テント・タープ

【アルニカ】サバティカルより開放的なトンネル型テントが登場!

アルニカTOP

出典: SABBATICAL

2019年後半から、キャンプ界隈の話題を掻っ攫かっさらっているのが、数多くのキャンプ・アウトドアギアを取り扱う「A&F」が、万全を期して立ち上げたブランド「SABBATICAL (サバティカル)

既に発売されている、美しいフォルムのテント(シェルター)「スカイパイロットTC (SKYPILOT TC)」は、見たものを魅了するファルムをしており、Webストアでは販売と同時に即完売という大人気ぶり!

約2年以上経った今も、抽選販売に希望者の方が殺到しています。

そんな「SABBATICAL (サバティカル)」が2020年に投入したテントが、今回ご紹介するトンネル型テント「アルニカ(ARNICA)」です。

それでは早速、詳細・仕様を解説致します。

SNSでも情報配信をしています!よろしければフォローお願いします。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
WAQ オンラインストアにて【先行販売20%OFF】
スポンサーリンク

アルニカ / ARNICA

アルニカ13
出典: SABBATICAL

SABBATICAL(サバティカル)が作るテント(シェルター)はどれも美しく、藝術げいじゅつ的ですね。本当にカッコいいです。

2019年に発売された、大人気のスカイパイロットTCやモーニンググローリーなどは、2018年に立ち上がったブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」が携わっているとのことでしたが、今回のアルニカもそうでしょう。

独特の美しいフォルムをしています。

2020年春に、SABBATICAL(サバティカル)が販売する予定の「アルニカ(ARNICA)」は、スカイパイロットTCやモーニンググローリーのようなシェルターとは異なる美しさを放つトンネル型テントです。

アルニカの特徴

個人的に気になったアルニカの特徴をまとめました。

アルニカの特徴
  • 全てのパネルがメッシュになる
  • 全てのパネルがキャノピーできる
  • 裾にスカートが付いている
  • インナーテントが標準装備
  • シェルターとしても使用可能
  • 様々なアレンジ張りができる

それぞれを見ていきます。

全てのパネルがメッシュになる

アルニカ9
出典: SABBATICAL

前後、左右サイド合計8面のパネル全てがメッシュになります。

これは高温多湿の日本で、かなりありがたい仕様です。

真夏は特に重宝しそうです。

全てのパネルがキャノピーできる

アルニカ5
Quotation: SABBATICAL

全てのパネルがキャノピー(跳ね上げる)できます。

ただし、上画像のキャノピー方法は特殊そうですね。

現在のところ、どのようにしてキャノピーしているのかは不明です。

ポールは付属しないため、その分のポールが必要になります。

裾にスカートが付いている

アルニカ15
出典: SABBATICAL

寒い時期に裾から入る冷気をシャットアウトしてくれる「スカート」を装備しているため、オールシーズン使えそうなテントです。

インナーテントが標準装備

アルニカ14
出典: SABBATICAL

今や当たり前になっているかも知れませんが、大人2人と子ども2〜3人がゆったりと快適に過ごせる広さのインナーテントが付属しています。

またインナーテントは、前後だけでなく左右にもメッシュがあるため、夏は涼しく過ごせそうです。

シェルターとしても使用可能

アルニカ3
出典: SABBATICAL

インナーテントを使用せず全てのパネルとメッシュを巻き上げると、タープのような大型シェルターとして使用も可能です。

様々なアレンジ張りができる

アルニカ3
出典: SABBATICAL
アルニカ5
出典: SABBATICAL
アルニカ6
出典: SABBATICAL
アルニカ8
出典: SABBATICAL

色々なところが開いたり、メッシュになったり、跳ね上げたりできるため、様々なシチュエーションに合わせたアレンジ張りができます。

アルニカの仕様

アルニカ 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズW620×D320×H210cm(最大値)
収納時サイズL81cm×W42cm×H35cm
重量総重量20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
素材ルーフ:210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)
撥水加工・UV加工
ウォール :75Dポリエステルタフタ・PU加工・撥水加工・UV加工
インナーテントウォール:68Dポリエステルタフタ
インナーテントボトム:210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール:A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインフレーム:A6061・Φ16mm
ブリッジポール:A6061・Φ13mm
セット内容本体、インナーテント、メインポール長、メインフレーム短、
ブリッジポール、ペグ、ロープ、各ケース

2019年12月14日現在、全長に訂正あり 520cm→620cm

アルニカの価格

¥88,000(税込)

2022年1月11日現在

アルニカ 2022年販売方法 詳細

アルニカ あとがき

このアルニカも、スカイパイロットTCなどと同様に「フォルム良し・カラー良し、価格良し・すべて良し」のため、大人気になりそうな予感です!

個人的にはどストライクなトンネル型テントです。

同じトンネル型テントでも、カマボコテント2アポロンとは異なり、どちらかと言えばレイサ6やogawaのシュナーベル5のような、前後が少し細く(低く)なっている感じのトンネル型テントが好みで、現在シュナーベル5を所有していますが、かなり心が揺らぎます(^^;)

今後もSABBATICAL(サバティカル)から目が離せません!

販売から約2年以上経った現在も、SABBATICAL(サバティカル)のテントやシェルターは抽選販売になるくらいの人気があるため、是非当ブログで抽選販売情報をチェックをしてくださいね!

その他 トンネルテントへはこちらからどうぞ

その他 トンネルテントへ

きっと気になるテントが見つかるはず

おすすめの関連記事

関連
SABBATICAL サバティカル
SABBATICAL (サバティカル)のテントやシェルターに魅了される!

続きを見る

関連
スカイパイロットTOP3
【スカイパイロットTC】サバティカルより美しいフォルムのテント(シェルター)が登場!

続きを見る

関連
ギリア TOP
【ギリア】サバティカルより人数に合わせてインナーが変えれるトンネル型テントが登場!

続きを見る

関連
モーニンググローリーTOP
【モーニンググローリーTC】サバティカルよりスタイリッシュなシェルターが登場!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-, ,

もくじ