楽天スーパーセールおすすめアイテム

38灯 38-kT(ミヤビ) レビュー|キャンプで優しい灯りを演出するLEDランタン

38灯 38-kT ミヤビ TOP

キャンプをする際、どんなランタン・ライトを持っていかれますか?

ガスランタンやガソリンランタンなど、雰囲気がでるため筆者もよく愛用していますが、どうしても燃料の持ち運びが付き物。

近頃はオイルランタンも使っているため、燃料が増えるとどうしてもかさ張ってしまいがち。

それゆえに、オイルランタン以外は燃料を必要としないLEDランタンをよく使用するようになりました。

様々なブランドからLEDランタンが出ていますが、筆者は手のひらサイズのコンパクトなものを使うようにしています。

理由は、コンパクトなLEDランタンだと持ち運びにかさばらない点と、軽いため様々な場所に吊り下げることができるためです。

2022年に入り、「A38grate」などで有名な38exploreさんより、コンパクトなLEDランタン「38灯 (ミヤビ)」が販売されました。

それでは、今回はその「38灯 (ミヤビ)」がどのようなLEDランタンなのか、他の人気LEDランタンとの比較も交えながらレビューします。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

38灯 38-kT(ミヤビ) レビュー

38灯 39-kT ミヤビ4

A38grate38GT310など、魅力あるものばかりを提供し続ける「38explore」

その38exploreが、2022年に発売したLEDランタンが、今回ご紹介する「38灯 (ミヤビ) 38-kT」です。

さすが38exploreというLEDランタンに仕上がっており、拡張やカスタマイズが好きな方にはたまらないLEDランタンです。

それでは、38灯 (ミヤビ) ディテールから見ていきます。

38灯 (ミヤビ) ディテール

38灯 39-kT ミヤビ 上部より

38灯 (ミヤビ) 本体上部には、u1/4のカメラネジを搭載。

別売のu1/4に合う、Dリングなどを取り付けることができます。

38灯 39-kT ミヤビ 底部

38灯 (ミヤビ) 下部にも、u1/4のカメラネジを搭載しており、三脚などその他カメラアクセサリーを取り付けることができます。

また下部をひねるとフタが外れて、充電池を交換することができます。

38灯 39-kT ミヤビ 上部サイドから
38灯 39-kT ミヤビ 充電口
Dリングは別売

38灯 (ミヤビ) の上部横側に、充電ポートが樹脂でカバーされています。

カバーを開くと、充電口であるタイプCポートが出てきますので、こちらにUSBタイプCのケーブルを刺し充電を行います。

38灯 39-kT ミヤビ インジゲーター

充電ポート左側に、インジケーターを装備。

カラーで残りのパーセンテージを表示してくれます。

  • 赤 0-25%
  • オレンジ 26-50%
  • 青 51-75%
  • 緑 76-99%

充電中は、点滅と色で充電状態を表示してくれます。

38灯 (ミヤビ) いいところ

38灯(ミヤビ)を実際に使用してみて感じた、いいところは以下の通りです。

  • 優しい灯りのため眩しくない
  • 充電池が交換できる
  • 電源が入れやすい
  • 様々なカメラパーツが取り付けできる
  • 充電はタイプCポート採用

それぞれを見ていきます。

優しい灯りのため眩しくない

38灯 39-kT ミヤビ ローモード2
38灯 39-kT ミヤビ ハイモード2

結構このサイズのLEDランタンは、明るさを求めるため直視すると結構眩しいものが多い中、38灯 (ミヤビ) は光源が見えにくいよう設計されているため、通常の利用では眩しくなく優しい灯りを灯してくれます。

「同じルーメンでも、光源が見えるランタンと比べると少し暗く感じると思います」とのことですが、個人的にはそこまで気になりませんでした。

夜中に点灯しても「まぶしっ!」というのがありません。

充電池が交換できる

38灯 39-kT ミヤビ 底部 取り外し部分
底部を上にしています
38灯 39-kT ミヤビ 底部 取り外し部分2
底部を上にしています

今まで様々なLEDランタンを使用しましたが、コンパクトなLEDランタンで充電池が交換できるのは、主なブランドだとレッドレンザーとこの38灯(ミヤビ)ぐらいではないかと思います。

充電池の交換方法は、38灯(ミヤビ)下部のキャップを画像のようにひねると蓋が外れます。

38灯 39-kT ミヤビ 底部 取り外し部分3
38灯 39-kT ミヤビ 電池と本体

中に「18650リチウムイオン電池」が入っています。

18650バッテリーは凸起の無いものを使用して下さい。

何年も使用して、充電池がヘタってきたら交換ができるため、長年愛用できます。

また別に数個充電池をキャンプに持っていき、切れたら交換するという方法もありかと思います。

38灯 39-kT ミヤビ 充電池を外した内側
38灯 39-kT ミヤビ 充電池

充電池の容量は、ルーメナー2などのサイズが大きいLEDランタンに比べると少ないですが、3350mAhとこのサイズのLEDランタンとしては容量が多めなので、フル充電すればハイモードで約9時間もちます。

充電池を予備で一つ持っておけば、何かと安心です。

電源が入れやすい

38灯 39-kT ミヤビ 上部から3

このサイズのLEDランタンは、ボタンを押し込んで電源を入れたり、強弱を変えたりするものが多い中、38灯(ミヤビ)はタッチセンサーを採用しているため、軽く電源ボタン部をタッチするだけで電源が入り、強弱も簡単にできます。

点灯は「Low」→「Hight」→「Off」 の順で、弱から長押しで無段階調光も可能です。

タッチセンサーなので、指が痛くありません。

様々なカメラパーツが取り付けできる

38灯 39-kT ミヤビ Dリング
Dリングは別売

38灯 (ミヤビ) の最大の特徴が、この様々なカメラパーツが取り付けできるところ。

他のLEDランタンだと、アンバーホヤでカスタマイズする程度ですが、この38灯 (ミヤビ) は、上下にu1/4のカメラネジを搭載しており、吊り下げるためにDリングやスタンドにするためにカメラ三脚等を取り付けることができます。

38灯 39-kT ミヤビ Dリング6
38灯 39-kT ミヤビ Dリング5

例えば、カメラのDリング。

これはu1/4サイズのネジであれば取り付けができるため、筆者はエツミの「1/4インチスクリュー カメラストラップ用Dリング」を購入して取り付けています。

38灯 39-kT ミヤビと三脚

また38灯 (ミヤビ) 下部に三脚を取り付けてスタンドのように使用することも可能です。

これだけでなく、様々なカメラアクセサリーを取り付けることができるため、拡張やカスタマイズが好きな方にはもってこいのLEDランタンです。

充電はタイプCポート採用

38灯 39-kT ミヤビ 充電口
Dリングは別売

充電口はUSBのタイプCポートを採用。

最近老眼がひどくなってきてMicro USBのポートだと、向きが決まっているためなかなかケーブルが刺さらないことが多いため、タイプCポートの採用は大変ありがたいです。

急速充電には対応していません。

38灯 (ミヤビ) 残念なところ

いいところだらけの38灯(ミヤビ)ですが、個人的に残念なところが1つありました。

それはいいところでも紹介しましたが、様々なカメラパーツを取り付けすることができる反面、購入したばかりの初期状態だと、テーブルなどの上に直置きしかできないところ。

38灯 39-kT ミヤビ3

吊り下げたりする場合は、別途カメラ用のDリングなどが必要になります。

他のLEDランタン同様に初期状態から吊り下げれるよう、せめてDリングを付属した状態で販売されていたらありがたいなと感じました。

38灯 (ミヤビ) 仕様

サイズH102mm×Φ42mm
重量100g(18650 3350mah バッテリー込み)
輝度200ルーメン
バッテリー容量3350mAh
充電時間6〜7時間
連続使用時間ハイモード:約9時間
防水性能生活防水

38灯以外のカメラアタッチメント等は付属しません

38灯 (ミヤビ) 価格

¥6,600(税込)

2022年5月21日現在

38灯 (ミヤビ) はどこで購入できる?

38灯 (ミヤビ) は、Amazonや楽天などのECサイトでは購入できません。(出品は除く)

38exploreのBASEショップ (ショップ利用アプリはPay ID) で、購入することができます。

また38exploreだけでなく、BASEショップのKURIHARA SEIKIやY.S.M PRODUCTSなどでも購入ができます。

スポンサーリンク

レッドレンザーML4やゴールゼロのライトハウスマイクロフラッシュと比較

38灯 39-kT ミヤビとゴールゼロ

ここでは、人気のLEDランタンと比較をしてみました。

左から38灯 (ミヤビ)、ゴールゼロ ライトハウスマイクロ フラッシュゴールゼロ ライトハウスマイクロ チャージレッドレンザーML4

レッドレンザーは、別途アンバーホヤを付けています。

実際に使用した際に感じたことを比較していきます。

画像からわかるように、長さはゴールゼロ ライトハウスマイクロ チャージが一番長いですが、全体的なサイズは38灯 (ミヤビ) が一番大きいです。

これは個人差があるかと思いますが、他のLEDランタンに比べて大きいため、複数台持つと持ち運び時にかさばるのではないかと思いました。

ただし大きくリフレクターも広いため、優しい灯りを広く照らしてくれます。

電源ボタンは、ゴールゼロ ライトハウスマイクロ2つとレッドレンザーML4は「カチッ」と押し込むタイプで、38灯 (ミヤビ) のみタッチセンサーを採用しています。

それゆえ、38灯 (ミヤビ) が一番電源を入れやすいです。

それでは、仕様(スペック)等を比較してみます。

38灯(ミヤビ)ゴールゼロ
ライトハウスマイクロ
フラッシュ
ゴールゼロ
ライトハウスマイクロ
チャージ
レッドレンザー
ML4
使用時サイズH102mm×Φ42mm約93×37.75mm約112 x 37.75mmΦ29x97mm
明るさ最大200ルーメン最大150ルーメン
最小10ルーメン
最大150ルーメン
最小10ルーメン
最大300ルーメン
最小5ルーメン
重量100g
(3350mah バッテリー含む)
68g87g71g
バッテリー容量3350mAh2600mAh2600mAh750mAh
充電時間6〜7時間約3.5時間(USB充電時)約3.5時間(USB充電時)約2.5
連続使用時間ハイモード:約9時間7~170時間7~170時間2.5〜45時間
防水性能生活防水IPX6IPX6IP66
38灯 39-kT ミヤビ ハイモード3

明るさは、レッドレンザーML4のブースト機能が最大300ルーメンと明るいのですが、使用時間の記載がなくハイモードの2.5時間よりも少なく実用的ではないため除外して比較すると、38灯 (ミヤビ) の200ルーメンが一番明るい結果に。

ただし見た目は、ゴールゼロ ライトハウスマイクロ フラッシュなどの方が最大150ルーメンですが、明るく感じるかもしれません。

それは、光源が見えにくい設計にしているためです。

4つのLEDランタンを比較しましたが、38灯 (ミヤビ) は他のLEDランタンに比べるとサイズが大きいというところがありますが、光源を見えにくい仕様で優しい灯りを灯してくれ、フル充電ならハイモードでも約9時間使用でき、実用的なLEDランタンだと感じました。

38灯 (ミヤビ) あとがき

38灯 (ミヤビ) は、購入した初期状態だとテーブルなどの上に直置きすることしかできませんが、上下にu1/4のカメラネジを搭載しているため、様々なカメラアクセサリーを取り付けることができ、拡張・カスタマイズされる方にとっては非常に楽しいLEDランタンとなっています。

カスタマイズだけでなく、充電池を交換することもでき、明るさも眩しくない明るさで非常に実用的なLEDランタンです。

LEDランタンの購入をお考えの方は、是非候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2022年】災害時にも役立つLEDランタンおすすめ7選と選ぶポイント7つ! 災害時も役に立つLEDランタン。7つの選ぶポイントと、私がおすすめするLEDランタンをご紹介します。
あわせて読みたい
【ZIG / ジグ】ゼインアーツより優しく広範囲を照らすLEDランタン登場 ZANE ARTS (ゼインアーツ) 2022年新製品の中から、優しく広範囲を照らすLEDランタン「ジグ / ZIG」をご紹介します。
あわせて読みたい
より明るく大容量にアップデートしたWAQ LEDランタン2の先行販売が決定! WAQからより明るく大容量にアップデートしたLEDランタン「WAQ LED Lantern2」をご紹介します。

その他 38explore記事へはこちらからどうぞ

38exploreの記事へ

きっと気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ