テント・タープ

【PANDA LIGHT】超軽い!人気のパンダテントに2kgを切ったライトバージョン登場!

PANDA LIGHT

Quotation: tent-Mark DESIGNS

バックパックにテントやクッカーを入れて、旅をしたいと思ったことありませんか?

そんな方には、人気のPANDA(パンダテント)のライトバージョン「PANDA LIGHT」をおすすめします!

なぜなら、リニューアルしたPANDA(パンダテント)よりも軽く、総重量が2kgを切った超軽いテントだから…

それでは、PANDA LIGHTを詳しく解説致します。

スポンサーリンク

PANDA LIGHT

まずPANDA(パンダテント)とは?

PANDA(パンダテント)とは?

オカモチや焚き火タープで有名なtent-Mark DESIGNSと、イラストレーター「こいしゆうか」さんのコラボで出来たテントで、「ソロキャンプ」はもちろん「トレッキング」や「島旅」「フェス」などでも気軽に持ってい行ける軽量テント

2019年に入り、通常のPADNA(パンダテント)がリニューアルされましたが、その後から新素材「VC素材」の「PANDA VC」が登場したりと、人気のあるシリーズです。

PANDA LIGHTは、元々軽量だったPANDA(パンダテント)を更に軽量にし、総重量が2kgを切ったという超軽量モデル。

バックパックで移動するキャンプや、フェス、旅行などで大いに活躍しそうです!

また個人的には、カラーがまたいい!廃盤になったグリーンも良かったですが、今回のグリーンの濃さが何とも言えない良さ。

一つ欲しくなってしまいます。

PANDA LIGHTの特徴

PANDA LIGHTの最大の特徴は、なんと言っても総重量が2kgを切ったというところではないでしょうか。

リニューアル後のPANDAの重量が(約)2.26kgと記載があり、そこから更に軽量化し水2リットルのペットボトルよりも軽いのですから、相当軽くなっています。

またインナーテントが縦・横どちらでも吊れるというところ。

その時の気分や、気温・日当たり、風の抜け方によって変更できるので、これは意外とありがたいですよね!

インナーの横側が開くのも、いい感じです!

あとインナーがオールメッシュで、かなり通気性が良さそうなところです。

PANDA LIGHTの仕様

使用時サイズ(約)2,400×2,400×1,500(高)mm
インナーサイズ(約)2,200×1,000×1,350(高)mm
収納サイズ(約)520×140mm
重量総重量: (約)1.94kg(ペグ/張り綱/収納ケース含む)
本体重量: (約)1.55kg(フライ/インナー/ポール)
素材フライシート:リップストップナイロン20D(PUシリコンコーティング)
インナーウォール:メッシュ
インナーボトム:リップストップナイロン20D(PUシリコンコーティング)
耐水圧フライシート:1,500mm
インナーボトム :1,500mm
付属品ポール×1、ペグ×12、張り綱×4、収納ケース

PANDA LIGHTの価格

¥22,800+ 税

2019年10月10日現在

あとがき

このカラーに心奪われた方も多いかと思います。

私もその一人です。

カラーといい、軽さといい、価格といいノックアウト気味です。

素材にリップストップを使用していることから、もう少し価格が上がるかと思っていましたので、いい意味で意外でした。

私が気になっているテントや焚火台もまだ未発表ですし、2019年後半もtent-Mark DESIGNSから目が離せません!

パンダ VC TOP
【PANDA VC】人気のワンポールテント パンダに新素材VCバージョン登場!

続きを見る

PANDA TC
【PANDA TC】人気のワンポールテントパンダにTCバージョンが登場!tent-Mark DESIGNS

続きを見る

simple
快速旅団 Simple ベージュ初張り!あっという間に設営できます

続きを見る

この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-, ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ