【2024年】フラットバーナーテーブル10選 こちら

フロートケース レビュー|使い方は無限大!TOKYO CRAFTSの直置きオーガナイザー

本ページはプロモーションが含まれています
フロートケース TOP

キャンプに小物のキャンプギアをまとめて持ち運ぶ時、どんな収納ケース(オーガナイザー)を使われていますか?

大きすぎるとかさばるし、小さすぎると収納できるギア数が減るなど、難しいところ。

今回紹介するアイテムは、非常に適度なサイズで何よりも収納するのが楽しくなるオーガナイザー。

なぜ楽しくなるのかというと、様々な固定バンドやポケット、モールシステムが備わっており、使い方が無限大だから…

そこで今回は、TOKYO CRAFTSの収納するのが楽しくなる直置きオーガナイザー「フロートケース」のレビューや特徴、筆者の収納しているギアを紹介します。

対象商品が最大40%OFFになる、TOKYO CRAFTS決算セール開催中

対象のアイテムは、商品タイトルの【決算セール対象】が目印。

是非この機会に、TOKYO CRAFTSのキャンプギアに触れてみませんか?

この記事は、TOKYO CRAFTS様より製品を提供いただき作成しています。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

フロートケース レビュー

フロートケース タグ付き

今回紹介する「フロートケース」は、軽量焚き火台「マクライト」などで有名な「TOKYO CRAFTS」が手掛ける直置きオーガナイザー。

早速、フロートケースのセット内容からレビューしていきます。

セット内容

フロートケース フレーム付き正面
フロートケース 裏面
フロートケース 説明書

フロートケースのセット内容は、以下の通り。

  • 本体
  • フレーム
  • ベルト×2
  • 取扱説明書

ケース本体と、ケースを取り巻くフレーム、底面に付属しているスナップ付きベルト×2と、取扱説明書になります。

ディテール

フロートケース フレーム付き正面
フロートケース 正面上下逆

次にディテールを見ていきます。

天面にはダブルジッパー、メッシュポケット、リング、細めのモールシステムが備わっています

フロートケース サイド タグ手前
フロートケース サイド タグ奥

サイドにはTOKYO CRAFTSのロゴ、反対側には持ち手(ハンドル)が付いています。

フロートケース 裏面
フロートケース 裏面 上下逆

底面には、3段のモールシステムとベルト×2つを装備。

フロートケース 裏面サイドハンドル奥
フロートケース 裏面 ハンドル手前

フレームを固定するベルクロがあります。

組み立て方法

組み立て方法という程ではありませんが、フレームを展開する方法です。

STEP
外側のベルクロを外してフレームを外す
フロートケース ベルクロテープ外し

まずはじめに、フロートケースを裏返して、フレームを止めているベルクロを外し、フレームを外します。

STEP
内側のベルクロを外しフレームを付ける
フロートケース 裏面 フレームを付けるためベルクロ位置を変更
フロートケース 裏面 フレームを装着

次に内側のベルクロを外して、フレームをのせてベルクロをつけます。

STEP
天面を上にすれば完成
フロートケース フレームに乗せた状態

天面を上にすれば、組立完成です。

フロートケース フレームに乗せた状態で開く
フロートケース フレームに乗せた状態の裏面

フロートケースをずらして天面を開けば、好きなキャンプギアを収納、取り出しができます。

どのように浮いているのかは、裏返すとわかります。

フロートケースのポケットやモールシステムなどの機能

次にフロートケースのポケットや、モールシステムなどの機能面を紹介します。

天面外側

フロートケース 表メッシュ
フロートケース 表モールシステム

天面の外側から、紹介していきます。

まず大きなメッシュのポケットと、カラビナなどが掛けれる細めのモールシステムが備わっています。

フロートケース リング
フロートケース ダブルジッパー

また天面上部2ヶ所には、S字フックなどで吊るすことができるリングを装備。

ジッパーは、ダブルジッパーで開閉が非常に楽です。

底面外側

フロートケース ハンドル

続いて底面外側には、持ち運びに楽な持ち手(ハンドル)があります。

フロートケース 裏面モールシステム3
フロートケース 裏面モールシステム2
フロートケース 裏面モールシステム1

3段のモールシステムを装備しており、カラビナなどを掛けることができます。

フロートケース 裏面 ベルト2
フロートケース ベルト

またスナップボタン式のベルトが2つ付属します。

天面内側

フロートケース 開き面内側
フロートケース 開き面内側のポケット

天面の内側には、固定バンドが2列とポケットが備わっています。

フロートケース フロートケース 開き面にマグナブラスター
フロートケース 開き面ポケットにカトラリー

2列の固定バンドは平行なため、マグナブラスターのような長いものを固定することもできます。

またポケットには、カトラリーなどを収納することができます。

底面内側

フロートケース フレーム側の内側

底面の内側が、一番収納できるためか、様々な機能があります。

フロートケース フレーム側の内側 ポケット
フロートケース ポケットにはゴールゼロのライトハウスマイクロのキャップ

ベルクロの付いたポケットがあり、筆者はここにLEDランタン関連のゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュにも使用できるキャップや、ミニサイズのスタンドの土台を収納しています。

フロートケース フレーム側の内側 メッシュポケット
フロートケース フレーム側の内側 メッシュポケットのバンド

ポケットの横には、細めの固定バンドを4つ備えたメッシュポケットがあります。

フロートケース フレーム側の内側 メッシュポケット下

「あれそんなのないけど…」という場合は、底面の一番下にある大型ポケットに収納されていると思いますので、ポケットから表に出して下さい。

またこのメッシュポケットの下には、固定バンドが3つ備わっています。

フロートケース バンド部分

この固定バンドだけでなく、フロートケースの固定バンドのほとんど(天面一部を除く)が、このような形状をしており、様々なギアを固定してくれます。

フロートケース 100均の大きめの調味料入れ1
フロートケース 100均の大きめの調味料入れ2

例えば、3つの固定バンドよりも大きいサイズの場合は、その上側にある2つサイズの固定バンドで止めることができます。

フロートケース 上段に38灯を収納
フロートケース 上段に38灯とライトハウスマイクロチャージを収納

筆者はそれを利用して、このように38灯とライトハウスマイクロチャージを大型の固定バンドで止めています。

フロートケース 大きめのベルトに液体調味料

また大型の固定バンドであれば、雑誌の付録だったLODGEネジ式ディスペンサーボトルを固定することが可能です。

フロートケース ベルト大
フロートケース ベルト大の上に小が2つ

また1サイズの固定バンドの上には、0.5サイズの固定バンドが2つあるところもあります。

フロートケース 細いベルトに38灯のスタンドバー収納
フロートケース 細いベルトにTOKYO CRAFTSの箸お収納

筆者はそこに、箸やミニサイズのスタンドフレームを収納しています。

フロートケース 100均の調味料入れを収納した例

メッシュポケットや、ベルクロ付きポケットを使用しない場合は、その下の大型ポケットに入れておくことができます。(左側)

ヒンジ部分

フロートケース ヒンジ部にマグナブラスター
フロートケース ヒンジ部にマグナブラスター ひき

またヒンジ部分にも、固定バンドが2つ備わっており、マグナブラスターなど長めのものを固定することができます。

このように、様々なところに固定バンドやポケットが装備されているため、色々なキャンプギアを収納することができます。

フロートケース 特徴

続いて、実際に使用してみて感じた特徴は、以下の通りです。

  • 直置きできる
  • 様々なギアのアレンジ収納が楽しめる
  • モールシステムを装備
  • 吊り下げることができる
  • ギアを守ってくれる

直置きできる

フロートケース 地面から守ってくれる

フロートケース最大の特徴は、直置きできるところ。

フレーム上でフロートケースを開くため、開いた天面部分が地面に接しません。

画像のように、キャンプギアを収納した状態でも、地面に直接つくことはありませんでした。

フロートケース フレームに乗せた状態 サイドから
フロートケース フレームに乗せた状態 どのくらい地面からあるか

フレーム高さが7.5cmあり、開いた天面部分を測ったところ約5cmほど地面から離れていました。(リング部分は除く)

収納するキャンプギアの重量によっては、もう少し沈み込むかもしれませんが、余程のことがない限り地面につくことはないと思うため、安心して直置きができます。

様々なギアのアレンジ収納が楽しめる

フロートケース 様々なキャンプギアを収納のできる
フロートケース LEDランタンを収納

フロートケースに装備されている、様々なポケットやモールシステムを利用して、ギアのアレンジ収納が楽しめるのも特徴の一つです。

「ここのベルトにはこのギアを、このポケットにはこのギアを…」など、キャンプ前日に収納するのが楽しみになること間違いなしです!

モールシステムを装備

フロートケース ベルト
フロートケース 外側正面モールシステムにカラビナ

底面には、ベルト部分だけでなく3段のモールシステムを装備。

また天面にも細めですが、1列モールシステムを装備しており、様々なギアを掛けることができます。

筆者は、天面にLEDランタンを吊るしたり、キッチンペーパーをテーブルにかけたりするためのカラビナを引っ掛けて持ち運びしています。

吊り下げることができる

フロートケース ベルトをフィールドラックにつけた1
フロートケース ベルトをフィールドラックにつけた2

底面のベルト2つは、スナップボタン式で取り外しが可能なため、画像のようにフィールドラックなどに吊り下げたりすることができます。

また天面にはリングを装備しているため、S字フックなどで吊り下げることもできます。

ギアを守ってくれる

フロートケース フレームがギアを守ってくれる
フロートケース サイド

天面と底面には、クッション性のある芯材(EVAフォーム)を採用しており、キャンプギアを傷や衝撃から守ってくれます。

また直置き用のフレームも、収納時には骨組みのような働きをしてくれます。

あくまでもソフトケースのため、完全にギアを守りたい場合は、ハードケースを利用下さい。

フロートケース メリット・デメリット

フロートケース
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アレンジ収納が楽しめる
  • ギアが汚れにくい
  • モールシステムを装備している
  • バッグインバッグとして使いやすいサイズ
デメリット
  • もう少しだけ厚さが欲しい

デメリット(残念なところ)

実際に使用してみて、機能面にはこれといったデメリットは感じられませんでした。

ただ強いていうならば、厚さ(高さ)がもう少しだけ欲しかった。

フロートケース フレーム側の内側
フロートケース フレーム側の内側 ポケット下

理由としては、収納するキャンプギアにもよりますが、底面側のポケットとその下の固定バンドなどの併用がきびしいと感じたため。

ただし、収納するキャンプギアによってはまったく気にならないかもしれませんので、デメリットではなく個人的意見として考えて下さい。

メリット(いいところ)

特徴などでも紹介したように、ベルトや固定バンド、ポケットにモールシステムと様々な収納方法があるため、収納するのが楽しいです。

「このギアをここに入れて、あのギアはここへ掛けて…」など想像するだけでも楽しくなります。

また名称通りに地面からケースが浮いているため、お気に入りのキャンプギアが汚れにくく、またサイズ感がいいため、フロートケースにキャンプギアを収納してから、さらに大きなバッグや収納ボックスに入れやすいと感じました。

バッグインバッグとしての働きもしてくれます。

以上が、実際に使用してみて感じた、フロートケースのメリットです。

フロートケースにキャンプギアを収納してみた

フロートケース にキャンプギアを入れて開いた状態で直置き

フロートケース特徴の一つ、「様々なギアのアレンジ収納が楽しめる」というところにスポットを当て、筆者が収納したギアを紹介します。

収納例①:焚き火・キッチン・LEDランタン関連

フロートケース 収納例2

どの収納方法が「正解」というのはありません。

ただ単に、好きに様々なキャンプギアを詰め込むだけです。

この時は焚き火関連とキッチン関連、LEDランタン関連を収納しました。

フロートケース 収納例2の収納したキャンプギア

この時に収納したキャンプギアは、以下の通り。

と、結構な量のキャンプギアを収納できました。

収納例②:LEDランタン関連のみ

フロートケース LEDランタンを収納

この時は、LEDランタン関連のみを収納。

「ゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュ」用に持って行ったシェードを、開いた天面側のポケットに収納したのですが、少しパツパツになりました。

収納例③:LEDランタン関連とスティックターボⅡ

フロートケース 収納例1

この時も、LEDランタン関連とスティックターボⅡを収納しました。

「ゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュ」用に持って行ったシェードは、ポケットに収納せず、フレーム側に乗せる状態で収納しました。

これら以外にも様々なキャンプギアを、色々な方法で収納する楽しみがあります。

フロートケース 仕様・価格

 次にフロートケースの仕様と価格を紹介します。

仕様

サイズ27×16×7.5cm
重量380g
材質表生地:ナイロン
裏生地:ポリエステル
フレーム:ステンレス
セット内容本体×1、フレーム×1、ベルト×2、取扱説明書

価格

公式オンラインストア価格:¥3,980(税込)

2023年12月4日現在

フロートケース あとがき

実際に使用してみたところ、非常にユーザー目線で考えて作られていると感じました。

様々な固定バンドやポケット、モールシステムを使ってキャンプギアを収納することが楽しくなるだけでなく、実際にキャンプで地面に直置きができるため、置き場所に困りません。

キャンプギアの収納ケースをお考えの方は、ぜひ候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

TOKYO CRAFTSオンランストアにて、メルマガ登録で500ポイントがもらえるキャンペーン実施中。(2024年3月19日現在)

公式LINEからでもキャンペーン情報取得できます。

対象商品が最大40%OFFになる、TOKYO CRAFTS決算セール開催中

対象のアイテムは、商品タイトルの【決算セール対象】が目印。

是非この機会に、TOKYO CRAFTSのキャンプギアに触れてみませんか?

TOKYO CRAFTSの関連記事

あわせて読みたい関連記事

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ