PANDAタープ!tent-Mark DESIGNSよりPANDAテントとの連結ができるタープが登場!

9月後半にtent-Mark DESIGNSより告知のあった、PANDAテントと連結ができるタープ、その名も「PANDAタープ」が発売されました。

上の写真はPANDA CLASSICを2つ張り、PANDAタープと連結して設営されています。製品はタープのみです。テントは付属しません。
スポンサーリンク
もくじ

PANDAタープ

初めてみた時、ツインピルツ フォーク T/C?と一瞬思ったくらいです。よく見てみるとPANDA CLASSICを2つ張り、タープを連結させていることがわかりました。

PANDAにホワイトカラーが登場!tent-Mark DESIGNS PANDA CLASSIC
PANDAにホワイトカラーが登場!tent-Mark DESIGNS PANDA CLASSIC
PANDAのホワイトカラー「PANDA CLASSIC」の発売が決定したと、tent-Mark DESIGNSの公式Facebookで発表がありました!

タープをオープンにしたものを見ると、すぐにわかるのですがタープを閉じていると遠目にはわかりませんよね。

個人で2つのPANDAテントとタープを所持するとなると結構な金額になりますが、PANDAテントを持っている友人と一緒にキャンプに行く際など、連結させて楽しむことができますね。

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

サイズ 約300/200×350(幅)cm
収納サイズ Φ10×44cm
重量 約1,370g
素材 本体生地:40Dナイロンリップストップ
(表面シリコンコーティング加工裏面ポリウレタンコーティング加工)
ポール:アルミ二ウム合金
耐水圧 1,500mm
付属品 ポール2本、カラビナ、張綱、収納袋
使用上の注意:PANDAテントと本タープを連携させる際には、テントポールに別売りのスチールポールをご使用ください。テントに付属しているアルミポールをご使用の場合、曲がる恐れがあります。

と、のことでPANDAテントと連結させるためには、別途スチールボールが必要になるとのことです。

価格

¥9,900+ 税

2017年10月31日現在

カラー

PANDAタープには、PANDAテント同様にカラーが3種類あります。個人的に一番好みのホワイトカラーのCLASSIC

女性に人気のカラーレッド!

グリーンのアースカラーの3種類になります。

レッドのPANDAテント連結もカッコイイですね!

特徴

最大の特徴は、タイトルでも謳っています方にPANDAテントと連結ができるところではないでしょうか。

ただし注意書きにもありますように、PANDAテントと連結するには、別売のスチールポールが必要になります。

見た目からもわかりますように、綺麗にフィットしています。ただ気になったのが殆どの写真が、ポール以外の箇所を直接ペグダウンしているところです。

また、連結する箇所が少し気になりました。

見た感じ載せて、ガイロープで引っ張っているだけのようにも見えます。私の頭のように、ずれないものなのかが心配です(笑)

使用上の注意:PANDAテントと本タープを連携させる際には、テントポールに別売りのスチールポールをご使用ください。テントに付属しているアルミポールをご使用の場合、曲がる恐れがあります。

パンダ専用 スチールポール

PANDAテントとPANDAタープを連結するには、専用のスチールボールが必要になります。

価格

¥1,500+ 税

2017年10月31日現在

個人的にセット販売した方が良かったのでは?と思います。小さめのタープなので、連結される方が多いかなと思うので…

あとがき

実際に個人がPANDAテントを2つ所有するのは難しいと思いますが、PANDAテント仲間がいれば、ツインピルツのような感じの連結も夢ではありません。

PANDAテント×1と、PANDAタープの連結も広めの前室ができるため、ソロキャンプにあればきっと便利になることだと思います。

11月7日に発売のPANDA TCには、お揃いのPANDAタープの発表がされていませんが、現行のPANDAタープの売れ行きによっては、今後発売されるのではと勝手に憶測しています。

これだけマッチすると、PANDAテントとPANDAタープ欲しくなっちゃいますね!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする