買ってよかったキャンプ用品 こちら

【Lighthouse Micro Chargeレビュー】GOAL ZERO モバイルバッテリー機能付きLEDランタン

本ページはプロモーションが含まれています
Lighthouse Micro Charge TOP

コンパクトなLEDランタンとして、大人気中のGOAL ZERO(ゴールゼロ)の「Lighthouse Micro」シリーズ。

Lighthouse Micro」と、懐中電灯のフラッシュモードが備わった「Lighthouse Micro Flash」の2種類が販売されていましたが、この度スマホの充電ができるモバイルバッテリー機能が付いた「Lighthouse Micro Charge(ライトハウスマイクロチャージ)」をアメリカのAmazonで発見!

2020年6月29日当時

現在、日本では未発売のモデルですが、アメリカのAmazon.comで購入することができましたので、もう一つ所有している「Lighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)」との比較を交えながらレビュー致します。

何よりも先に比較を見たい方はこちらからどうぞ!

現在は、日本でも発売されています。

2020年7月7日現在

PR
タップできるもくじ
PR
PR

Goal Zero(ゴールゼロ)とは?

今回ご紹介するLighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ) は、GOAL ZERO(ゴールゼロ)というブランドより、発売されています。

GOAL ZEROとは

2008年に米国ユタ州で設立されたブランドで、環境にやさしく、品質やデザイン、使いやすさなどにこだわった、高性能かつポータブルで拡張性が高いソーラー発電システムを開発しています。アウトドア、キャンプユーザーだけでなく、外出先でのバッテリ充電に最適な製品を提供しているブランド。

LEDランタンだけでなく、ソーラーパネルやポータブル電源など様々な商品を手がけるブランドです。

日本では株式会社アスクさんが、国内正規代理店として取扱いしています。

Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ)

Lighthouse Micro Charge-11

Lighthouse Micro Charge(ライトハウスマイクロチャージ)は、非常にコンパクトな手のひらサイズの、スマホなどの充電ができるモバイルバッテリーの機能を併せ持ったLEDランタンです。

現行で販売のある、Lighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)と何が変わったのかを比較しつつレビュー致します。

まずは開封から。

開封

Lighthouse Micro Charge

上記パッケージで販売されています。

「TRY ME」という箇所に電源ボタンがあり、店頭ではデモモードを試すことができます。

Lighthouse Micro Charge-4

箱を開けると、GOAL ZERO純正のカラビナと本体のみで、特に説明書などは付属していません。

筆者が所有するものは、アメリカのAmazonで購入したもののため、現在日本で販売されているものに、カラビナが付属しているかは不明です。

Lighthouse Micro Charge-2

箱の裏面が説明書のような扱いなのかな…

注意事項

工場出荷時にデモモードが設定されているため、その状態で電源を入れて使用すると、「フラッシュモード」「ハイモード」「ローモード」の順に約10秒点灯後に消灯します。

そのため使用前に、下記の方法でデモモードの解除が必要になります。

デモモード解除方法
  • USBで一度充電を行うことでデモモードが解除されます

使用方法

Lighthouse Micro Charge-23

画像上のライトグリーン部分がON/OFFスイッチで、こちらを押すことでモードの切り替えができます。

また各モードでON/OFFボタンの長押しで、輝度調節が可能。

3つの点灯モード

Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ)には、点灯モードが3つあります。

3つの点灯モード
  • フラッシュモード
  • ハイモード
  • ローモード

電源ボタンを押すと下記のように次のモードへ移る仕様。

OFF → フラッシュモード → ハイモード → ローモード → OFF

各モードを見ていきます。

フラッシュモード

Lighthouse Micro Charge-フラッシュモードハイ
フラッシュモード ハイ
Lighthouse Micro Charge-フラッシュモードロー
フラッシュモード ロー

電源ボタンを1回押すとフラッシュモード。

フラッシュモードはいわゆる懐中電灯のようなモードで、ハイにすると120ルーメンとそこそこ明るいです。

ON/OFFボタンの長押しで、輝度調節が可能なので、キャンプで夜中トイレに行く祭の足元灯として使えそうですね。

ハイモード

Lighthouse Micro Charge-ハイモードハイ
ハイモード ハイ
Lighthouse Micro Charge-ハイモードロー
ハイモード ロー

電源ボタンを2回押すとハイモード。

個人的に一番使用するのが、このハイモードです。

Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ)には、4つのLEDが装備されており、4つともつくのがこのモード。

フラッシュモードの次はこのモードになります。

最大の明るさは150ルーメンあり、ソロ用のドームテントであれば1つ、ギギ1くらいのサイズであれば2〜3つあれば、個人的には十分だと思いました。

明るく感じるかは個人差があるため、明るいのが好みの方にはルーメナー2などのLEDランタンをオススメします。

ローモード

Lighthouse Micro Charge-ローモードハイ
ローモード ハイ
Lighthouse Micro Charge-Lighthouse Micro Charge-ローモードロー
ローモード ロー

電源ボタンを3回押すとローモード。

ローモードは4つ中2つのLEDがつくモード。

Lighthouse Micro Charge-ローモードロー2

ひっくり返すとわかりやすいのですが、片側だけが点灯しているのがわかるかと思います。

「どうせならクロス(対角)につけば良かったのに…」と思いましたが、明るさは最大で、75ルーメンあります。

各モードの点灯時間目安と明るさ目安

また各モード、点灯時間目安と明るさ目安は以下の通り。

モードと輝度調整点灯時間目安明るさ目安 
ランタンローモード(最小時)170時間10ルーメン
ランタンローモード(最大時)15時間記載なし
(フラッシュ75ルーメン)
ランタンハイモード(最小時)80時間記載なし
(フラッシュ20ルーメン)
ランタンハイモード(最大時)7時間150ルーメン
フラッシュライト(最小時)100時間20ルーメン
フラッシュライト(最大時)8.5時間120ルーメン
フル充電時

記載のなかったところがありますが、その他がLighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)と同じのため、同じではないかと予想されます。

バッテリー残量

Lighthouse Micro Charge-24

バッテリーの残量は、Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ)のフラッシュライト面(本体上部)の青いLEDランプでバッテリーの残量がわかります。

  • 4つ:100%
  • 3つ:75%
  • 2つ:50%
  • 1つ:25%

特徴

Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ)には様々な特徴があり、その中から私がいいと思った特徴をピックアップしました。

  • 充電時間が短い
  • コンパクトで軽量
  • 長時間使用できる
  • 価格が手頃
  • USBコネクタが様々な角度になる
  • スマホなどが充電できる

それぞれを見ていきます。

充電時間が短い

付属のUSBコネクタにUSB電源タップや、USBのポータブル電源を挿して充電する場合約3.5時間。

別売のNomad 7ソーラーパネルで充電した場合約3.5時間と、他ブランドのLEDに比べて充電時間が短いのが特徴。

コンパクトで軽量

Lighthouse Micro Charge-手のひらサイズ

長さが変更になり伸びましたが、手のひらサイズで収まります。

Lighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)に比べると重くはなっていますが、87gとまだ100gを切っているため、かなり軽量です。

長時間使用できる

点灯時間目安のように、モードや輝度調整にもよりますが、ランタンローモード(輝度最小時)に最高約170時間と長時間使用できます。

かなり暗いですが…

価格が手頃

アメリカのAmazonで購入したため、参考になるかはわかりませんが、購入した際のレートで送料込みで¥3,907だったので、かなり手頃な価格でした。

日本で販売される場合、価格が異なると思いますのでご了承下さい。

USBコネクタが様々な角度になる

Lighthouse Micro Charge-14
Lighthouse Micro Charge-15

本体下部に装備しているUSBコネクタが様々な角度(最大180°可動)になるため、充電時にかなり便利です。

電源タップやポータブル電源のUSBポートの場所によって、90°や180°など角度を変化させて充電できます。

ただ個体によってはかなり柔らかい(角度が固定しづらい)ものがあります。

スマホなどが充電できる

Lighthouse Micro Charge-6

本体下部に出力用のUSBが装備されています。

USBは、USB-Aタイプでケーブルは付属しないため別途必要になりますが、お持ちのスマホなどの充電ケーブルがUSB-Aタイプであれば、使用できます。

Lighthouse Micro Charge-9
Lighthouse Micro Charge-10

スマホを充電すると写真が取れないので、Amazon Fireタブレットを充電してみました。

非常の際に充電ができるため、あると便利です!

仕様

サイズ約112 x 37.75mm
明るさ(ランタン)最大150ルーメン
明るさ(フラッシュ)最大120ルーメン
重量87g
フラッシュ機能
バッテリー種類Li-ion NMC(リチウムイオン電池)
バッテリー容量9.62Wh(3.7V、2600mAh)
連続使用時間7~170時間
充電時間の目安約3.5時間(USB充電時)
約3.5時間(Nomad 7ソーラーパネル)
ポートUSBポート(入力):5V、最大1A(最大5W)
USBポート(出力):5V、最大1A(最大5W)
規格IPX6

価格

2023年6月より、日本でも発売が開始されました。

オープンプライス

2023年7月7日現在、Amazon参考価格:¥5,100

筆者がAmazon.comで購入した際の価格が

$29.95 + 送料$5.89 = $35.84(¥3,907)

2020年6月19日購入時のドル・円価格

Lighthouse Micro Flashと仕様比較

Lighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)と比較してました。

 Lighthouse Micro Charge
ライトハウスマイクロチャージ
Lighthouse Micro Flash
ライトハウスマイクロフラッシュ
サイズ約112 x 37.75mm約93×37.75mm
明るさ最大150ルーメン最大150ルーメン
重量約87g約68g
フラッシュ機能
バッテリー種類Li-ion NMC(リチウムイオン電池)リチウムイオン電池
バッテリー容量9.62Wh(3.7V、2600mAh)9.62Wh(3.7V、2600mAh)
連続使用時間7~170時間7~170時間
充電時間の目安約3.5時間(USB充電時)
約3.5時間(Nomad 7ソーラーパネル)
約3.5時間(USB充電時)
約3.5時間(Nomad 7ソーラーパネル)
ポートUSBポート(入力):5V、最大1A(最大5W)
USBポート(出力):5V、最大1A(最大5W)
USBポート×1 (最大5W(5V、1A))
規格IPX6IPX6
価格$29.95¥4,290(税込)
2020年6月19日現在

と長さと重量、USB出力ポートが追加された以外は同じです。

Lighthouse Micro Flashとサイズ比較

Lighthouse Micro Charge-12

仕様比較で長さの差が19mmと約2cmしか伸びていませんが、個人的にはかなり伸びた感じがしました。

実際にLighthouse Micro Flash(ライトハウスマイクロフラッシュ)と比べてみたところ、上記画像のような感じになります。

これを良しとするかは、個人差があると思います。

Lighthouse Micro Charge に神フィットするランプシェード

Lighthouse Micro Charge-26

以前にもご紹介しましたが、Lighthouse Micro Charge(ライトハウスマイクロチャージ) に神フィットするランプシェードが、エスニック雑貨店のマライカの「ランプシェードS

一見、どこにでもありそうな普通のランプシェードが、あら不思議…

Lighthouse Micro Charge-27

いい感じに下へ明かりを落としてくれます。

ポータブル電源を併用すればもっと便利に!

Jackery ポータブル電源400 12V蓋替わり

1泊であれば、ランタンハイモード(輝度調節最大時)でも7時間もつため充電は必要ないかもしれませんが、2泊・3泊など連泊のキャンプだと充電は必要になります。

屋外でも充電ができるポータブル電源を併用すれば、長期キャンプがもっと便利になるため、おすすめです!

Lighthouse Micro Charge あとがき

コンパクトで、モバイルバッテリーとしても使えるLEDランタン「Lighthouse Micro Charge (ライトハウスマイクロチャージ) 」

コスパの高いランタンです。

それ故に、現在Lighthouse Micro(ライトハウスマイクロ)シリーズがコロナの影響もあって、在庫が少なく高騰している場合があります。

お手頃な価格のLEDランタンのため、「1人に1台」あってもいいのではないかと思うくらい、便利なランタンです。

あわせて読みたい
【Lighthouse Micro Flashレビュー】GOAL ZERO(ゴールゼロ)の超コンパクトなLEDランタン ソロキャンプやUL(ウルトラライト)ユーザーの方におすすめの超コンパクトで超軽量なランタン、ゴールゼロ「Lighthouse Micro Flash」をご紹介します。
あわせて読みたい
【2024年】災害時にも役立つLEDランタンおすすめ7選と選ぶポイント7つ! 災害時も役に立つLEDランタン。7つの選ぶポイントと、私がおすすめするLEDランタンをご紹介します。
あわせて読みたい
明るい充電式LEDランタン「ルーメナー2 」!キャンプにおすすめです! コンパクトなのに、とても明るいと評判の充電式LEDランタン「ルーメナー2(LUMENAⅡ)」のレビューです!
あわせて読みたい
【レビュー】ベアボーンズリビング ビーコンライトLEDがかなりいい!私のLED概念が変わりました! 私のLED概念を変えてくれた、ベアボーンズ社 ビーコンライトLEDのファーストインプレッションをレビューします。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ