タトンカタープ3TC 初張り!影が広くて快適なタープですよ!

tatonka-tarp-3tc6

ちょっとシワシワですが…(^^;)

春からの季節に、あればかなり快適にキャンプの時間を過ごせるアイテム「タープ」

沖縄ではこの季節にタープがないと、こんがりと焼けてしまうため特に必需品です。以前に購入したスノーピークのレクタLもありますが、サイズ的にファミリー用のサイズなため、ソロキャンプには不向きです。

スノーピーク HDタープ”シールド”レクタで、夏キャンプを涼しく過ごしませんか
スノーピーク HDタープ”シールド”レクタで、夏キャンプを涼しく過ごしませんか
最高気温も35度を越え、夏真っ盛りのこの頃、キャンプに行かれていますでしょうか?夏キャンプと言えば、是非とも欲しいのは「日陰」キャンプ場に木...

そこでソロ用にタープを探していました。タープの種類としては、レクタは持っているため今度はウィングタープかヘキサタープを購入したいところ!

またできれば色合い的にも、ソロ用に購入した快速旅団のSimple ベージュに合わせたカラーがいいと思い、探していたところ最終的にタトンカタープにいきついた次第です。

快速旅団 Simple ベージュ初張り!あっという間に設営できます
快速旅団 Simple ベージュ初張り!あっという間に設営できます
ソロ用テントとして、快速旅團 Simple ベージュを購入!早速デイキャンプに行ってきました!

それまでは、tent-Mark DESIGNSの焚き火タープシリーズがソロ用にいいのではと考えていましたが、最終的にウィングタープの方が色々と張り方をアレンジできかつ大きく、なんやかんやでファミリーキャンプでも使用できるかなと、タトンカタープを選んだわけです。

タトンカタープ3TCの初張りに早速、沖縄県北部東村にあるつつじエコパークにキャンプに行ってきました。

スポンサーリンク
もくじ

タトンカタープ

タトンカタープ1TC

Quotation: ナチュラム タトンカタープ1TC

ここ数年で爆発的に売れている、ポリコットンタープの代表格「タトンカタープ

タトンカタープとはドイツのタトンカ社ポリコットンタープで、コットンの風合いとポリエステルをバランス良く組み合わせた素材のタープになります。日本では株式会社エバニューが輸入代理店となります。

生地の比率がポリエステル65%、コットン35%のタープで、表面は撥水加工を施している為、撥水性が高く、通常のタープ生地とは違い焚火等の熱にも強い仕様となっています。(燃えないわけではありません。)

コットン独特の風合いは通気性や遮光性に優れており、暑い日でも涼しいキャンプを楽しむことができます。

タトンカタープには、4つの種類があります。

  • 1TC / 445×425cmのレクタタープ
  • 2TC / 300×285cmのレクタタープ
  • 3TC / 396×396cmのヘキサタープ(6角形ではないのですが)
  • 4TC / 400×285cmのレクタタープ

以上4つなのですが、3つが長方形のレクタタープになります。

タトンカタープ 3TC

タトンカタープ3TC-2

今回、私が購入したのは、3TCのヘキサタープ(どう見ても六角形ではないのだが…)になります。早速開封して張ってみました。

開封

タトンカタープ3TC

Webで色々な方のブログなどを見ていると、コクーンカラーというのが緑がかったベージュのように見えたり、またはカーキーっぽいカラーに見えたりと、見る人によって変わるのですが、晴天の下見たところ、個人的にはベージュに緑を若干混ぜたようなカラーに見えました。

tatonka-tarp-3tc3

中にはタープ本体とガイロープらしきもの(心もとないロープです)と、それ以外に説明書が入っているだけです。

tatonka-tarp-3tc4

それでは、早速アライの「コンパクトポール200cm」を使用して、張ってみました。

まずは、実際にタトンカタープ3TCを広げてみることに…

tatonka-tarp-3tc5

思っていたより大きく感じましたが、実際に張ってみたところ、このくらい影は欲しかったので、個人的にいいサイズだと思いました。

タトンカ3TC-7

美しく張るのには、コツが入りそうですね。シワが入りまくりです(^^;)

快速旅団 Simpleとタトンカタープ3TCの連結

tatonka-tarp-3tc11

今回タトンカタープを使用して試したかったのが、この快速旅団「Simple」との連結!

色々貼る前から試行錯誤しながら、様々なブログ等を拝見し連結アダプターなどを自作し、連結部分に使用してみました。

tatonka-tarp-3tc8

張り方としては、Simpleを張る際に連結アダプターをSimpleの頂点部分に乗せるような形で取り付け、Simpleから設営します。Simpleにポールを入れ立ち上げると上のような感じになります。

Simpleが立ち上がると、次にタトンカタープ3TCの反対側のポールを入れて立ち上げるとほぼ完成したも同然です!

あとはタトンカタープ3TCの左右の部分を広げてペグダウンし、Simpleとタトンカタープ3TCの細部を調整すれば完成です。

tatonka-tarp-3tc9

ベージュの快速旅団「Simple」と比較するとカラーは若干緑がかった感じがします。

この日は、貸し切り状態(本当に私一人)だったのである程度広々と張ればよかったのですが、今後の事も踏まえて左右はガイロープを使用せずに直接ペグダウンをしています。

プライバシーを守りつつ、そこそこ広く使用ができました。ただし、その分風の通り抜けが少なくなった気がします。

それでもいい感じでした。

tatonka-tarp-3tc12

横から見るとこんな感じ!

初めて連結させたにしては上等としておきましょう(笑)

あとがき

フォルムもかっこよくいい感じのタトンカタープ3TCですが、区画サイトで張るのは少々キツイかと思いました。

小さめの区画サイトの場合は、タトンカタープの2TC(300×285cm)の方がいいのではないかと思いました。

ただし、フリーサイトなどで張れる条件が揃うのならば、個人的には3TCをおすすめします

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする