェルター内に設置してカンガルースタイルにして使おうと思っています。

「コヨーテ×ブラウン」のインナーは、カラーがブラウンのため、ゼインアーツのギギ1のインナーとしても合いそうです。

BASICドームテントは、シームテープ処理が荒いなどのデメリットもありますが、キャノピーポールなど一通り揃っており(ペグハンマーを除く)、低価格でかなりコスパは高いと感じました。

おすすめの関連記事

関連記事
エリクサー2 TOP
【エリクサー2 レビュー】コスパに優れたおすすめのMSR オールインワンドーム型テント!

続きを見る

関連記事
Yukazuro Modelテント TOP
タンスのゲンよりYoutuberオノウエユウカズロウ氏とのコラボテント登場!

続きを見る

関連記事
FIELD CAMP DOME 100-1
【FIELD CAMP DOME 100】フィールドアよりコンパクトなソロ用ドームテントが登場!

続きを見る

関連記事
グランドハット2
【グランドハット1】tent-Mark DESIGNSから秋の新製品にドーム型テントが登場!

続きを見る

その他 ソロキャンプギアへはこちらからどうぞ

ソロキャンプギアへ

きっと気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-, , ,

もくじ