テント・タープ

【カマボコテント3M】DODよりおすすめのファミリー向けトンネル型テントが登場!2020年新製品

カマボコテント3M カーキ TOP

Quotation: DOD

2016年に発売され、瞬く間に完売したカマボコテント

2017年に発売されたカマボコテント2も大人気で、再販される度に完売していました

2018年には人気のカマボコテント2タンが発売され、2019年には高スペックなカマボコテントクエも発売され、カマボコテントの人気は衰えを知りません。

そして遂に、新たなカマボコテント「カマボコテント3M」が2020年に登場!

それに伴い、カマボコテント2は廃盤となりますが、最終ロットがDOD Storeにて抽選販売の申込みが始まっています。

さてカマボコテント3は、カマボコテント2と比べて大幅に変わったところがあります。

それはカマボコテントの語尾に付いていた、サイズの「ソロ」や「ミニ」などの名称がなくなり、カマボコテント3S・カマボコテント3Mなどのように「S・M・L」のサイズが語尾に付いて名称になったところ。

カマボコテント2の同等サイズカマボコテント3Mになり、ファミリーキャンプにおすすめなサイズになるため、カマボコテント3の中でも一番注目のサイズになります!

それでは、早速カマボコテント3Mの詳細情報を調べてみました。

スポンサーリンク

カマボコテント3M

カマボコテント3Mのカラー

カマボコテント3Mには、2種類のカラーが用意されています。

  • タン
  • カーキ
カマボコテント3Mタン

Quotation: DOD

カマボコテント3Mカーキ

Quotation: DOD

カマボコテント2でも大人気のカラーだったタンですが、DODのイベント等で「カマボコテント3M タン」を見られた方によると、カマボコテント2のタンとは異なり、ベージュよりのカラーだったということです。

画像からも濃いめのタンではなく、薄いめのタンカラーということがわかります。

またカマボコテント3Mには、カーキも用意されています。

カマボコテント2のナチュラム別注カラーで販売のあったカーキですが、そのカーキとは少し異なるような気がします。(憶測ですが…)

2019年12月18日現在

カマボコテント3Mの特徴

カマボコテント3Mには、様々な特徴があります。

まずはカマボコテント2より変更・追加された特徴は、以下の通りです。

  • 全てのパネルがメッシュにできる
  • DAC社のポールを採用
  • 全パネルから出入りが可能
  • 改良されたベンチレーター
  • 通気性の高いインナーテント構造
  • 充実したオプションパーツ

それぞれの詳細を見ていきます。

全てのパネルがメッシュにできる

カマボコテント3 top

Quotation: DOD

カマボコテント2にはなかった特徴の一つで、全てのパネルがメッシュにできます。

高温多湿の日本に取って、特に夏場に大変ありがたい特徴です。

特にインナーテントのサイドをメッシュにし、更にアウターのサイド(インナーテント横部)メッシュにすれば、夏場は快適に過ごせそうですね!

DAC社のポールを採用

カマボコテント3-4

Quotation: DOD

信頼のある韓国DAC社のポールを採用しています。

Helinox(ヘリノックス)の親会社で、ヒルバーグなどの海外のテントポール(フレーム)などにも採用されていることから、大変信頼のできるポールです。

また継ぎ目を旧モデルのパンチングではなく、プレス方式で接続しているため、クラックが起こりにくい構造をしています。

全パネルから出入りが可能

カマボコテント3 TOP

Quotation: DOD

カマボコテント2は、インナーテントの背面やサイド(側面)がドアとして開かなかったのですが、カマボコテント3Mは全てのパネルを開くことができるため、インナーテント背面などからの出入りが可能です。

改良されたベンチレーター

カマボコテント3-1

Quotation: DOD

カマボコテント2のベンチレーター構造が見直され、ベンチレーターをテント下部とテント天井部に配置

テント下部から入った空気を、効率的にテント天井部から排出できるようにしました。

通気性の高いインナーテント構造

カマボコテント3-5

Quotation: DOD

インナーテントのサイドも、少し小さめですがメッシュが追加されたため、アウターのサイドもメッシュにすれば更に通気がよくなるため、夏場はより涼しく過ごせるようになりました。

充実したオプションパーツ

カマボコテント3-7

Quotation: DOD

結露を軽減するカマボコシールドや、お座敷スタイルができるカマザシキ、プロジェクターで映画などが見ることのできるカマボコシアターなど、カマボコテント2以上にオプションパーツが充実しています。

カマボコテント3M その他の特徴

カマボコテント3Mその他の特徴は以下の通りです。

  • 遮光性の高い150D(デニール)生地
  • シンプルな設計
  • 立って歩ける天井高さ
  • 別売のインナーを使用すれば最大10人就寝可能
  • 大型スクリーンタープとして使用できる
  • 裾にスカートが付いている
  • 広いリビング空間
  • 日本のキャンプサイトに合わせて設計されたサイズ
  • 快適性がさらにアップするチーカマスタイル

それぞれの詳細を見ていきます。

遮光性の高い150D(デニール)生地

カマボコテント3-9

Quotation: DOD

150D(デニール)の厚みのある生地を採用しているため、75Dなどの薄い生地と比べて遮光性や耐久性に優れています。

シンプルな設計

カマボコテント3-10

Quotation: DOD

4本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけの、とてもシンプルなトンネル型テントの構造をしています。

4本のポールは全て同じ長さのため、入れ間違いをすることや、入れるスリーブを迷うこともありません。

立って歩ける天井高さ

カマボコテント3-15

Quotation: DOD

リビングスペースから寝室スペースまで、トンネル形状の頂点部は一定の高さ(最大195cm)があるため、ストレスなく快適に移動することができます。

別売のインナーを使用すれば最大10人就寝可能

カマボコテント3-12

Quotation: DOD

インナーテントをリビング側(前面側)にも吊り下げることが可能。

画像のように付属のインナーテントと、別売のインナーテントの合計2つのインナーテントを吊り下げることにより、最大10人程度が就寝可能です。

大型スクリーンタープとして使用できる

カマボコテント3-13

Quotation: DOD

インナーテントを取り外して、全ての部分がフロア無しの大型スクリーンタープとして使用できます。

コットなどを使用して就寝することも可能です。

裾にスカートが付いている

カマボコテント3-14

Quotation: DOD

テント裾にはスカート生地が付いており、冬場にテント生地の下から風が入り込むことを軽減します。

広いリビング空間

カマボコテント3-3

Quotation: DOD

インナーテントを設営した状態でも、広いリビング空間を作ることができるテントで、4~5人家族であれば広々と使用することができ、2~3グループが集まっての宴会キャンプをすることも可能です。

日本のキャンプサイトに合わせて設計されたサイズ

カマボコテント3 サイズ

Quotation: DOD

日本のキャンプ場に多いとされる、「8×8m~10×10m」の区画に合わせたテントサイズで設計されているため、上画像のようにカマボコテント3Mの横に車(サイズにもよりますが…)を置いても余裕があります。

また最小で4×7.5m程度の幅があれば設営可能です。

快適性がさらにアップするチーカマスタイル

カマボコテント3-8

Quotation: DOD

別売りのチーズタープを接続することで、タープスペースがさらに広がります。

チーズタープは厚みのあるT/C生地(綿とポリエステルの混紡生地)を使用しているため、日陰を濃くし、重なり部分の結露を防止する効果があります。

雨天の際は、必ずタープとカマボコテントが接触しないように設営してください。雨を大量に吸い込んだ場合、タープが重くなり、カマボコテントのフレーム破損につながりますとのこと

カマボコテント3Mの仕様

カマボコテント3 仕様

Quotation: DOD

組立サイズ(外寸)(約)W300×D640×H195cm
インナーサイズ(約)W280×D220×H170cm
※インナーテントのドア面がW
収納サイズ(約)W69×D35×H31cm
重量(付属品含む)(約)19.5kg
収容可能人数大人5名(※寝室スペース)
最低耐水圧アウターテント:3000mm
フロア:5000mm
材質アウターテント:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
フレーム:アルミ合金
インナーテント壁面:68Dポリエステル
インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
付属品ペグ✕28本、ロープ✕16本(テントに取り付け済)、キャリーバッグ、
テントリペアシート、ポールリペアチューブ

カマボコテント3Mの価格

¥64,900(税込)

2020年9月1日現在

カマボコテント3Mの発売予定時期

カマボコテント3の抽選応募が開始されています。

抽選応募期間:2020年10月1日~6日 (火)AM10:00まで

詳しくはこちらより御覧下さい。

カマボコテント3抽選応募概要へ

2020年9月23日現在

カマボコテント3Mの残念なところ

カマボコテント3Mの詳細を見ていて、個人的に残念なところがありました。

それはサイドパネル(ドア)の一部しか、キャノピー(跳ね上げてひさしにすること)できなくなったというところ。

全てのサイドパネルをキャノピーすることは、必要なポールの本数などから実際に必要ないという判断になったのでしょうが、折角サイドパネルが合計6つもあるのに、2つだけしかできなくなったというのは、とても残念です。

前方サイドもキャノピーできたら便利だと思うのですが…

あくまでも個人的に残念なところです

カマボコテント2とカマボコテント3Mの詳細比較

 カマボコテント2カマボコテント3M
カラーベージュ / タン / ブラックタン / カーキ
組立サイズ(外寸)(約)W300×D640×H195cm(約)W300×D640×H195cm
インナーサイズ(約)W280×D220×H190cm(約)W280×D220×H170cm
収納サイズ(約)W68×D32×H32cm(約)W69×D35×H31cm
重量(付属品含む)(約)16.1kg(約)19.5kg
最低耐水圧アウターテント:3000mm
フロア:5000mm
アウターテント:3000mm
フロア:5000mm
材質アウターテント:150Dポリエステル
(防炎&UVカット加工済み)
フレーム:アルミニウム(AL7001)
インナーテント壁面:75Dポリエステル
インナーテントフロア:210Dポリエステル
(PUコーティング)
アウターテント:150Dポリエステル
(PUコーティング、UVカット加工)
フレーム:アルミ合金
インナーテント壁面:68Dポリエステル
インナーテントフロア:210Dポリエステル
(PUコーティング)
背面からの出入り
出入りできる
パネルの数
5(前面、サイド×4)8(前面、背面、サイド×6)
キャノピーできる
パネルの数
5(前面、サイド×4)4(前面、背面、サイド×2)
販売価格(税込)¥53,900¥64,900

カラーは2種類と少なくなりましたが、タン・カーキと人気になりそうなカラーのラインアップ。

外寸サイズは全く同じですが、インナー高さが20cm低くなり、重量が3.4kg増えました。

インナーテント壁面が75Dから68Dに変更になりました。

特徴でも伝えましたが、カマボコテント3Mは全てのパネルから出入りができるようになったため、出入りできるパネルの数は8面(前面、背面、サイド(側面)×6)と多く、またこのパネルがメッシュになるため、使いやすくなったと思います。

また残念なところでも伝えましたが、キャノピー(跳ね上げてひさしにすること)ができるのは4箇所(前面、背面、サイド(側面)×2)とカマボコテント2よりも少なくなりました

価格が¥11,000値上がりしています。

2020年9月1日現在

あとがき

カマボコテント2よりも価格が¥11,000値上がっていますが、DAC製のポールを採用したり、全てのパネルがメッシュにできるなどブラッシュアップされていますので、個人的にはそれだけの価値はあるかと思います。

ただ今後はわかりませんが、抽選販売のためDOD Storeのみでの販売となるため、そこだけが気がかりです。

DOD Storeでもポイント制度を導入すればいいのですが…

カマボコテント3 TOP
【カマボコテント3】DODよりサイズが選べるカマボコテントが登場!2020年新製品

続きを見る

カマボコテント3S TOP
【カマボコテント3S】DODより少人数向けのおすすめトンネル型テントが登場!2020年新製品

続きを見る

カマボコテントクエ TOP
【カマボコテントKUE(クエ)】DODより高スペックなカマボコテントが登場!

続きを見る

カマボコテント2 201709
【カマボコテント2の人気に迫る!】大人気のカマボコテント2を徹底調査および2019年販売情報!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ