買ってよかったキャンプギア

【ツインクレスタS T/C】人気のツーポールシェルターにソロ・ディオサイズが登場

ツインクレスタS T/C TOP
出典: CAMPAL JAPAN

ソロ・デュオサイズのテントやシェルターをお探しの方へ!

人気のogawaツーポールシェルター「ツインクレスタT/C」に、ソロ・デュオサイズが登場です。

従来のツインクレスタと、どのくらいサイズが異なるかを交えつつ「ツインクレスタS T/C」を紹介していきます。

タップできるもくじ
スポンサーリンク

ツインクレスタS T/C (Twin Cresta S T/C) 特徴

ソロ・デュオに最適なツインクレスタS T/Cの特徴は、以下の通り。

  • ゆったりとソロキャンプが楽しめるサイズ
  • アレンジ張りが楽しめる
  • サイドメッシュで風が抜ける
  • Y字ポールが圧迫感を軽減

ゆったりとソロキャンプが楽しめるサイズ

ツインクレスタS T/C-1
出典: CAMPAL JAPAN

ソロキャンプで、ソロ用のテントだと小さすぎるけどファミリー向けのテントだと大きすぎるという方や、デュオキャンプに最適なサイズのテントです。

ソロキャンプで、ゆったりと過ごしたい方におすすめのサイズです。

アレンジ張りが楽しめる

ツインクレスタS T/C アレンジ張り
出典: CAMPAL JAPAN

ツインクレスタS T/Cは、フルクローズはもちろんのこと、前後パネルの下部だけ巻き上げたり、サイドパネルをメッシュやフルオープンにしたり、別売ですがキャノピーポールを使用して跳ね上げたりと、シチュエーションによって様々なアレンジ張りが楽しめます。

サイドメッシュで風が抜ける

ツインクレスタS T/C-3
出典: CAMPAL JAPAN

ツインクレスタ独自のサイドパネルの半分以上がメッシュになるため、暑い時期などは前後パネルを開きサイドパネルをメッシュにすることで、シェルター内に風が抜けるため涼しく過ごせそうです。

Y字ポールが圧迫感を軽減

ツインクレスタS T/C-5
出典: CAMPAL JAPAN

ツインクレスタ独自のY字ポールを採用しているため、従来のツーポールシェルターに比べて、天井が広く圧迫感がかなり軽減されています。

別売ですが、ツインクレスタS用二又フレームを使用すれば、さらにシェルター内が広々と使えます。

スポンサーリンク

ツインクレスタS T/C (Twin Cresta S T/C) 仕様・価格・予約情報

次に、ツインクレスタS T/C (Twin Cresta S T/C) の仕様や価格などを紹介します。

仕様

ツインクレスタS T/C サイズ
出典: CAMPAL JAPAN
サイズ420×256×160cm
収納サイズ64x28x26cm
重量総重量:7.56kg(付属品除く)
フライ:約6.36kg
ポール:約1.2kg
付属品:約3.07kg
材質フライ:T/C(耐水圧350mm)
ポール:6061アルミ合金(φ22mm、φ14.5mm)
付属品張り綱2mx10本、スチールピン25cmx20本、
アイアンハンマー1丁、収納袋

跳ね上げ用のキャノピーポールは別売です。

価格

¥82,500(税込)

2023年1月23日現在

予約情報

2023年1月23日(月) 予約開始〜2月6日まで

納期:2月下旬以降入荷予定

2023年1月23日現在

ツインクレスタ T/Cと比較

ツインクレスタS T/C 比較
出典: CAMPAL JAPAN

次に通常サイズのツインクレスタ T/Cと比較してみました。

画像から見ると高さが低くなっているため、ツインクレスタ T/Cよりも圧迫感はあると思われますが、独自のY字ポールで従来のツーポールテントよりも天井が広いため、圧迫感は少ないと感じます。

仕様を見る限り、フォルムは以外はツインクレスタT/Cをコンパクトにしただけだと思われます。

ツインクレスタS T/CツインクレスタT/C
サイズ420×256×160cm570×305×200cm
収納サイズ64x28x26cm72×30×30cm
重量総重量:7.56kg(付属品除く)
フライ:約6.36kg
ポール:約1.2kg
付属品:約3.07kg
総重量:約14.02kg
フライ:約9.6kg
ポール:約1.5kg
付属品:約2.92kg
材質フライ:T/C(耐水圧350mm)
ポール:6061アルミ合金(φ22mm、φ14.5mm)
フライ:T/C(耐水圧350mm)
ポール:6061アルミ合金(φ22/14.5mm)
価格¥82,500¥97,900
価格は税込

サイズは、ツインクレスタS T/Cの方が幅が150cm、奥行き49cm、高さ40cm小さくなっています。

通常のツインクレスタT/Cだと、ソロ・デュオで使用するなら、大きすぎる感じがしますが、このくらいのサイズなら使いやすいのではないかと思います。

一般的かは不明ですが、人気のソロ用テントのソロベースのサイズが、約幅360x奥行き190x高さ110cmのため、それと比べるとツインクレスタS T/Cは、ソロ用テントとしてはかなりゆとりのあるサイズのため、贅沢にキャンプができると感じました。

スポンサーリンク

ツインクレスタS T/C (Twin Cresta S T/C) あとがき

ソロ・デュオ向けサイズの「ツインクレスタS T/C」。

従来のツーポールシェルターと異なる構造のため、 シェルター内が広々と使え圧迫感が軽減されているため、快適なキャンプが楽しめると思います。

デュオ向けサイズのTCテントをお探しの方や、ゆったりとソロキャンプを楽しみたい方は、ぜひ候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

ぜひ読んでおきたい関連記事

その他ogawa製品へはこちらから

気になるキャンプギアが見つかるはず

\他にもこんな記事があります/

タップをして気になるギアへ!

スポンサーリンク
ツインクレスタS T/C TOP

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

スポンサーリンク
タップできるもくじ