キャプテンスタッグ「大型火消しつぼ 火起し器セット」は何かと便利ですよ

火消しつぼ 火起し器セット

昔、小学生の時に林間学校で新聞紙から炭に着火する方法を学んだことを思い出し、初キャンプの際に試してみて、炭になかなか着火しなくてイライラした経験はありませんか?

上記は私の経験なのですが…w

そんな時に出会ったのが、キャプテンスタッグの「大型火消しつぼ 火起し器セット」でした!
こんなに楽に着火ができるのなら、もっと前に買えばよかったと思ったアイテムの一つです。

スポンサーリンク
もくじ

大型火消しつぼ 火起し器セット

各メーカー様々なチャコスタ(チャコールスターター/火起こし器)を発売されていますが、その中でこのキャプテンスタッグの「大型火消しつぼ 火起し器セット」を選んだには理由があります。

購入理由

購入したのには理由があります。大きく分けると3つありまして…

価格

1に価格!2に価格!3・4が無くて、5に価格!ぐらい価格が安かったです。

現在アマゾンだと3,863円、ナチュラムで3,980円で販売されています。
※2016年7月7日現在

キャプテンスタッグの小売価格が8,000円なので、約半額になっています。
※元々小売価格より値下げて販売されていることが多い

私が購入した頃は、アマゾンで3,300円くらいでした。

火消しつぼ

上記の価格よりも一番重要視したのは、火消しつぼの機能も付いているということでした。

一番最初は、火起こし器だけ購入しようと思っていたのですが、考えてみるとうちの家族が炭を使用する際は、大抵の確率で炭が残ります。これを毎回捨てていたらもったいないと思ったのと、食事後や寝る前に速やかに消したい時に水を掛けずに消すことができるところに惹かれました。

翌日に使用する際にすぐに再利用ができるところも便利です。

最大の理由

火消しつぼの中に火起こし器が入れれるという構造に惹かれました。

折りたたみのできるチャコスタと火消しつぼを購入するという選択肢もありましたが、「大型火消しつぼ 火起し器セット」よりもかさばってしまうのと、価格もその分高くなってしまいます。

それ故、両方兼ね備えている「大型火消しつぼ 火起し器セット」を購入するに至りました。

内容

火消しつぼ火起こし器セット2

箱にもありますように、火起こし器で起こした炭を、火消しつぼで消火し、再利用ができる優れものです。

火起こし器

火消しつぼ火起こし器セット4

火消しつぼの中に火起こし器が入っているのですが、なんら通常のチャコスタと変わりはありません。

ファイアグリルなどに炭を入れた火起こし器を設置し、火起こし器の下に新聞紙や着火材を置き火を着け、あとは待つだけで炭に火が着きます。

ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
様々な焚き火台やBBQグリルがあるなか、ユニフレームの「ファイアグリル」が、選ばれるには理由があります。

また、ファイアグリル等が無い場合でも、上の写真のように火消しつぼのフタを利用して着火することが出来ます。これは便利な点です。

火消しつぼ

写真で見てわかるように、火消しつぼの中には火起こし器が入った状態で炭を入れます。

そうすることによって、次回炭を起こす際に便利です。

その他

火消しつぼ火起し器セット6

その他はスタンドが付属しています。

このスタンドは便利で、火起こし器利用の際や、火消しつぼ利用の際も使用ができ、炭の熱を直接地面に伝わらないようになっています。

自然への配慮がされたスタンドと言えるでしょう。

まとめ

本当はこんな感じに炭に火を入れることが出来たらいいのですが…

こんなことができない私は、「大型火消しつぼ 火起し器セット」をかなり重宝しています。

もし、チャコスタだけでなく、火消しつぼの購入を考えてらっしゃる方には、かなり重宝するアイテムかと思います。

是非、購入を検討されている方に、おすすめしたい一品です。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする