テント・タープ

ALBERGUE アルベルゲ|ミニマルワークスの広々としたトンネルテントが日本上陸!

「V HOUSE L」や「ジャックシェルタープラス」「シェルターG」など、日本ではあまり見たことのない形状のテントが人気を博している、韓国のアウトドアブランド「MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)」。

そのミニマルワークスが手掛ける、広々とした余裕ある空間を作り出すトンネルテント「ALBERGUE(アルベルゲ)」が満を持して日本に上陸です!

それでは、「ALBERGUE(アルベルゲ)」とは、どのようなテントなのかご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)とは?

ミニマルワークスとは?

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)は、韓国のJD OUTDOORがロンチしたミニマルキャンプ、バックパッキング用品専門ブランドで、ブランド名は「MINIMAL+WORKS」の合成語からきており、「シンプルで最適化されたギアでアウトドア活動をする。」という意味になります。

アウトドア活動でユーザーにもっと多くの時間や、 ゆったりとリラックスして過ごせるように、簡単でコンパクトで軽いギアが作られています。

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)の日本総代理店は、UNBY株式会社(unby.jp)で「UNBY GENERAL GOODS STORE」などで販売されています。

スポンサーリンク

ALBERGUE(アルベルゲ) |MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)

様々な独自形状のテントやシェルターを販売する「MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)」の、広々とした余裕のある空間を作り出すトンネルテントが、今回ご紹介する「ALBERGUE(アルベルゲ)」。

ALBERGUEとは、スペイン語でホステルを意味しグループキャンプなど大人数で共有するところからきているのではないかと推測します。

ALBERGUE(アルベルゲ)は、サイズ650×340×210cmとかなり広々としていますが、前後の入り口は「アポロン」のように垂直ではなく、「レイサ」のようにくちばし状になっているため、少々デッド・ゾーンが発生しますが、フォルムは非常に美しいです。

それでは、アルベルゲの特徴を見ていきます。

ALBERGUE(アルベルゲ) 7つの特徴

ALBERGUE(アルベルゲ)には、7つの特徴があります。

  • きれいな曲線のトンネルテント
  • クローズ・メッシュにできるワイドドア
  • ベンチレーションが多数ある
  • 吊り下げ式インナーテント
  • ブラックピグメントコーティングされたルーフフライ
  • 細部までこだわったディテール
  • 耐久性のある専用カバン

それぞれを見ていきます。

きれいな曲線のトンネルテント

ALBERGUE(アルベルゲ)は、非常に美しい曲線をした収容人数4〜6名が想定されたトンネルテントです。

クローズ・メッシュにできるワイドドア

ALBERGUE(アルベルゲ)の前面と後面のワイドドアは、クローズまたはメッシュにでき、側面には必要に応じて窓にもできる4つのドアがあります。

ベンチレーションが多数ある

ALBERGUE(アルベルゲ)は、快適な使用ができるよう、前面・後面・側面に「メッシュベンチレーション」を装備。

換気・結露を最小限に抑えられるため、快適に過ごせます。

吊り下げ式インナーテント

ALBERGUE(アルベルゲ)のインナーテントは吊り下げ式のため、簡単に設置することができます。

インナーテントの設置時は、リビングと寝室の空間を区分けできます。

またインナーテントを外して、シェルターとしても使用が可能です。

ブラックピグメントコーティングされたルーフフライ

ALBERGUE(アルベルゲ)にはルーフフライが付属しており、ブラックピグメントコーティングが施されたルーフフライは、遮光効果を高め雨天時には雨の侵入を防ぐ効果もあります。

細部までこだわったディテール

一部の画像に、日本では発売されていないトロピカルカラーが混じっています。

ハトメよりも安定した固定が可能な、ミニマルワークス自社製作のポールジューズなど、非常に細部までこだわって作られていることがわかります。

耐久性のある専用カバン

ALBERGUE(アルベルゲ)には、保管・収納の利便性を求めた専用カバンが付属します。

すべての付属品が収納でき、汚れにも強く、POLY 600Dの生地を採用しているため、耐久性も高い専用カバンとなります。

ALBERGUE(アルベルゲ) カラー

ALBERGUE(アルベルゲ)のカラーは、以下の3種類。

  • Olive(オリーブ)
  • Tan(タン)
  • トロピカル

2022年9月21日現在

ALBERGUE(アルベルゲ) 仕様と設営方法

使用時サイズ650×340×210cm
インナーサイズ300×240×190cm
収納時サイズ25×75cm収納時
重量16kg
材質スキン:Poly 75d Ripstop PU/WR 2,000mm
インナーテント:TC
ルーフフライ:Poly 75D Blacktoner
ポール:ジュラルミン
収納バッグ:Poly 600D
セット内容スキン、インナーテント、ルーフフライ、ポール4pcs
ストリング12pcs、ペグ20pcs、専用バッグ

ALBERGUE(アルベルゲ) 価格

¥187,000(税込)

2022年9月21日現在

ALBERGUE(アルベルゲ) |MINIMAL WORKS(ミニマルワークス) あとがき

現在なら、まずキャンプ場で人と被ることのないテントの一つだと思います。

見た目の美しさはもちろんのこと、広々とした空間を楽しむことができるため、グループやファミリー人数向けのトンネルテントを検討されている方は、是非候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

関連記事
トンネル型テント14選
【2022年】トンネル型テント14選!快適な空間でキャンプを楽しみませんか!

続きを見る

関連記事
アポロンS TOP
【アポロンS】造形と剛性を受け継いだコンパクトサイズのアポロンが登場!

続きを見る

関連記事
アルニカTOP
【アルニカ】サバティカルより開放的なトンネル型テントが登場!

続きを見る

その他 トンネルテントへはこちらからどうぞ

トンネルテントへ

気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-,

もくじ