テント・タープ

【トリアングロ】ogawaより開放感のあるA型テントが登場!2018 New Products

投稿日:

昨年末に2018 New Productsを発表したogawa

今年は、ベルテント「グロッケ12 T/C」、トンネル型テント「アポロン」など、様々なフォルムのテントが発売されます。

その中でもひときわ目立つのは、A型テント「トリアングロ」ではないでしょうか。

早速気になるので、調べてみました。

スポンサーリンク

トリアングロ

A型テントは、三角柱を横に寝かしたような形のテントで三角の屋根を持ち、「ロッジ型テント」の祖先でもあるテントです。

個人的には、どちらかといえばボーイスカウトなどで利用されているイメージがあります。

実際に、ogawa(キャンパルジャパン)でも野外教育用テントとして現在も販売されています。ここ最近は、ノルディスクのユドゥンの効果なのか、A型テントの需要が増えてきているように思えます。

そんなA型テントの老舗と言っても過言ではないogawaより、多彩な表情もつ大型天幕「トリアングロ」が登場します。

ただこのトリアングロは、ただのA型テントではありません。「フライ(F)」を装備した「FA型」のような感じのテントになります。しかもフライが大きめなので、寝室(A型テント)外に前室(タープ下のような感じ)が設けられるといったテントになります。

気なる仕様は以下の通りです。

仕様

使用時サイズ
(フライ使用時)
約410×530×(H)230cm
最大フライサイズ:535cm
収納サイズ 80×40×30cm
重量 総重量(付属品除く):12.9kg
フライ:3.5kg
インナーテント:5.2kg
ポール:4.2kg
素材  フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:T/C、ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:アルミφ34mm×2
フロントポール:アルミφ25mm
付属  張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

特徴

インナーテントの面によって素材が違う

インナーテント前面は快適なT/C素材、背面は防水性のあるポリエステルを使用など、面によって生地の素材を変えているところが最大の特徴かと思います。

また、インナーテントを外してタープとしても使用することができます。

ただインナーテント部分は通常のA型テントとは違い、センターにポールが入っておらず吊り下げ式(フライシートとバックルで接続)のため自立はしません。

取り外し可能なインナーグランドシート

インナーグランドシートが取り外し可能なため、土間で使用することもできます。

タープ下のシェルターみたいな感覚?なのかな…

開閉式パネル付きフライシート

フライシートに開閉式パネルが付いているので、風や雨の降り込みを軽減します。

価格

92,000円+税

2018年1月17日現在

発売時期

2018/2下旬入荷予定

2018年1月17日現在

情報

CAMPAL ONLINE STOREでは、会員向けに会員先行を開始しています。

あとがき

今年のogawaは、T/C幕に力を入れていますね!

カラーもベージュとブラウンで、落ち着いた印象を与えますね。

私の所有している「シュナーベル5」も今年のカラーだったら良かったのにな…と思ってしまう今日この頃です(笑)

記事下アドセンス

記事下アドセンス

ヴェレーロ5

まとめ記事

関連コンテンツ

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

-テント・タープ
-

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.