キャンパルジャパンのシャンティ23はソロキャンプにおすすめのテントです

シャンティ

前室が広く、タープ代わりになるエクステンションルーフを備え、生産終了してから”最強のソロテント”の異名がつき人気が出たテント。

一時期ヤフオクで「シャンティ」を探していましたが、出品があっても常に高値で取引されているため、なかなか手が出せないテントでした。

現在「シャンティ」の後継「シャンティ23」がキャンパルジャパンより、販売されています。今回はそんな「シャンティ23」をリサーチしてみました。

※2017年よりラインアップから外れ、残念ながら廃盤となっています。
スポンサーリンク
もくじ

シャンティ23 / キャンパルジャパン

大きさ的には2〜3人用大型張り出し付ドームテントで、2段階に広がる大型の張り出し機能を装備し、タープとしての役割をします。

本来はソロ用ではありませんが、2〜3人用としては非常にコンパクトで、別途タープを張る必要も無くなるため、設営時間は短縮できます。

インナーは220cm×150cmのため、ソロキャン用としては広々と寝れるため快適でしょう。
前室も160cmあるので、真冬にフルクローズをしたとしても、チェアに座ってくつろげるリビングスペースができます。

更に張り出しを使用すればタープとして活用できるため、夏のソロキャンで使えそうです!

仕様

  • 重量 幕体:約3.7kg ポール:約1.7kg
  • 素材 フライ:ポリエステル75d(耐水圧1800mm) 内幕:ポリエステル グランドシート:ポリエステル75d(耐水圧1800mm以上) ポール:7001アルミ合金
  • サイズ:フライ/360×240×145(H)、
    インナー/150×220×110(H)
  • パッキング 60×27×18cm
  • カラー ブラウン×サンド×レッド
  • 付属品 ピン、ペグ、張綱、金づち、張り出しポール、収納袋

特徴

最大の特徴は、何と言っても2段階に広がる大型の張り出し機能
通常のテントの張り出しだと、出入り口を跳ね上げるだけですが、このテントは2段階に張り出しができて見た感じ、小さ目のヘキサタープを横に張った様に見えます。

張り出しの展開は上のようにでき、③は本当にヘキサタープのようです。

また、インナーテントが吊り下げタイプのため、インナーテントを張らずにシェルターとしても使用できます。

サイドも逆三角にメッシュになっており、更に前後を開けば、夏でも涼しそうですね!

まとめ

個人的には、このサイドからのシルエットがかっこよくて、好きですね!

シルエットといい、タープに取って代わる張りだしといい、”最強のソロテント”と言われる所以がわかりますね。

個人的には、今一番欲しいソロキャン用テントなのですが、価格が70,200円(税込)とソロ用テントとして購入するには高すぎるところ…(^^;)

最初のソロキャン用テントとしては、敷居が高いかな…
今後もいろいろと探してみたいと思います!

早くソロキャンに行きたいです!

ソロキャン用テントに関する記事

テンマクデザインのCAMPANDA "PANDA"はソロキャンプにおすすめのテントです
テンマクデザインのCAMPANDA "PANDA"はソロキャンプにおすすめのテントです
そろそろソロキャンプに行きたい年頃になったごーじぃです。ソロキャンとなれば、ファミキャン用のシュナーベル5だと、設営も大変かつ大き過ぎるため...
モンベルのサンダードームはソロキャンプにおすすめのテントです
モンベルのサンダードームはソロキャンプにおすすめのテントです
最近、ソロキャンプに行きたくなってきたごーじぃです。 まだ行くとは決めた訳ではありませんが、行くとなったら一人でシュナーベル5は淋しいため、...
スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする