買ってよかったキャンプ用品 こちら

【レビュー】使い勝手が最高!ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網

本ページはプロモーションが含まれています
ファイアグリルステンレスワイヤー網
出典: naturum ※ファイアグリル本体は別売です

キャンプを初めてすぐに購入したファイアグリル

使い勝手がよく、コストパフォーマンスに優れており耐久性も抜群ということで、ユニフレームのファイアグリルを購入したのですが、何年も使用していると気になるところが一つ出てきました。

それは何かというと、ファイアグリルについている

付属しているは、仕方がないことなのですが何度か使用していると、焦げなどがこびり付いてしまい、なかなか手入れが面倒でした。

交換用の網は以前1,000円もしなかったため、それでもよかったのですが、現在は価格が1,000円を超えるため消耗品として考えるには割高。

スペアリブ

特にキャンプでタレをぬりながら焼くスペアリブは、美味しいのですが焦げ付けやすいため、後片付けが結構面倒でした。

そこでワイヤーの網だと後片付けが少しでも楽かなと、ユニフレーム純正のファイアグリルヘビーロストルを購入しようかと思いましたが、ファイアグリルヘビーロストルだとスペアリブは焼けても、BBQなどのメニューの際にワイヤーの間隔が広すぎ、具材が下に落ちてしまうのではと感じ、他に代用できるものはないものかと探していました。

そしてナチュラムで、個人的にどストライクな商品を発見!

それが、これから紹介する「ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網」になります。

ファイヤグリル本体は別売です

PR
タップできるもくじ
PR
PR

ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網

ファイアグリルステンレスワイヤー網2
出典: naturum

個人的に探していたものは、

  • ステンレス製で錆びにくい
  • 焦げ付いてもたわしなどで洗いやすい
  • ワイヤー網で、網の間隔が狭くて具材が下に落ちにくい

というものでした。

それならヘビーロストルが一番近いのですが、前述の通りワイヤーの間隔が広いため具材が下に落ちるかなと…また、ダッチオーブンを所有していないので、個人的にはヘビーロストルが必要なかったというところで、ユニフレーム純正のファイアグリルヘビーロストルは却下しました。

しかし、このファイアグリル ステンレスワイヤー網は、私の探していたものにピッタリ!

ナチュラムの製品オススメコメントを見てみると、

超絶大人気のヘビーロストル。

ファイアグリルにセットするとお鍋はもちろんダッチオーブンクッキングも楽しめる優れもの。ファイアグリルの愛用者が絶賛するヘビーロストル。

しかし、あくまでもロストルなので、お鍋やダッチオーブンクッキングの時にしか使えない。

ロストルとしてはもちろん”焼網”として使えれば最高じゃないの!?

と、思ったMのわがままをまたまたユニフレームさんに叶えていただきました。

とあるため、ナチュラムのバイヤーMさんが考案したのだと思われます。

この商品は、私が探していたものに、ジャストミート!(古)

私の気持ちを代弁されたかのようで、気持ちが清々しいですw

そんな、ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網の仕様は以下の通りです。

仕様

ファイアグリルステンレスワイヤー網3
出典: naturum
サイズ約350mm×350mm
重量約825g
材質ステンレス鋼
ピッチ約10mm

ファイアグリル本体は別売です。ワイヤー網のみになります。

価格

¥2,080(税込)

2024年1月4日現在

特徴

ファイアグリルステンレスワイヤー網
デイキャンプにて

ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網の特徴は、以下の3点。

  • ステンレス製で錆びにくい
  • 焦げ付いてもたわしなどで洗いやすい
  • ワイヤー網で、網の間隔が狭くて具材が下に落ちにくい

それ以外には、ダッチオーブンやスキレットなどが置けるところです。

ワイヤー網の片側半分をスキレット、もう片側をBBQといったことが同時にできてしまいます。

あとは、ヘビーロストルよりも価格が安いというところです。

ヘビーロストルと比較

需要があるかわかりませんが、ユニフレーム純正のヘビーロストルと、このファイアグリル ステンレスワイヤー網の比較をしてみました。

 ファイアグリル
ステンレスワイヤー網
ヘビーロストル
サイズ約350mm×350mm約335mm×335mm
重量約825g約1.3kg
材質ステンレス鋼ステンレス鋼
網の本数34本(枠フレーム含めず)21本(枠フレームは含めず)

ヘビーロストルの方が少しサイズ的に小さくなっていますが、重いダッチオーブンを載せる架台になるべく、径5mmステンレス無垢棒が使用されているため、重量が約1.3kgと重くなっています。

ヘビーロストルを所有しておりませんので、概算になりますがピッチは約1.4〜1.5cmくらいになるのではと思われます。一方ファイアグリル ステンレスワイヤー網はピッチの発表値が1cmとなっているため、ヘビーロストルを網代わりに使用する場合よりも具材が下に落ちにくいかと思います。

素材は両方共ステンレス鋼のため、錆びにくくアウトドアに最適です。

以上のことから、個人的にはBBQや焼肉など焼き物メインでたまに小さいダッチオーブンやスキレットを使用するなら「ファイアグリル ステンレスワイヤー網」を、大きめのダッチオーブンをメインに使用する場合は「ヘビーロストル」を使用するのが最適ではないかと思いました。

あくまでも個人的意見です

あとがき

今回のナチュラムオリジナル ファイアグリル ワイヤー網を購入したのは、付属の網が焦げ付いて後片付けが面倒なのと、以前にウルトラコンパクトグリル用の網を、これまたユニフレーム純正のユニセラTG用ワイヤー網にしたことがきっかけです。

ニセラTG用ワイヤー網が思いのほか、後片付けの際に焦げをとるのが簡単だったので、きっとワイヤー網にすればファイアグリルの後片付けも楽になるだろうなと…

グリルステンレスワイヤー網2
デイキャンプにて

先日のデイキャンプでハンバーグを焼きましたが、スペアリブほど焦げ付きはしなかったものの、どうしても肉物のため焦げ付きはありましたが、たわしで擦るだけで焦げは落ちました。

自分が思った通りの製品だっただけに、久々にいい買い物をした感じですw

ファイアグリルを所有されていて、BBQなどの焼きをメインに使用される方に、ナチュラムオリジナル ファイアグリル ワイヤー網は使い勝手がいいのでオススメです

焚き火の関連記事

おすすめの関連記事

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ