焚き火・火器

【焚き火ベース450】ユニフレームより焚き火で直火料理が楽しめる焚き火台登場!

焚き火ベース450

Quotation: UNIFLAME

焚き火台で直火料理をされたい方へ!

ファイアグリル、薪グリルが大人気のユニフレームから、直火料理を楽しむことができる焚き火台、その名も「焚き火ベース450」が登場です。

これは、ユニフレームからの3つ目の焚き火調理の提案!

どのようなものか詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

焚き火ベース450

焚き火ベース450-2

Quotation: naturum

もう見るからに、ダッチオーブンやケトルを吊るして、「直火で調理しよう!」というのが伝わってきますね!

BornSolidのFRONTIER COOKERに、焚き火台がくっついた感じの形状をしています。

日本のキャンプ場などの事情(地面直火禁止など)を配慮して、このような形状になったのではないかと思います。

特徴

焚き火ベース450-4

Quotation: naturum

私が気になった特徴は以下の通りです

特徴
  • 通常の焚き火ができる。(当たり前ですが^^;)
  • 付属のSカンチェーン×2本で、ダッチオーブンやケトルを吊るすことができる。
  • タフグリルシリーズの鉄板やステンレスワイヤー網、UFおでん鍋などのタフグリルシリーズのオプションが使用可能。(別売)
  • 焚き火テーブルトート(別売)に収納して、持ち運びが可能。

さすがユニフレームですね!

別売ですが、タフグリルシーズのUFタフグリル鉄板300UFタフグリル鉄板150UFタフグリルリッドUFおでん鍋おでん鍋SUSリッドステンレスワイヤー網150×400、ステンレスワイヤー網300×400が使用可能になっています。

また、別売の焚き火テーブルトートに収納して、持ち運ぶことも可能!

UFタフグリルシリーズのオプションをお持ちの方は、そのまま流用できるので便利です。

仕様

焚き火ベース450-3

Quotation: naturum

使用時サイズ(約) 500×810×790(高さ)mm
収納サイズ(約) 500×560×75(厚さ)mm
重量(約) 5.3kg(炉・フレーム)
分散耐荷重(約) 15kg
材質 本体・フレーム:ステンレス鋼
付属品 Sカンチェーン×2本
スチール網150×400(1枚)
スチール網300×400(1枚)
収納ケースは別売になります。また、2018年カタログ掲載(P.36)のプロトタイプから仕様変更ありとのこと(サイズ、収納方法、ゴトク、フレーム構造の変更)です。

価格

¥19,900(税込)

2020年2月7日現在

あとがき

サイズが、500×560×75(厚さ)mmと少し大きめですが、厚さが75mmと思ったよりも薄めなので、別売の焚き火テーブルトートに収納して、車の後部座席後ろの隙間などに置くことも可能かと思います。(車種によってできない場合もあります。)

ファイアグリル、薪グリルと焚き火の大人気ギアを排出しているブランドだけに、この「焚き火ベース450」も人気が出そうな予感がします!

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

その他 焚き火台へ

きっと気になる焚き火台が見つかるはず

おすすめの関連記事

軽量焚き火台7選 TOP
【2022年】軽量焚き火台7選!1kg以下でソロキャンプにおすすめ!

続きを見る

UCO フラットパックグリルS TOP
【フラットパックグリルS レビュー】UCO(ユーコ)のミニ焚き火台がコンパクトで超便利!

続きを見る

ベルモント TABI TOP
【TABI レビュー】ベルモントよりコンパクトで軽量なチタンの焚き火台が登場!

続きを見る

ピコグリル398
【ピコグリル398】ソロキャンプで焚き火と簡単な調理ならこの焚き火台がおすすめ!

続きを見る

ファイアグリル
【ファイアグリル】ユニフレーム定番の焚き火台が人気の理由とは?!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-焚き火・火器
-, ,

もくじ