テント・タープ

【BDK-02EX】BUNDOK(バンドック) の新しいツーポールテントがいい感じ!

BDK-02EX TOP

Quotation: Amazon

ソロ用TCワンポールテント「ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC」が大人気のBUNDOK(バンドック)より、3〜4人用ツーポールテント(ツインポールシェルター)「BDK-02EX」が登場しました。

以前より販売されている「BDK-02」にサイドフラップ(風除け)がプラスされた仕様で、カラーがカーキと見た感じ軍幕っぽく仕上がっています。

それでは早速、サイドフラップのない「BDK-02」との比較なども交えて、「BDK-02EX」の仕様、特徴などを解説致します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

BDK-02EX / BUNDOK(バンドック)

「コスパが高い!」と、人気のBUNDOK(バンドック)

BUNDOKとは

BUNDOK(バンドック)とは、新潟県三条市にあるスポーツ用品、レジャー用品、アウトドア用品等の卸売りを行っている株式会社カワセの自社ブランドで、より手軽に快適なアウトドアライフを楽しんでもらうために、製品組立の簡素化・収納性などを考えた、リーズナブルな価格設定のギアを提供しています。

そんなBUNDOK(バンドック)が、手掛けたツーポールテント(ツインポールシェルター)が、今回ご紹介する「BDK-02EX」です。

以前よりBUNDOK(バンドック)では、「BDK-02」というツーポールテント(ツインポールシェルター)を販売しており、その改良版になります。

それではBDK-02EXの特徴から見ていきます。

BDK-02EXの特徴

BDK-02EX 3

Quotation: Amazon

私が気になった、BDK-02EXの特徴は以下の通りです。

  • サイドフラップ(風除け)を装備
  • 変幻自在に張ることができる
  • インナーテントを2つ装備
  • リーズナブルな価格帯

それぞれを見ていきます。

サイドフラップ(風除け)を装備

BDK-02EX 5

Quotation: Amazon

BDK-02のパネルのサイド部分に、サイドフラップ(風除け)を装備したものが、このBDK-02EXになります。

サイドフラップは風除けだけでなく、プライベートな空間を増やしてくれ、早朝や夕方の陽の差し込みや、雨天時の雨の吹き込みも軽減してくれます。

変幻自在に張ることができる

BDK-02EX 1

Quotation: Amazon

BDK-02EX 2

Quotation: Amazon

BDK-02EXは前後のパネルが開くため、サブポールを追加すれば、オープンタープのようにして張ることができます。

また、前面をサブポール1本で跳ね上げることもできたり、様々なアレンジ張りが楽しめます。

インナーテントを2つ装備!

BDK-02EX 4

Quotation: Amazon

なんとインナーテントを2つ装備しています。

左右のサイド部分に上画像のインナーを吊るせば、最大4名(1つのインナーに2名)寝ることが可能です。

デュオなら1つ、ファミリー(4名)なら2つという使い分けができるので、便利です。

リーズナブルな価格帯

これでいて、他ブランドのツーポールテント(ツインポールシェルター)に比べると、断然価格が低く、リーズナブルな価格帯のため、初めてのツーポールテント(ツインポールシェルター)におすすめです!

BDK-02EXの仕様

使用時サイズ(約)6000×3000×2100mm
インナーサイズ(約)2900x1400x2000mm
 収納時サイズ(約)650x270x250mm
耐水圧(約)フライ:3000mm
フロア:5000mm
重量(約)9.15kg
材質フライ:ポリエステル
インナー:ナイロン・ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
ポール:アルミ合金(ジュラルミン製)
セット品フライシート×1、インナー×2
メインポール×2、サブポール×2
2020年5月9日現在、Amazon値

BDK-02EXの価格

¥37,172(税込み)

2020年5月9日現在、Amazon価格のため変動がある可能性があります

BDK-02とBDK-02EXを比較

サイドフラップ(風除け)のなしのモデル「BDK-02」と比較してみました。

 BDK-02EXBDK-02 
使用時サイズ6000×3000×2100mm6000×3000×2100mm
インナーサイズ2900x1400x2000mm2900x1400x2000mm
収納時サイズ650x270x250mm650x270x250mm
耐水圧フライ:3000mm
フロア:5000mm
フライ:3000mm
フロア:5000mm
重量9.15kg7.5kg
材質フライ:ポリエステル
インナー:ナイロン・ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
ポール:アルミ合金(ジュラルミン製)
フライ:ポリエステル
インナー:ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
ポール:アルミ合金(ジュラルミン製)
セット品フライシート×1、インナー×2
メインポール×2、サブポール×2
フライシートx1、インナーテントx2
メインポールx2、サブポールx2
2020年5月9日現在、Amazon値
インナーは見たところ同じように見えるため、材質の記入漏れかなと思われます。

比較してみたところ、重量のみが増えていることがわかります。

各仕様からはその他の違いは見られず、BDK-02EXはサイドフラップのみ追加された改良版になります。

現在、BDK-02にもカーキ色が追加されており、サイドフラップが必要のない方には、こちらがおすすめです。

BDK-02EX あとがき

ミドルサイズのため、デュオにもよし!ファミリーにも良し!のツーポールテント(ツインポールシェルター)だと思いました。

個人的にTC素材のツインポールシェルター「ヘキサライトエレメント6P」を所有していますが、ファミリーで使用する場合は、家族が虫嫌いのためインナーが欲しいところ…

お手頃な価格帯なので、2台目として欲しいツーポールテント(ツインポールシェルター)です。

関連記事
BUNDOK テント・シェルター
BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギアが今アツい!

続きを見る

関連記事
ヘキサライト エレメント6P
【ヘキサライト エレメント6P】NEMO (ニーモ) TC素材のヘキサライト6Pをレビュー!

続きを見る

関連記事
ギギ2 TOP
【GIGI-2 (ギギ2)】広い空間と多彩なパネルアレンジができるツーポールシェルターがゼインアーツから登場!

続きを見る

関連記事
2020年キャンプギア
【2020年キャンプギア】ツインポールシェルターとトンネル型テントが更に人気が出そうな予感!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-, ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ