テント・タープ

【タケノコテント2】リラックスできるワンルームテントがリニューアルして登場!

タケノコテント2 TOP

Quotation: DOD

2020年秋、怒涛の新作ラッシュです!

DODのゆったりとリラックスができると人気の「タケノコテント」が、リニューアルして帰ってきました。

その名も「タケノコテント2」…そのままやないかw

テント+タープや、2ルームテントという選択と全く異なる「ワンルーム」という発想から作られた「タケノコテント2

前モデルの「タケノコテント」との比較も交えながら、「タケノコテント2」をご紹介致します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

タケノコテント2 / DOD

タケノコテント2 タン

Quotation: DOD

今までのテントになかった発想「ワンルーム

リビングと寝室を分けずに、日本人が一番リラックスができる「裸足型ワンルーム」をコンセプトに作られました。

見た感じからもテントというか、ほとんど一軒家に近い感じがします。

構造だけでなく、素材にもこだわりがある「タケノコテント2

早速特徴から見ていきます。

タケノコテント2 特徴

タケノコテント2 特徴

Quotation: DOD

タケノコテント2には様々な特徴がありますが、その中から私が気になる特徴をピックアップしてみました。

  • 広々とした内部空間
  • 結露を軽減するポリコットン素材
  • 4シーズン対応
  • 全てのメッシュ窓が開閉できる
  • 8×8mに収まる設営面積
  • 開閉可能なトップベンチレーター
  • 開閉可能なサイドベンチレーター
  • 土間スペースが調整可能
  • 靴置きもできる特殊ドア構造
  • 充実のオプション
  • ランタンフック装備
  • 太めの5mmロープと三角自在

それぞれを詳しく見ていきます。

広々とした内部空間

タケノコテント2 広々

Quotation: DOD

タケノコテント2 カーキ

Quotation: DOD

タケノコテント2最大の特徴が、他のテントにはない広々とした内部空間にあります。

ワンポールテントのデメリットである、「テント裾近辺のデッドスペース」

ワンポールの構造上仕方のないことですが、テント裾近辺は高さがなく人が座れる高さもないのが普通でした。

タケノコテントはサイドに140cmのポールを入れているため、テントの裾近辺でも十分に座ったりすることができます。

また圧迫感が軽減され、広々とした内部空間が実現しました。

結露を軽減するポリコットン素材

タケノコテント2 素材

Quotation: DOD

テント屋根部分には、ポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を採用し、テント内の結露を軽減させています。

遮光性や難燃性に優れているポリコットンですが、重量があるというデメリットがあるため、サイド部の生地をポリエステルにすることで、テント全体の重量を軽量化しています。

4シーズン対応

タケノコテント2 4シーズン使用できる

Quotation: DOD

全ての窓にメッシュを採用し、360°どこからでも風を取り込むことができる構造になっています。

また屋根に遮光性の高いポリコットン生地を採用しているため、濃い影をつくってくれるため、夏場も快適に過ごすことができます。

またテント裾にはスカートが装備されており、冬場の裾したから入ってくる冷気や風を軽減してくれます。

全てのメッシュ窓が開閉できる

タケノコテント2 オールドア

Quotation: DOD

2ヶ所のドア(入り口)以外の窓をフルオープンにすることができるため、360°どこからでもテント内へ出入りが可能になりました。

全ての窓・ドアを開けてタープのように使用することも可能です。

8×8mに収まる設営面積

タケノコテント2 設営面積

Quotation: DOD

サイドにポールを入れることで、ガイロープ・ペグをテント近くに張ることができるため、最小で6×6mのサイズ内で張ることも可能。

8×8mの区画サイトであれば、タケノコテントと車1~2台を入れることが可能です。

ただし、ロープの打つ位置や車のサイズによっては、8×8m内に収まらない場合もあります。

開閉可能なトップベンチレーター

タケノコテント2 トップベンチレーター

Quotation: DOD

テント内にあるロープを引っ張り、テント天井部分のベンチレーターを開閉できるようリニューアルしました。

状況に応じて、テント内の温度や湿度を調整することができます。

開閉可能なサイドベンチレーター

タケノコテント2 サイドベンチレーター

Quotation: DOD

トップベンチレーター以外にも、屋根の上部に2ヶ所のベンチレーターを配置しています。

テント内部から手動で開閉が可能です。

土間スペースが調整可能

タケノコテント2 フロア

Quotation: DOD

フロア生地は取り外すことができ、土間スペースの大きさが調整可能です。

靴置きのスペースだけを土間にしたり、フロア半分を土間、フロア生地を外してフロアレスにすることも可能。

靴置きもできる特殊ドア構造

タケノコテント2 特殊ドア構造

Quotation: DOD

D型ドアを2ヶ所に配置。

開け閉めがワンアクションで簡単に開閉ができます。

また靴置きスペース部分を作ることもできる、特殊な2重構造になっています。

充実のオプション

タケノコテント2 オプションパーツ

Quotation: DOD

設営を簡単にしてくれる専用グランドシート(別売)に加え、カマボコテント3のように、専用インナーテントやインナーマット、タケノコシアターなどのオプションパーツを充実させました。

状況や好みに応じて使用することで、楽しみ方が広がります。

タケノコテント2 オプション表

Quotation: DOD

また以前のタケノコテントでも使用できるか、上の表で確認ができます。

ランタンフック装備

タケノコテント2 特徴4

Quotation: DOD

テント内のサイドポール8ヶ所に、ランタンを掛けるためのO型フックを装備。

ゴールゼロレッドレンザーなどの小型LEDランタンがおすすめです。

こうして見ると、少し幻想的ですね!

太めの5mmロープと三角自在

タケノコテント2 特徴5

Quotation: DOD

設営サイズに合わせて、太めの5mmのロープを用意しています。

またロープが緩みにくいよう、三角形の自在を採用しています。

タケノコテント2 仕様

タケノコテント2 仕様

Quotation: DOD

組立サイズ(外寸)(約)W450×D450×H280cm
※スカート部分は含みません
インナーサイズ別売り
収納サイズ(約)W36×D36×H79cm
重量(付属品含む)(約)23.5kg
収容可能人数大人8名
材質テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル(PUコーティング)
フロア:300Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール
最低耐水圧テント屋根部分:350mm
テント壁部分:3000mm
フロア:5000mm
付属品ペグ×22本、ロープ×8本(テントに取り付け済)
キャリーバッグ、テントリペアシート

タケノコテント2 カラー

タケノコテント2 タン2

Quotation: DOD

タケノコテント2 カーキ2

Quotation: DOD

カラーは2種類

  • タン
  • カーキ

タケノコテント2 価格

オープンプライス

2020年10月12日現在、参考:タケノコテント(タン)が当時¥68,900(税込)ぐらいでした。

タケノコテント2 販売方法

抽選販売となります。

応募期間2020年10月13日(火) ~ 10月20日(火)AM10:00まで
抽選結果連絡日2020年10月13日(火) ~ 10月20日(火)AM10:00まで
納期予定 2020年10月下旬から11月上旬頃
(スケジュールは予告なく変更になる可能性有)
応募可能数一人1個まで
  • 複数回や複数型番への応募は抽選から外れますので注意下さい
  • 応募NG例:両カラーへの応募など

タケノコテント2 販売予定時期

上記の抽選販売以外にも、2020年11月中の抽選販売を予定しているとのことです。

2020年10月12日現在

タケノコテントとタケノコテント2を比較

以前のモデル、2019年に追加されたタケノコテント(タン)と比較をしてみました。

 
タケノコテント2 タン2

Quotation: DOD


タケノコテント2
タケノコテント タン11

Quotation: DOD


タケノコテント(タン)
使用時サイズ(約)W450×D450×H280cm
※スカート部分は含みません
W450×D450×H280cm
※スカート部分は含みません
収納時サイズ(約)W36×D36×H79cm直径35×長さ82cm
重量(付属品含む)(約)23.5kg22.8kg
最低耐水圧テント屋根部分:350mm
テント壁部分:3000mm
フロア:5000mm
テント屋根部分:350mm
テント壁部分:2000mm
フロア:5000mm
材質テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル(PUコーティング)
フロア:300Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール
テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル(UVカット加工済み)
フロア:300Dポリエステル
メインポール:スチール
サイドポール:アルミ合金
付属品ペグ×22本、ロープ×8本(テントに取り付け済)
キャリーバッグ、テントリペアシート
ペグ、キャリーバッグ、テントリペアシート

使用時のサイズは全く同じで、収納時のサイズはややタケノコテント2の方が少し大きめ。

耐水圧がテント壁部分のみ異なり、タケノコテント(タン)よりも1,000mm多い、3,000mmに変更になっています。

その分重量が700g重くなっています。

見た感じはタケノコテント2の方が、サイドが高いように思えますが、サイドポールはどちらも140cmのものを使用しています。

その他の違いは、リニューアル後に特徴が追加されたこと。

以上がリニューアル後の変更点です。

タケノコテント2 あとがき

リニューアルして更に使いやすくなった「タケノコテント2

グランピングをしたい方に、もってこいのいいテントではないでしょうか。

これから年末にかけて、更に新製品の登場が予想されるDODから目が離せませんね!

関連記事
タケノコテント タン TOP
【タケノコテント(タン)】DODよりワンルームテントにタンカラー登場!

続きを見る

関連記事
ヤドカリテント TOP
【ヤドカリテント】DODよりリビングを備えた2ルームワンポールテントが登場!

続きを見る

関連記事
キノコテント TOP
【キノコテント】ニョキッとすぐにたつ快適なワンタッチ寝室用テント!2019年DOD新製品

続きを見る

関連記事
カマボコテント3 TOP
【カマボコテント3】DODよりサイズが選べるカマボコテントが登場!2020年新製品

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ