テント・タープ

【ソロベース サンドベージュ】バンドックよりコスパの高い軍幕にニューカラーが登場!

ソロベース サンドベージュ オープン

Quotation: OUTDOOR BASE

ソロティピーTCソロベースEXが大人気のBUNDOK(バンドック)から、和製軍幕の火付け役と言っても過言ではない「ソロベース」にニューカラーが登場です!

カラーは「サンドベージュ

ミリタリー感たっぷりのカーキカラーとは異なるため、どんな感じになるのか楽しみですね。

それでは、今回はBUNDOK(バンドック)「ソロベース サンドベージュ」をご紹介致します。

2020年10月13日(火)現在、ナチュラムにて先行予約中!
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

ソロベース サンドベージュ / BDK-79TCSB

ソロベース サンドベージュ インナー

Quotation: naturum

近年人気に火が付いた「パップテント」

無骨で男心をそそる出で立ちやワイルドさが、人気の秘密なんでしょうね。

従来のパップテントは、実際に海外の軍隊で使用されていたものの払い下げや、デットストックを探し出す必要があり、通常は2枚の幕をボタンで連結する構造となっています。

連結部分にジッパーを使用しているモデルは、購入者の方がカスタマイズされたか、されたものを購入されている場合がほとんどです。

でも「ジッパーを付けるの大変だな…」「デットストックって意外と高いな…」「軍隊で使用されたものはちょっと…」という方はいらっしゃるはず。

そんな方向けのように作られたのが、BUNDOK(バンドック)のソロベースです。

和製パップテント・和製軍幕とでもいうのでしょうか、お手頃な価格帯でポールを立てるだけで設営が可能で、インナーテントも付属と至れり尽くせり仕様のため、瞬く間に大人気テントの仲間入りを果たしました。

2020年にソロティピーTCソロベースEXが大人気になったのも、このソロベースがあったからでしょう。

そんなソロベースにニューカラーが登場します !

カラーは「サンドベージュ」

それでは早速特徴から見ていきます。

ソロベース 特徴

ソロベースには、以下のような様々な特徴があります。

  • フルクローズでプライベートを確保
  • キャノピーで日除けスペースを確保
  • メッシュインナーが付属
  • インナーを外してシェルターとして使用
  • 水が侵入しにくいエンドキャップ付き
  • ポールはコンパクトに4分割
  • 撥水加工で雨にも強いポリコットン生地を採用

それぞれを見ていきますと、

フルクローズでプライベートを確保

ソロベース サンドベージュ フルクローズ

Quotation: OUTDOOR BASE

ジッパーでフルクローズすることができるため、就寝時や着替えなどの際にプライベートスペースとして役に立ちます。

キャノピーで日除けスペースを確保

ソロベース サンドベージュ オープン

Quotation: OUTDOOR BASE

メインポール以外に、キャノピー用のポールが2つ付属します。

前面をキャノピーすれば、快適なスペースが確保でき、日除けとしても役に立ちます。

メッシュインナーが付属

ソロベース サンドベージュ インナー

Quotation: naturum

メッシュインナーが付属します。

バックルでつなぐだけの取り付け方法のため、設営も簡単にできます。

インナーを外してシェルターとして使用

インナーは外すことができるため、外してシェルターとしても使用することができます。

コットが置けるスペースがあるため、インナーを使用せずにコット寝もいい感じです。

水が侵入しにくいエンドキャップ付き

フライシート(本体)とポールの差し込み口から、水の侵入を防ぐエンドキャップが付属します。

ポールはコンパクトに4分割

ポールは軽量で丈夫なアルミ合金(ジュラルミン)を採用。

4分割のため収納もコンパクト。持ち運びやすいです。

撥水加工で雨にも強いポリコットン生地を採用

ポリエステルとコットンの混紡生地「ポリコットン」を生地に採用。

耐久性が高く風合いがよく、遮光性が高くて火の粉が舞っても穴があきにくい素材です。

また水に濡れると繊維の糸が拡張し目が詰まるため、防水性が生まれれる特徴を持っています。

ソロベース 注意点

ソロベース カーキにも言えることなのですが、本体裾にスカートは付いていません

もし寒い時期の冷気や風の入り込みを軽減してくれる「スカート」付きを望まれる場合は、現在サンドベージュカラーはありませんが、ソロベースEXをおすすめします。

2020年10月13日現在

ソロベース サンドベージュ 仕様

使用時サイズ約W3600xD1900xH1100mm
インナーサイズ約1900×850×1000mm
収納時サイズ約400×200×200mm
重量記載なし(カーキより約4.4kgと推測)
材質フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%) 
インナー:ポリエステルメッシュ 
フロア:ポリエステル
付属品ペグ×18本・ロープ×6本 ・エンドキャップ×2・収納ケース×1・取扱説明書

ソロベース サンドベージュ 価格

販売価格:¥22,800(税込)

2020年10月13日現在、ナチュラム参考価格

ソロベース サンドベージュの販売予定時期

ナチュラムによると、2020年10月下旬を予定しているとのこと。

2020年10月13日現在

ソロベース サンドベージュ あとがき

ソロベース サンドベージュとカーキの仕様等を比較しましたが、数値は同じだったため、カラーの違いのみになります。

暗いところで見ると、渋めのカラーで好みなのですが、明るいところで見た時がどうなるのか早く知りたいところです。

でも、きっと人気が出るんだろうな…

2020年10月13日(火)現在、ナチュラムにて先行予約中!
関連記事
BUNDOK ソロベースEX BDK-79EX TOP
【BDK-79EX】BUNDOK(バンドック)からソロベースEXが登場!

続きを見る

関連記事
BUNDOK テント・シェルター
BUNDOK(バンドック)のテントやキャンプギアが今アツい!

続きを見る

関連記事
ソロティピー1tc
【BDK-75TC】BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TCが大人気!

続きを見る

関連記事
炎幕DX ver.2
【炎幕DX ver.2】カラー新たに機能アップデートした炎幕DXが登場!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ