テント・タープ

【アポロンS】造形と剛性を受け継いだコンパクトサイズのアポロンが登場!

アポロンS TOP

出典: CAMPAL JAPAN

ogawaのトンネルテント「アポロン」にコンパクトサイズが登場です。

その名も「アポロンS」と、ド直球な名称です。

造形と剛性をそのまま受け継いだ、コンパクトサイズのアポロンで、機能面も充実しています。

それでは、通常サイズのアポロンとも比較をしながら、アポロンSの特徴などをご紹介します。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

アポロンS / ogawa

アポロンS
出典: CAMPAL JAPAN

ogawaの大人気トンネル型テント「アポロン」を、デュオキャンプなどの少人数向けにサイズダウンしたのが、今回ご紹介する「アポロンS」

前後の入り口に庇があり、また前後のパネルがほぼ垂直なため、テント内は端ギリギリまで有効に活用することができる特徴のあるテントです。

早速アポロンSの特徴から見ていきます。

アポロンS 特徴

筆者が感じたアポロンSの特徴は、以下の通り。

  • フルメッシュできる
  • フルオープンできる
  • サイドパネルをキャノピーできる
  • ルーフフライが付属している
  • 前後どちらにも取り付け可能なインナーテント

フルメッシュできる

アポロンS-3
出典: CAMPAL JAPAN

個人的にアポロン同様、一番の特徴だと思うのがフルメッシュできるところ。

画層の通り、前面、後面、側面の至るところがメッシュにでき、高温多湿の日本の気候に、柔軟に対応できます。

特に夏場は、フルメッシュにすることで虫の侵入を軽減でき、まるでスクリーンタープのようにも使えて、風の通り抜けも期待できます。

もちろん冬場はフルクローズすることもできます。

フルオープンできる

アポロンS-4
出典: CAMPAL JAPAN

またメッシュになる全てのパネルを、フルオープンすることもできます。

フルオープンすることで、夏場は快適に過ごせそうです。

サイドパネルをキャノピーできる

アポロンS-2
出典: CAMPAL JAPAN

別売ですが、キャノピーポールを使用して、サイドパネルをキャノピーすることが可能。

キャノピーをすることで、影の範囲を広げることができるため、快適な空間が広がります。

ルーフフライが付属している

アポロンS 8
出典: CAMPAL JAPAN

アポロンSには標準でルーフフライが付属しています。

幕体の紫外線劣化や遮光性の向上、結露の軽減に貢献だけでなく、雨天時には上手く雨を逃してくれます。

前後どちらにも取り付け可能なインナーテント

アポロンS 6
出典: CAMPAL JAPAN
アポロンS 7
出典: CAMPAL JAPAN

付属しているインナーテントは、テントの前後どちらにでも取り付けが可能。

吊り下げ式のため、簡単にインナーテントを設営できます。

これはいつも思いますが、本当に便利です!

アポロンS 仕様

アポロンS-仕様
出典: CAMPAL JAPAN
使用時サイズ(最大値)440×255×182cm
収納時サイズ70x32x32cm
重量総重量:約15.95kg
フライ:約6.0kg
インナー:約2.0kg
ルーフフライ:約0.6kg
ポール:約4.6kg
付属品:約2.75kg
材質フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金(φ16mm、φ14.5mm、φ13mm)
付属品張り綱1.5m×6本・3m×10本、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×22本、収納袋

アポロンS 価格

¥121,000(税込)

2022年3月11日現在

アポロンS 販売予定時期

Amazonによると、2022年3月31日発売予定。

2022年3月11日現在

アポロンとアポロンSとの比較

通常サイズのアポロンと、アポロンSを比較してみました。

まずは仕様から。

アポロンSアポロン
使用時サイズ(最大値)440×255×182cm585×320×205cm
収納時サイズ70x32x32cm80×45×35cm
重量総重量:約15.95kg
フライ:約6.0kg
インナー:約2.0kg
ルーフフライ:約0.6kg
ポール:約4.6kg
付属品:約2.75kg
総重量 (付属品除く):23.0kg
フライ:約10.7kg
ルーフフライ:約1.2kg
インナーテント:約3.2kg
ポール:約7.9kg
材質フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金(φ16mm、φ14.5mm、φ13mm)
フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
メインポール:アルミφ19mm×2、アルミφ17.5mm×2
リッジポール:アルミφ14.5mm×3
付属品張り綱1.5m×6本・3m×10本、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×22本、収納袋
張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

アポロンSは、アポロンと比べると全長が約145cm、幅が約65cm短く、高さは約23cm低くなります。

身長の高い方は、アポロンSだと頭が天井につくかもしれませんが、ある程度の方は立ってテント内を動くことができると思います。

アポロンSのテント内は全長約290cmになり、インナーを吊るした際の前室の長さは約145cmになります。

サイズ的に、デュオキャンプが一番最適ではないかと思います。

フライの材質がアポロンはポリエステル210dに対して、アポロンSはポリエステル75dになること、またサイズが異なることから、重量がかなり軽量化されています。

フライだけで約4.7kg軽くなるため、移動の際に少し楽になるのでは…

またポールに関しても、サイズがコンパクトになったせいか、ポールの経が全体的に細くなっています。

続いてフォルムを比較してしてみました。

アポロンS 8
アポロンS 出典: CAMPAL JAPAN
アポロン
アポロン 出典: Amazon

一番の違いはアポロンSは、コンパクトになった分サイドパネルが片側1枚減り、片側2枚になりました。

また画像で見比べるとサイドウォールというのでしょうか、前面横の部分の角度がキツくなったようにも見えます。こちらは実際に見比べていませんので、推測です。

あと最大の違いはカラーで、アポロンSの方が少し濃くなりました

続いて価格の比較です。

価格
  • アポロンS:¥121,000(税込)
  • アポロン:¥165,000(税込)

価格はサイズがコンパクトな分、アポロンSの方が¥44,000(税込)安くなっています

異なるサイズが出て、選択肢が増えたため、購入する側に取ってはありがたいですね。

インナーテントを使用するなら、アポロンSはデュオかソロで、アポロンは4名が最適なサイズと考えます。(アポロンのメーカー値は5名)

インナーテントを外してコット寝等の場合は、もう少し人数がプラスできそうです。

スポンサーリンク

アポロンS あとがき

「デュオだから、アポロンだとサイズも大きいし、価格的に手が出なかったけど…」という方にとって、アポロンSはおすすめのテントになるかと思います。

現在、予約発売中です。

ogawa製品一覧へはこちらからどうぞ

ogawa製品一覧へ

きっと気になるキャンプギアが見つかるはず

おすすめの関連記事

関連記事
トンネル型テント14選
【2022年】トンネル型テント14選!快適な空間でキャンプを楽しみませんか!

続きを見る

関連記事
アルニカTOP
【アルニカ】サバティカルより開放的なトンネル型テントが登場!

続きを見る

関連記事
ギリア TOP
【ギリア】サバティカルより人数に合わせてインナーが変えれるトンネル型テントが登場!

続きを見る

関連記事
ヴィガス2 TOP
【ヴィガスⅡ】サイドウォールを搭載しリニューアルして登場!

続きを見る

関連記事
グロッケ8 T/C TOP
【グロッケ8T/C】ogawa 人気のベルテントにT/Cバージョンが登場!

続きを見る

関連記事
キャタピラー2ルームシェルターBABY TOP
キャタピラー2ルームシェルター BABY|ソロ・デュオに最適なタラスブルバのトンネルテント

続きを見る

その他 トンネルテントへ

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-, ,

もくじ