メーカー情報

BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギアが今アツい!

BUNDOK テント・シェルター

Quotation:Amazon

この記事はこんな方におすすめ

  • BUNDOK(バンドック)について知りたい
  • BUNDOK(バンドック)の人気のテントが知りたい
  • BUNDOK(バンドック)のおすすめのキャンプギアが知りたい

2020年に人気のソロティピー1TCを発売した「BUNDOK(バンドック)」

2019年にはソロベースという、人気のテントも世に送り出しています。

立て続けに人気のテントを作り出したBUNDOK(バンドック)の勢いは凄く、今アツいブランドの一つです!

今回は、そのBUNDOK(バンドック)から販売されている、人気のテントやその他おすすめのキャンプギアをご紹介致します。

スポンサーリンク

BUNDOK(バンドック)とは?

BUNDOK

BUNDOK(バンドック)は、新潟県三条市にあるスポーツ用品、レジャー用品、アウトドア用品等の卸売りを行っている株式会社カワセの自社ブランドで、より手軽に快適なアウトドアライフを楽しんでもらうために、製品組立の簡素化・収納性などを考えた、リーズナブルな価格設定のギアを提供しています。

今までに、数多くのキャンプギアを世に送り出しているBUNDOK(バンドック)。

メインカラーは、ベージュやブルーなどの明るめのカラーが多かったのですが、2019年頃からカーキやAmazon限定のダークグリーンなどのカラーを追加しました。

また他ブランドの同等サイズのテント等と比べると、価格相場の遥か下を行く価格設定と、カーキなどのカラーの追加によって更に人気が出たブランド。

BUNDOK(バンドック) テント・シェルター・タープ

数多くのキャンプギアを提供するBUNDOK(バンドック)ですが、一番の注目は「テント・シェルター

特に人気なのが、「ソロティピー1TC」や「ソロベース」などのTC素材の幕ですが、それ以外にもコスパの高いテントを販売しています。

それでは、BUNDOK(バンドック)のテントやシェルターなどご紹介致します。

価格はカラーによって異なるため表示しておりません。メインの販売ショップはAmazonで、価格変動の可能性があるため、必ずご確認下さい。

ソロティピー1TC BDK-75TC / 2020Products

BUNDOK(バンドック)ソロティピー1TC BDK-75TC-3

Quotation: Amazon

今一番人気のテントがこの「ソロティピー1TC

既に生産が追いつかないのか、現在のところ在庫切れ。

2020年6月10日現在

人気の秘密は、TC素材のワンポールテントというところだけでなく、軍幕を意識したカラー、かつフラップを装備しているというところ。

裾にはスカートも装備しており、寒い時期外部からの冷気を防いでくれます。

またソロ用としてはベストなサイズ!

これで人気が出ないわけがありませんね。

ソロティピー1TC 仕様

使用時サイズ約2400x2400x1500mm
インナーサイズ約2200x1000x1350mm 
収納時サイズ約440x240x240mm
重量約4.8kg
材質フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
ポール:アルミ合金φ16mm
セット内容フライシート×1、インナーシート×1、
メインポール×1、サブポール×1、ペグ×14本、
ロープ×5本 、コンプレッションベルト付収納ケース×1
特徴・詳細
BUNDOK(バンドック)ソロティピー1TC BDK-75TC TOP
【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気!

続きを見る

ソロティピー1 BDK-75

ソロティピー1 カーキ

※カーキ Quotation: Amazon

ソロティピー1TCの原型がこの「ソロティピー1

元々はライトベージュにブルー・グレーのアクセントが入ったモデルで、後にカーキとAmazon限定カラーのダークグリーンが追加になりました。

ソロティピー1の素材はTCではなくポリエステル

裾にスカートもなく、フラップもない、オーソドックスなソロ用ワンポールテントです。

ソロティピー1 ホワイト

Quotation: Amazon

ソロティピー1 ダークグリーン Amazon

※ダークグリーン Quotation: Amazon

カラー
  • ライトベージュ×ブルー・グレー
  • カーキ
  • ダークグリーン(Amazon限定)

カラーは上記の3色展開で、一時期すべてのカラーが完売した人気のテントです。

サイズ・重量ともにソロ用として最適です。

ソロティピー1 仕様

使用時サイズ約2400x2400xH1500mm
インナーサイズ約2200x1000x1350mm
収納時サイズ約420x190x190mm
重量約2.2kg
材質フライ:ポリエステル
インナー:ポリエステル(ポリエステルメッシュ)
フレーム:アルミ合金
セット内容フライシートx1、インナーシートx1、
メインポールx1・付属品/ペグx15、
ロープx6、収納ケースx1

ソロベース BDK-79TC

ソロベース

Quotation: Amazon

2020年「ソロティピー1TC」が大人気になったのも、2019年にこの「ソロベース」がヒットしたからと言っても過言ではないはず。

軍隊で使用されてきたコットン幕(軍幕)「パップテント」が近年人気ですが、そのパップテントを所有している方からも絶賛されている「ソロベース

従来のパップテントにはない機能(インナーテントなど)を追加し、パップテントに死角をなくしたようなテント。

サイズもソロに適したサイズで、付属のポールでキャノピー(跳ね上げ)すれば、前室ができるため、快適に過ごせます。

ソロベース 仕様

使用時サイズ約3600x1900xH1100mm
インナーサイズ約1900x850xH1000mm
収納サイズ約400x200xH200mm
重量約4.4kg
材質フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
フレーム:アルミ合金

ソロベースEX BDK-79EX / 2020Products

BUNDOK ソロベースEX BDK-79EX

Quotation: Amazon

ソロベース(BDK-79TC)に装備していなかった、本体裾のスカートやサイドウォールを追加したモデル。

サイドウォールは、風除け・日除け・雨除けになるため、快適にテント内で過ごすことができます。

また目隠しにもなるため、プライベート感が増します。

これで、ソロベースには死角がなくなったのでは…

またスカート部は巻き上げも可能で、暑い時期は巻き上げて風通しを確保、寒い時期は冷気を軽減してくれるため大変便利です。

ソロベースEX BDK-79E仕様

使用時サイズ(約)3600×1900×H1100mm
インナーサイズ(約)1900×850×H1000mm
収納時サイズ(約)470×240×H240mm
重量(約)5.2kg
材質フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%)
インナー:ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
フレーム:アルミ合金 
詳細・特徴
BUNDOK ソロベースEX BDK-79EX TOP
【BDK-79EX】BUNDOK(バンドック)からソロベースEXが登場!

続きを見る

ツーポールテント BDK-02

BDK-02

Quotation: Amazon

BUNDOK(バンドック)のツーポールテント(ツインポールシェルター)と言えば、発売当初よりライトベージュ×ブルー・グレーのカラーリングをした「BDK-02」が以前よりありましたが、そこにカーキカラーが追加され、現在は2色展開になりました。

2020年6月11日現在

左右のポールに吊り下げれるインナーテントが2つ付属しており、他ブランドのツーポールテント(ツインポールシェルター)の価格相場よりも遥かに下を行く価格設定に驚きです!

ツーポールテント BDK-02 仕様

使用時サイズ約6000×3000×H2100mm
インナーサイズ約2900x1400xH2000mm
収納サイズ約650x270x250mm
重量約7.5kg
材質フライ:ポリエステル(シリコンコーティング)
インナー:ナイロン・ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
ポール:アルミ合金
セット内容フライシートx1、インナーテントx2、メインポールx2
サブポールx2、ペグ×20、ロープ×6、収納ケース×1

ツーポールテント BDK-02EX / 2020Products

BUNDOK BDK-02EX

Quotation: Amazon

2020年に登場したのは、上記「BDK-02」に風除けのサイドウォール(サイドフラップ)を追加した「BDK-02EX

BDK-02EX 4

Quotation: Amazon

サイドウォール(サイドフラップ)は前後どちらにも付属しており、インナーテントも2つ装備しているため、様々なアレンジ張りが楽しめそうです。

ツーポールテント BDK-02EX 仕様

使用時サイズ(約)6000×3000×2100mm
インナーサイズ(約)2900x1400x2000mm
 収納時サイズ(約)650x270x250mm
重量(約)9.15kg
材質フライ:ポリエステル
インナー:ナイロン・ポリエステルメッシュ
フロア:ポリエステル
ポール:アルミ合金(ジュラルミン製)
セット品フライシート×1、インナー×2、メインポール×2
サブポール×2、ペグ×20・ロープ×8・エンドキャップ×2
コンプレッションベルト付収納ケース×1
特徴・詳細
BDK-02EX TOP
【BDK-02EX】BUNDOK(バンドック) の新しいツーポールテントがいい感じ!

続きを見る

ソロドーム BDK-08

ソロドーム Amazon限定 ダークグリーン

※ダークグリーン Quotation: Amazon

オーソドックスなソロ用ドームテント。

こちらは元々、フライシートが鮮やかなブルーのモデルで、後にカーキとAmazon限定カラーのダークグリーンが追加になりました。

ソロドーム

Quotation: Amazon

ソロドーム カーキ

※カーキ Quotation: Amazon

同じテントですが、カラーでこれだけ印象が変わります。

インナーテントはフルメッシュ仕様で、フォルムが美しい魚座型フレーム。

勝手にヘキサライトエレメントや、ギギ1にインしてカンガルースタイルを楽しむのもありかと思っています。

お手頃な価格帯なので、初めてのソロ用テントにいい感じです!

ソロドーム 仕様

使用時サイズ約2000x1500xH1100mm
インナーサイズ約2000x900xH1000mm
収納時サイズ約380x150xH150mm
重量約1.88kg 
材質シート:ポリエステル
インナー:ポリエステルメッシュ
フレーム:アルミ合金
セット内容フライシート×1、インナーシート×1、メインポール×2、
フレーム補助ポール×1、ペグ×15、ロープ×4、収納ケース×1

BUNDOK(バンドック) キャンプギア

BUNDOK(バンドック)と言えば、テントやシェルターだけではありません。

コットやチェア、ストーブなど様々なキャンプギアを手掛けおり、こちらもアツいんです!

それでは、コスパの高い軽量LOWコットからご紹介致します。

軽量LOWコット BD-206

BUNDOK BD-206

Quotation: Amazon

よく見かけるフォルムの「LOWコットBD-206」

BD-206は地面から約13.5cm高のローコットで、「地面から高すぎるコットは、ちょっと苦手…」という方におすすめのコットです。

一つだけ残念なところは、耐荷重が80kgまでしかないというところ。

しかし、組み立てた時に約1840x600x135mmと標準サイズにもかかわらず、収納時には約540×170x120mmとコンパクトになり、重量が1.9kgと非常に軽く持ち運びしやすいコットです。

初めてのコットにいい感じです。

個人的には、ブラック以外にカーキなどのカラー展開も欲しいところです。

軽量LOWコット仕様

使用時サイズ(約)1840x600x135mm
収納サイズ(約)540×170x120mm
重量(付属品含む)(約)1.9kg
静止耐荷重80kg
材質張り材:ポリエステル
フレーム:アルミ合金(アルマイト加工)・ABS樹脂
LOWコット
BUNDOK LOWコット BD-206
【BD-206】BUNDOK(バンドック)の軽量LOWコットがいい感じ!

続きを見る

ポータブル チェア BD-112

ポータブルチェア BD-112BK

Quotation: Amazon

こちらもよく見かけるタイプのチェア。

初めてこのタイプのチェアを購入する際や、家族分の数を揃える際に適しています。

ただ本家とは異なり耐荷重が80kgしかありません。

しかし収納時には約390x120x120mmとコンパクトになり、非常に持ち運びしやすいコットです。

座面高は27cmと結構ロースタイル。

カラーは、ブラックとカーキの2色展開しています。

ポータブル チェア BD-112 仕様

使用時サイズ約520x555x670mm
収納時サイズ約390x120x120mm
座面高約270mm
耐荷重80kg
重量約1.9kg
材質生地:ポリエステル(ポリ塩化ビニル加工)
フレーム:スチール(エポキシ樹脂塗装)

フォールディング マット BD-513

フォールディングマット BD-513G

Quotation: Amazon

オーソドックスな発泡ポリエチレンの折りたたみ式マット。

エアタイプのマットに比べて嵩張るというデメリットがありますが、パンク(空気を入れないため)の恐れがなく安心感があります。

地面に凹凸があるサイトや、登山などに適しています。

フォールディングマット BD-513P

Quotation: Amazon

フォールディングマット BD-513B

Quotation: Amazon

カラーは3色展開していますが、グリーンが人気なのか価格に差があります。

ピンクは女性キャンパーの方などに人気が出そうですね!

裏面はどのカラーもチャコールになっています。

フォールディング マット BD-513 仕様

使用時サイズ約180x60x1cm 
収納時サイズ約60x13x15cm
重量約315g
材質発泡ポリエチレン

BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギア あとがき

BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギアは、コスパが高そうなものばかり。

紹介したキャンプギア以外にも、様々なものを販売しています。

一部耐荷重が80kgまでしかないものなど少し残念なところもありますが、今後このコスパでオリジナル性の高いキャンプギアが出てくれば、トップブランドの仲間入りするのではないでしょうか。

\ コスパ高し! /

Amazon バンドックストアへ

きっと欲しいものが見つかるはず

関連記事
BUNDOK(バンドック)ソロティピー1TC BDK-75TC TOP
【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気!

続きを見る

関連記事
BUNDOK LOWコット BD-206
【BD-206】BUNDOK(バンドック)の軽量LOWコットがいい感じ!

続きを見る

関連記事
BDK-02EX TOP
【BDK-02EX】BUNDOK(バンドック) の新しいツーポールテントがいい感じ!

続きを見る

関連記事
1万円以下のおすすめコット12選
【コット】1万円以下のおすすめコット12選!キャンプをもっと快適に!

続きを見る

この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-メーカー情報
-

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ