テント・タープ

【エリクサー2 レビュー】コスパに優れたおすすめのMSR オールインワンドーム型テント!

エリクサー2 TOP

シェルターなどに、小型のテントをインストールする「カンガルースタイル

そのカンガルースタイル用のインナーとしても人気なのが、MSR「エリクサーシリーズ」です。

私も、NEMOのヘキサライト エレメントやゼインアーツのギギ1など、シェルターのインナーとして「エリクサー2」を購入しましたが、ただ単にインナーとして使用するだけではなく、普通にドーム型テントとしても使い勝手のいいテントだと、使用してみて気付きました。

通常別売のフットプリント(グランドシート)も付属した、オールインワンのドーム型テント。

そんなコスパに優れたドーム型テント「エリクサー2」をレビュー、また詳細や設営方法などもご紹介します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

エリクサー2 / MSR

エリクサー2 インナー4

元々「エリクサー2」を購入した最大の理由は、なんと言ってもテント本体(インナー)のフォルムです。

「エリクサーシリーズ」は魚座型のフレームと、天井部に短いフレームを追加することで、天井部の幅が広がり、圧迫感が軽減され居住空間が広がるテントです。

今回ご紹介するエリクサー2は、MSRの中では軽量で優れた居住性を兼ね備える3シーズン用テントとしての位置付けがされています。

以前エリクサー2には、グレー・グリーン・イエローゴールドとカラー展開が3種類ありましたが、現在のところはどうなのでしょうか。

エリクサー2 カラー

2021年4月現在、MSRの日本正規代理店「株式会社モチヅキ」によると、カラーは

  • グレー
  • グリーン

の2色展開となっています。

グリーンは、北欧の白夜でも安眠できるようにとヨーロッパ限定カラーとして販売されていましたが、ここ2年ほどはグリーンも通常販売されています。

以前エリクサー2には、イエローゴールドも存在していましたが、現在は廃盤のようでMSRの日本正規代理店「株式会社モチヅキ」のサイトにはありませんでした。

エリクサー2 ディテール

それでは、エリクサー2のディテールをご紹介します。

レインフライを使用時と、テント本体(インナー)のみのディテールに分けてみました。

レインフライ使用時

エリクサー2 前面
前面
エリクサー2 背面
背面

前面・背面というのはあるのかは不明ですが、一方を前面とした場合の前面・背面の画像です。

エリクサー2 サイド1
右側サイド
エリクサー2 サイド2
左側サイド

両サイドから撮影した画像です。

全く同じフォルムをしていることがわかります。

エリクサー2 オープン
片側をオープン
エリクサー2 前室
前室

レインフライを装着した状態で、入り口付近にできる前室はこのような感じになります。

エリクサー2 オープン2
エリクサー2 オープン4

同じように反対側もオープンができ、両側をオープンにすると風が抜けます。

エリクサー2 ベンチレーター
ベンチレーター
エリクサー2 ダブルファスナー
ダブルファスナー

両サイドにはベンチレーターがあり、前面・背面入り口はダブルファスナーになっているため、換気等もしっかりとできます。

テント本体(インナー)のみ時

エリクサー2 インナー 前面
前面
エリクサー2 インナー背面
背面

こちらもレインフライ同様に、前面・背面というのがあるのか不明ですが、一方を前面とした場合の前面・背面の画像です。

エリクサー2 インナーサイド2
右側サイド
エリクサー2 インナーサイド1
左側サイド

こちらもレインフライ同様に、両サイドから撮影した画像です。

全く同じフォルムをしていることがわかります。

サイドから見るとわかるのですが、入り口付近がリッジポールによって、ほぼ垂直になっていることがわかります。

これで、テント内の圧迫感を少なくしているのでしょう。

エリクサー2 付属品

エリクサー2 付属品

エリクサー2の付属品(セット内容)は以下の通りです。

  • テント本体(インナー)
  • フレーム一式
  • レインフライ(フライシート)
  • ステイク(ペグ)
  • フットプリント

左から順に見ていきますと、全てを収納するケースに、グレーのフットプリント。

フレームケースにフレーム、その下にはステイク(ペグ)ケースとステイク(ペグ)×12、テント本体(インナー)、一番右側のグリーンがレインフライ(フライシート)になります。

エリクサー2 設営方法

それでは、エリクサー2の設営方法です。

エリクサー2 設営方法
  • STEP:1
    フットプリントを広げます
    エリクサー2 フットプリントまずはフットプリントを広げて、4隅をステイク(ペグ)で固定します。
  • STEP:2
    テント本体を広げフレームを組み立てます
    エリクサー2 設営フットプリントの上にテント本体(インナー)を広げて同じく固定し、次にフレームを組み立ててます。次にフレームをテント本体4隅のグロメットに挿し込むのですが、この時片側から行うと簡単に設営できます。

    エリクサー2 設営14

    エリクサー2 設営11

    フレームは組み立て時にわかりやすいように、グレー(シルバー)とレッドに分かれており、テント本体(インナー)の4隅のグロメットも色分けされているため、画像のようにグレー(シルバー)はグレー(シルバー)にレッドはレッドにくるように、フレームをグロメットに挿し込みます。

    エリクサー2 設営3

    エリクサー2 設営2

    これだけでフレームは自立します。

  • STEP:3
    フレームに本体を取り付ける

    エリクサー2 設営4

    エリクサー2 設営5

    次に自立したフレームに、テント本体(インナー)を取り付けます。

    エリクサー2 設営6

    エリクサー2 設営7

    この時も、フレームやグロメットと同様に色分けされたクリップを同じカラーのフレームに取り付けていきます。

    エリクサー2 設営8

    エリクサー2 設営9

    カラー分けされているため、迷うこと無く取り付けができると思います。

    これでテント本体(インナー)は自立します。

  • STEP:4
    リッジポールを取り付け
    エリクサー2 設営10次に天井部にリッジポールを取り付けます。

    先ほど組み立てたフレームの上にくるようにして、入り口2箇所の上部赤のグロメットに画像のように挿し込みます。

    エリクサー2 インナー

    これでテント本体(インナー)は設営完成です。

  • STEP:5
    レインフライ(フライシート)を取り付け

    エリクサー2 フライ グロメット

    エリクサー2 フライ グロメット2

    レインフライを取り付ける際の注意点は、リッジポールを取り付けた所に、レインフライのグロメットがくるようにして、挿し込むというところ。

  • STEP:6
    レインフライ4隅のグロメットにフレームを挿す

    エリクサー2 設営12

    エリクサー2 設営13

    レインフライ4隅の赤のグロメット(このグロメットにはグレーがありません)にフレームを挿し込みます。

  • STEP:7
    前室部分をステイクで固定
    エリクサー2 前面最後に2箇所の前室部分をピンとなるように引き出し、縫い目がフレームに重なるようステイク(ペグ)で固定します。
  • STEP:8
    必要に応じてガイロープを張る
    エリクサー2 ガイロープ必要に応じてガイロープを張ったら終了です。

エリクサー2 特徴

エリクサー2を、実際に使用してみてわかった特徴です。

  • フォルムがかっこいい
  • 特徴的なテント本体(インナー)
  • テント内の圧迫感が少ない
  • コスパが高い

それぞれを見ていきます。

フォルムがかっこいい

エリクサー2 インナー3

フォルムのため、個人差はかなりあると思いますが、非常にカッコいいです!

レインフライを張ったフォルムも、テント本体(インナー)だけのフォルムもカッコいいです。

特徴的なテント本体(インナー)

エリクサー2 インナー2

一番特徴的なのは、テント本体(インナー)ではないでしょうか。

フルメッシュではなく、またフルクローズでない形。

テント内に熱がこもりにくいよう、テント上部やサイド、入り口上部はメッシュで、それでいてサイドや上部以外からは見えないようにようにもなっています。

カンガルースタイルで使用される方にとって、この仕様はありがたいのではないでしょうか。

また魚座型フレームの構造をしているため、見た目も美しく、リッジポールで天井部分も広くなっているため、居住性の良いテントだと思いました。

テント内の圧迫感が少ない

エリクサー2 インナー上部
テント内に寝転んで天井部を撮影
エリクサー2 インナー内
テント内よりサイドを撮影

これは、魚座型フレーム+リッジポールの構造が天井の圧迫感などを少なくしたため、テント内で快適に過ごせます。

画像だとわかりにくいですが、思っていたよりもテント内に圧迫感がありません。

コスパが高い

設営しやすく、見た目も美しく、テント内も圧迫感が少なく、それでいてオールインワンと言っても過言でない付属品類。

  • テント本体(インナー)
  • フレーム一式
  • レインフライ(フライシート)
  • ステイク(ペグ)
  • フットプリント

テントの設営場所によっては、ステイク(ペグ)を打ち込むハンマーが別途必要になるかもしれませんが、それ以外は必要ありません。

それでいて¥40,000(税込)以下なので、コスパは非常に高いと思いました。

エリクサー2 仕様

使用時サイズ279×213×102(h)cm
収納サイズ51×17cm
重量総重量:2770g
最小重量(フライ/本体/ポール):2240g
ドアの数2
フロア面積2.69m²
前室面積2.22m²
定員2
自立
ガイコードポイント4
付属品フレーム一式、テント本体、レインフライ、ステイク、フットプリント
材質フライ:68D ポリエステルリップストップ 耐水圧1,500mm ポリウレタン&DWR コーティング
ポール:7000 シリーズアルミ
キャノピー:40DリップストップナイロンDWR コーティング、20D マイクロメッシュ
フロア:70D ナイロンタフタ 耐水圧3,000mmポリウレタン&DWRコーティング

エリクサー2 価格

¥38,500(税込)

2021年4月10日現在

エリクサー2 あとがき

今までシェルターのインナーとして、エリクサー2のテント本体(インナー)しか使用していませんでしたが、レインフライを張ってコンパクトなキャンプもありだなと思いました。

またフットプリントにフレームを組み、レインフライのみを張ってシェルターとしても使用できるため、今後はそのような使い方も楽しもうと思いました。

バックパックに入れて持ち運ぶのは少し重いですが、ソロ・デュオのキャンプはもちろんのこと、シェルター内のインナーとしても使用できるため、コスパに優れたおすすめのオールインワンドーム型テントです。

ギギ1 TOP
【GIGI-1(ギギ1)レビュー】ソロキャンプにおすすめなゼインアーツ ワンポールテント!

続きを見る

ヘキサライト エレメント6P
【ヘキサライト エレメント6P】NEMO (ニーモ) TC素材のヘキサライト6Pをレビュー!

続きを見る

ソロベース サンドベージュ TOP
【ソロベース サンドベージュ レビュー】ソロキャンプにおすすめなバンドックのパップテント!

続きを見る

ソロティピー1tc
【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー

楽天お買い物マラソン開催!

期間:2021年5月9日(日)20:00 - 5月16日(日)01:59まで

▼お買い物マラソンでお得にポイントを貯める準備はこちらから▼

楽天市場 お買い物マラソン
楽天お買い物マラソン!おすすめキャンプ用品とでポイント貯める準備まとめ

続きを見る

お買い物マラソンへ会場へ

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-, ,

もくじ