コールマン2017年新製品 ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡを調査

コールマン「ウェザーマスターシリーズ」より、2017年新商品が発売されましたが、虫の苦手な方に朗報です!スクリーンタープが新たに追加になりました。

以前からある「ウェザーマスター スクリーンタープ/400」とは、形状の異なるスクリーンタープになります。

今回はその「ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ」を徹底調査してみたいと思います。

スポンサーリンク
もくじ

ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ

今までのコールマンのスクリーンタープとは、フレーム構造が異なります。「H型」フレームにサイドを補強したフレーム構造になっています。風に強そうな構造かと思われます。

仕様

  • 使用時サイズ:約460×460×225(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ31×77cm
  • 重量:約21.5kg
  • 材質:
    • [フライ]75Dポリエステルタフタ(UVPRO、テフロン撥水、シームシール、遮光PU防水)耐水圧3,000㎜
    • [ポール]メイン/アルミ合金約φ17.5mm リッジ(シルバー/レッド)/アルミ合金約φ12.8mm リッジ(シルバー)/アルミ合金約φ12.8mm キャノピー/スチール約φ19mm
  • 付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース

特長

一見通常のスクリーンタープのようですが、色々と特長があります。

ハーフオープンフラップ

通常のスクリーンタープと同じく4面フルクローズおよび、フルオープンだけでなく、メッシュの通気性とプライベート空間を両立した「ハーフオープンフラップ」が可能です。

今までありそうでなかったものではないでしょうか。

日差しがキツい真夏などにも使えそうな気がして、意外と便利そうです。

連結用フラップを標準装備

左右の2ヶ所のジョイントフラップでグループキャンプの際の連結にも大活躍します。また、2家族が一緒に過ごせるリビングはラージサイズ。

こうしてウェザーマスターシリーズのテントを2つ連結させると、壮観な光景ですね!

また、同じく発売された「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」も連結することができます。

先日お伝えしましたように、ウェザーマスター4S T.P.クレスト自体も通常のモノポール(ワンポール)テントとは違い、フロントポールとリアポールで広い空間を実現しているため、連結をさせるとより一層快適に過ごせるのではないでしょうか。

コールマン2017年新製品 ウェザーマスター4S T.P.クレストを調査
コールマン2017年新製品 ウェザーマスター4S T.P.クレストを調査
コールマン2017年新製品「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」の詳細情報が発表されましたので、徹底調査してみました。

それ以外に複数のベンチレーションがあります。

複数のベンチレーション

 タープ内の空気を循環させるために、複数のベンチレーションが備え付けられています。四隅の上部に付いている逆三角形型のベンチレーションはもとより、庇部分の下に設けられたベンチレーションまであります。

これは雨が降った際などに便利ではないでしょうか。

価格

¥108,000(税込)

Coleman Online Shopにて、2016年12月2日現在の価格になります。
ご購入時は必ずお確かめ下さい。

あとがき

グループキャンプなどでかなり活躍しそうなスクリーンタープだと思いました。

タープのため、インナーテントなどは付属していませんので、コットやレジャーシートを敷いたりしないと単体では横になることはできません。

「虫は嫌いだけどキャンプに行きたい」という方や、グループキャンプを予定されている方は、選択の一つとしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする