テント・タープ

【ロクロクベース2】DODより贅沢な広さが楽しめる大型シェルターが登場!

ロクロクベース2 TOP

Quotation: DOD

2018年6月6日に販売された、約21畳の贅沢な空間が楽しめる大型シェルター「ロクロクベース」が、新たにリニューアルして帰ってきました。

その名も「ロクロクベース2

意外とストレートな2代目の名称ですね。

もっと変化球がくるかと思ってましたので…

それでは早速「ロクロクベース2」をご紹介致します。

スポンサーリンク

ロクロクベース2 / DOD

フルクローズをしても、圧迫感のない広々とした空間が楽しめる大型シェルターで、中に同じブランドのカンガルーテントをインストールすることができ、ゆったりとしたリビングを作ることができます。

ファミリーキャンプだけでなく、グループきゃんぷでの宴会幕としても使えそうな広さの「ロクロクベース2

2020年はコロナの影響か、6月6日に販売されませんでした。

少し残念です。

それでは、早速ロクロクベース2のディテールから見ていきます。

ロクロクベース2 ディテール

ロクロクベース2 ライトグレー

Quotation: DOD

ロクロクベース2 ディテール

Quotation: DOD

フルクローズ状態と、前のドアを巻上げた状態。

ポールを6本使用して立てるため、デッドスペースが少なめなシェルターです。

ロクロクベース2 ディテール2

Quotation: DOD

ロクロクベース2 ディテール3

Quotation: DOD

前面パネルをキャノピーした状態と、全てのドアを巻き上げた状態。

全てのパネルを巻き上げた際は、タープのようになります。

ロクロクベース2 ライトグレー2

Quotation: DOD

個人的に好みなのが、フルメッシュ状態。

裾にはスカートも付いているため、虫が入りにくいスクリーンタープのようにも使えます。

ロクロクベース2 設営方法

ロクロクベース2設営方法
  • STEP:1
    4隅のループを固定

    ロクロクベース2 組み立て2

    Quotation: DOD

    まず、テントを広げて4隅の赤いループを鍛造ペグで固定します。

  • STEP:2
    ポールを組み立て、差し込む

    ロクロクベース2 組み立て1

    Quotation: DOD

    次にポールを組み立て、テント内部からポール差し込みます。

  • STEP:3
    ペグダウン

    ロクロクベース2 組み立て3

    Quotation: DOD

    続いてテント本体をペグダウンして、テントを固定します。

  • STEP:4
    ガイロープを固定

    ロクロクベース2 組み立て4

    Quotation: DOD

    大型シェルターは、風の影響を受けやすいため必ずガイロープをペグで固定するようにっして下さい。以上で設営完成です。

ロクロクベース2 特徴

ロクロクベース2 特徴

ロクロクベース2の特徴から、個人的に気になったところをピックアップしました。

気になる特徴はこちら

  • 快適な空間
  • フルメッシュできる
  • オープンタープのようにアレンジできる
  • スカートが付属
  • ハーフウインドウ
  • ポールカバー

それぞれを見ていきます。

快適な空間

ロクロクベース2-1

Quotation: DOD

ロクロクベース2-2

Quotation: DOD

名前の通り、6m×6m正方形の形をしており、床面積が約21畳の広さを誇る大型シェルター。

複数のテーブルやインナーテントをインストールすることができるサイズ。

メインポールの高さは2.5mもあるため、フルクローズをしても快適な空間を楽しむことができます。

フルメッシュできる

ロクロクベース2-3

Quotation: DOD

フルメッシュにすることができ、虫が入りにくいスクリーンタープのようにも使えます。

オープンタープのようにアレンジできる

ロクロクベース2 オープンタープ

Quotation: DOD

全てのドアを巻き上げて、オープンタープのようにすることも可能です。

天気のいい日はオープンタープのようにして、開放感を楽しむのも一つの方法ですね!

スカートが付属

ロクロクベース2 特徴2

Quotation: DOD

裾にはスカートが付属しており、夏場の虫の入り込みや、冬場の冷気の入り込みを軽減してくれます。

ハーフウインドウ

ロクロクベース2 特徴3

Quotation: DOD

ドア部分は画像のように、半分だけ閉めることができます。

真夏のキャンプや雨天時のキャンプなど、風は入れたいけど日射しや雨を遮りたいという時に役立ちます。

ポールカバー

ロクロクベース2 特徴6

Quotation: DOD

ポールの差し込み口はキャップ式になっており、組み立てしやすいよう工夫されています。

ロクロクベース2 仕様

ロクロクベース2 仕様

Quotation: DOD

組立サイズ(外寸)(約)W600×D600×H250cm
インナーサイズインナーテント無し
収納サイズ(約)W73×D35×H35cm
重量(付属品含む)(約)19.5kg
材質テント本体:150D ポリエステル(PUコーティング,UVカット加工)
ポール:アルミ合金
最低耐水圧2000mm
UVカットUPF50+
付属品鍛造ペグ8本、スチールペグ16本、
ロープ5m×4本(テント本体に取り付け済)、
ロープ4m×4本(テント本体に取り付け済)、
ロープ3m×10本(テント本体に取り付け済)、
キャリーバッグ

ロクロクベース2 カラー

ロクロクベース2 ブラウン

ブラウン
Quotation: DOD

ロクロクベース2 ライトグレー

ライトグレー
Quotation: DOD

カラーは2種類

  • ブラウン
  • ライトグレー

ロクロクベース2 価格

オープンプライス

2020年8月26日現在、DOD STORE価格:¥88,000(税込)

ロクロクベース2 あとがき

先代のロクロクベースは、4方向がメッシュ(ブランド的にフルメッシュ)になる仕様でしたが、今回のロクロクベース2は更にメッシュになる箇所が増え、フルメッシュの称号にふさわしい仕様になったと思いました。

ただ先代のロクロクベースが¥66,000(税込)だっただけに、個人的に少し上がり過ぎじゃないかなと思いました。

ただ物は良さそうなだけに 、価格が悩む材料となりそうです。

販売は現在のところ、DOD STOREのみとなります。

2020年8月26日現在
関連記事
ロクロクベース
【ロクロクベース】DODより約21畳の贅沢な空間が楽しめる大型シェルターテントが登場!

続きを見る

関連記事
カマボコテント3 TOP
【カマボコテント3】DODよりサイズが選べるカマボコテントが登場!2020年新製品

続きを見る

関連記事
DOD キッティンノ・カミーレ キッチンペーパーカバー
【キッティンノ・カミーレ】DODより調理に便利なキッチンペーパーカバーが登場!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ