テーブル・チェア

焚き火テーブルは定番だけど使いやすさ抜群!ユニフレームの人気テーブル!

投稿日:2016.07.27 更新日:

キャンプに行かれる際、みなさんはどのようなテーブルを持って行かれますか?

うちの家族は、先日紹介しましたDIYで作った「2Way囲炉裏テーブル」を必ず持参します。

最近は真夏で暑いため、使用時は囲炉裏のようにファイアグリルを囲むのではなく、ローテーブルとして使用しています。

サイズは幅85cm・奥行約60cmなのですが、夕食をとる際少々狭かったため、ユニフレームの「焚き火テーブル」を購入したしました。

スポンサーリンク

焚き火テーブル

焚き火テーブルは、ユニフレームが販売するロングセラー商品の一つで、熱・キズ・汚れに強く、ガンガン使える丈夫なサイドテーブルです。

IMG_1417

今まで、人と被るからという理由で敬遠してきたところがあったのですが、コンパクトにたためて、スキレットをそのまま置けたり、汚れてもすぐに拭けば綺麗になるというところがやはり魅力で、スポーツオーソリティの15%〜20%オフセールの際に購入しました。

仕様

【サイズ】

  • 使用時:約55×35×(高さ)37cm
  • 収納時:約55×35×(厚さ)2.5cm

【材質】

  • 天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)
  • サイド:天然木
  • スタンド:ステンレスパイプφ19mm

【重量】約2.3kg

【分散耐荷重】約50kg

で、収納時に厚さが2.5cmになり、軽いのが、魅力です。

ファミリーキャンプだとメインテーブルには少々小さいですが、ソロキャンプや名の通り「焚き火」の際に重宝します。また、うちの家族のようにメインテーブルとは別にサイドテーブルとして利用する方も多いかと思います。

組み立て

組み立て方法は以下の通りです。

  1. まず焚き火テーブルを裏返しにします。
  2. ストッパーをずらして、脚を取ります。
    IMG_1827
  3. 次に以下のように脚を載せます。
    焚き火テーブル4
  4. ストッパーをはめて、ぐらつき等がないか確かめます。
    焚き火テーブル5
  5. 裏返して終了です。
    焚き火テーブル6

組み立ては以上のみで、1分もかからずに組み立てできます。

まとめ

先日、紹介しました「アイアンフレームラック」とは高さが揃いませんでしたが、適度な高さで食事の際に非常に重宝しています。

またうちの家族は、食事以外で設営・撤収時に大変重宝しています。

設営時にパッと車から出して、組み立てて飲み物やスマホを置く台と使用。
また、撤収時も設営時と同じように飲み物や小物を置いて置き、最後に片付けます。

少々値段もし、沢山のキャンパーの方と被りますが、そこさえ気にしなければ使いやすさ抜群のテーブルなので、是非おすすめしたいギアの一つです。

記事下アドセンス

記事下アドセンス

ヴェレーロ5

まとめ記事

関連コンテンツ

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

-テーブル・チェア
-,

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.