【2024年】フラットバーナーテーブル10選 こちら

WAQ ドームシェルター「Paramount Dome」にブラック登場

本ページはプロモーションが含まれています
パラマウントドーム ブラック TOP
出典: WAQ

Alpha TCなど、様々なキャンプギアを提供するブランド「WAQ」が手掛けるドームシェルター「Paramount Dome(パラマウントドーム)」にブラックカラーが登場。

Paramount Dome(パラマウントドーム)は、ソロからファミリーまで楽しめる中型サイズで、それでいて価格も比較的リーズナブルのため、ブラックカラーの登場で人気に拍車がかかりそうです。

それでは、Paramount Dome(パラマウントドーム)について詳細などを紹介していきます。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

Paramount Dome(パラマウントドーム)|WAQ

ここ数年で人気に火がついたドームシェルター。

海外ブランドのドームシェルターが多い中、数少ない国産ブランドのドームシェルターで、サイズも1〜5名が過ごせる広さがあります。

高さは一番高いところが195cmあるため、たったまま着替えがスムーズにできます。

またドーム型のためデッドスペースが少ないのも特徴です。

それでは、Paramount Dome(パラマウントドーム)の特徴から見ていきます。

パラマウントドームの主な特徴

パラマウントドームの主な特徴は、次の通り。

  • デッドスペースの少ないドーム型シェルター
  • 3箇所からテント内にアクセスできる
  • 通気性抜群
  • 煙突ポートを2箇所装備
  • 設営しやすい
  • リップストップ生地を採用
  • ルーフフライを装備
  • フロアシートを装備

デッドスペースの少ないドーム型シェルター

パラマウントドームの魅力の一つは、最大幅410cmと天井高さ195cmの中型ドームシェルターのため、ファミリーキャンプで使用したり、またソロキャンプでゆったりと過ごすことができるところ。

またドームシェルターのため、デッドスペースが少なくテントの端の方まで有効に使えるのが特徴です。

3箇所からテント内にアクセスできる

大型の出入り口を3箇所設置しているため、テント内にアクセスしやすいのも特徴です。

通気性抜群

大型出入り口を3箇所と三角窓や上部ベンチレーションも装備しているため、360°開放することができ、夏の暑い時期でも風通しのいいキャンプができそうです。

煙突ポートを2箇所装備

薪ストーブをインストールするのに必要な煙突ポートを、側面と天井部の2箇所に設置。

薪ストーブの置き位置や種類などによって、自由に選択ができます。

膜ストーブをインストールする際の注意事項
  • 薪ストーブをインストールする場合は、自己責任の元一酸化炭素中毒にならいよう換気を行い、一酸化炭素チェッカーを準備して行ってください。
  • 煙突ポートを使用の際は、付属のルーフフライは使用できません。

設営しやすい

パラマウントドームは、3本のメインポールと外周ポールを組み合わせる構造で、わかりやすく一人で設営できるのも特徴の一つ。

リップストップ生地を採用

耐水圧が2000mmのリップストップポリエステル生地を採用しています。

ほつれたり破れたりに強く、濡れた場合などTC素材に比べて乾きやすいのも特徴の一つ。

ルーフフライを装備

撥水性・遮熱性のあるルーフフライを装備しています。

自由につけ外しが可能なため、その日の天気によってつけたり外したりが可能。

またルーフフライを装着することで、シェルター内の温度上昇を緩やかにしてくれます。

フロアシートを装備

ルーフフライの他にも、フロアシート(グランドシート)が標準装備。

シェルター全面をカバーするグランドシートで、全面床に敷くことで地べたスタイルでキャンプを楽しむことができます。

パラマウントドームのカラー

Paramount Dome(パラマウントドーム)のカラー展開は、以下の3種類。

  • タン
  • オリーブ
  • ブラック

パラマウントドームのサイズやスペック

サイズ(外寸)410cm×355×195cm
収納サイズ約72×28×27cm
重量(付属品含む)約14.5kg
収納可能人数1〜5人
材質フライシート:Polyester 210T Ripstop PU 2000m WR
メッシュ:Poly Mesh
ポール:Alminium7001

パラマウントドームの価格

¥69,800(税込)

2024年4月4日現在、すべてのカラー

あとがき

ソロからファミリーまで、楽しむことができるドームシェルター「Paramount Dome(パラマウントドーム)」。

海外ブランドのドームシェルターと比べると、ルーフフライやフロアシートが付属しているのにもかかわらず、比較的手を出しやすい価格帯のため、人気が出そうなシェルターです。

ドームシェルターをお考えの方は、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

ドームシェルターの関連記事

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ