PRIMUS IP-2245A プリムス小型ランタン

ip2245a-3

ガスランタン、ガソリンランタン、ケロシンランタン、LEDランタンと様々なランタンがある中、皆さんはどのようなランタンをお使いでしょうか?

扱いやすさや、コスト面も考えたりすると、いろいろと悩むところだと思います。

私は初めて購入したランタンは、キャンプの「キの字」も知らない時に、かなり小さめのLEDでした。夕食を作る際に暗すぎて、結局ガソリンランタンか、ガスランタンを購入することにしたのですが、そこで悩んだあげくガスランタンにしました。

ガスランタンにした理由は、きっとガソリンだと炎上しそうな気がして…(^^;)

そこで初めて手にしたガスランタンが、このプリムス(PRIMUS)  IP-2245Aでした。

スポンサーリンク
もくじ

PRIMUS(プリムス)

1892年のスウェーデンで生まれた「PRIMUS」ストーブから歴史がはじまる燃焼器具メーカー。この「PRIMUS」は、当時ストーブ(こんろ)の燃料として使われていたパラフィンに圧力を加えガス化して、すすを出さないという画期的なものでした。プリムスブランドのこんろはアムンゼンの南極大陸横断やヒラリーとテンジンのエベレスト登頂などの歴史的偉業に携行されました。長い歴史を持つPRIMUS社は屋外用燃焼器具の専門メーカーとして歩み続け、世界中の多様なユーザーの要望に応えています。

via : イワタニプリムス

北欧のスウェーデンにあり、100年以上も続いているメーカーです。

日本では、カセットコンロで有名な「Iwatani(イワタニ)」が、PURIMUSとの合弁会社「イワタニ・プリムス株式会社」を1985年に設立し、現在に至っています。

IP-2245A

ip2245a-2

現行のプリムス製品で世代を変えながら、ロングセールを続けるランタンです。
ガスランタンの定番と言われているランタンです。

何がいいのかと言われると難しいのですが、小振りながらもなんとなく安心感があり、ファミリーキャンプではテーブルランタン、ソロキャンプであればメインランタンにもできるランタンで、様々なシーンで活躍してくれる、使い勝手がかなりいいランタンです。

あと個人的には、何となく形がいいですね。

私が持っているIP-2245Aは現行の機種ではなく、一世代前の機種になります。
故に、Yahooオークションにて落札しました。

現行機種ではないので、少し現在のスペックとは違うかも知れませんが、思ったよりも明るかったです。

スペック

現行のIP-2245A-Sのスペックは以下の通りになります。

収納サイズ 8.3×8.3×12.7cm
本体重量 200g
照度 約370ルクス(Tガス使用時)
ガス消費量 30g/h
燃焼時間 約8時間(IP-250タイプガス使用時)
使用マントル IP-8052N(マントルA)
圧電点火装置
価格 ¥10,500(税抜)

ガス消費量も適度で、特に燃費は悪くないです。

ホヤを交換

元々IP-2245Aについているホヤはスリガラスのタイプで、白っぽくなって中のマントルが見えないようになっています。

スリガラスのため光が柔らかい感じがしますが、クリアホヤのランタンよりも少しだけ暗い気がします。

現在プリムスからクリアホヤたるものは出ていませんが、実はスノーピークの「ギガパワー2WAYランタン用グローブ」が、IP-2245に装着できると教えていただき、現在私のIP-2245Aはクリアホヤにしています。

ip2245a-4

ギガパワー2WAYランタン用グローブはMade in Germanyです。

中身はこんな感じです

ip2245a-5

埃は少し目立ちますが、クリアホヤいいですね!

実際にIP-2245Aにクリアホヤを装着したところです。

ip2245a-6

一気に味が出たような気がします。
クリアホヤだと中身が見えますが、それが逆にいいんです!

ほんとクリアホヤに交換して良かったと個人的に思います。

ip2245a

個人的に、PRIMUSのEX-3230Sというランタンのクリアホヤが大好きなので、似ていていい感じです!

まとめ

ロングセーラーには、やはりそれなりの理由がありますね。
形といい、使いやすさといい。

メーカーより純正が出ているわけではありませんが、クリアホヤを交換すると更に雰囲気をいい感じにしてくれます。少々小ぶりですが、定番で明るくて使いやすいランタンになります。

メインランタンを買う前に、是非IP-2245Aのようなテーブルランタンを買われることを個人的におすすめします!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする