楽天スーパーセールおすすめアイテム

【サーカストリポット】快適な居住空間ができるサーカス用三脚が登場!

サーカストリポット TOP

tent-Mark DESIGNSのワンポールテント「サーカス(CIRCUS)」シリーズをお持ちの方に朗報です!

サーカス(CIRCUS)用に、なんと快適な居住空間を作り出す三脚が登場します。

よくワンポールテントのデメリットである、メインポールが邪魔な問題を解決するために、2つのポールで二股化をされている方をよく見かけると思います。

メーカーオリジナルのものは少なく、DODの「フタマタキワミ」や「フタマタノサソイ」NEMOのアジャスタブルタープポールエクステンションなどを使用して二股化されている方が多いのでは…

そんな中、tent-Mark DESIGNSは大人気のワンポールテント「サーカス(CIRCUS)」シリーズに、二股用ポールではなく三脚を作り出しました。

設営方法を見た感じ、かなり安定感があると思いました。

それでは、ワンポールテント「サーカス(CIRCUS)」シリーズ用三脚「サーカストリポット (CIRCUS TRIPOD)」をご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

サーカストリポット / CIRCUS TRIPOD

TRIPODと明記があるので、三脚の英語「トライポッド」かなと思っていましたが、読み方を変えていると思われます。

「サーカストリポット 」はその名の通りサーカス(CIRCUS)を三股化するための三脚です。

従来の二股化よりも、見た感じこの「サーカストリポット」を使用した方が、遥かに安定感があると思いました。

WILD-1公式 Youtubeにて「サーカストリポット」の設営方法が掲載されています。

動画では、一度設営してからメインポールを外して「サーカストリポット」に移行していますが、慣れれくれば直接設営できそうな気もします。

サーカストリポット 特徴

最大の特徴は、何といってもワンポールテントのデメリットである、メインポールが邪魔な問題を解決し、かつ快適な居住空間を作り出すというところです。

ワンポールテントは、メインポールがなくなるだけで居住スペースが格段に広がるため、快適に過ごすことができます。

ただ反面、設営に少し時間がかかるというデメリットもあります。

ですが、「強風など悪天候時でも安心して使えるフレームワークは何か?」ということに、tent-Mark DESIGNSが試行錯誤の末に行きついた答えが三股ポールによる三点支持「トリポッド」で二股ポールにはない耐候性があるため、安心して使用できます。

サーカストリポット インナー取り付けについて

インナーテントを取り付けることによって、サーカストリポットの魅力である「テント中心に動線を妨げるものが無い」の意味がなくなるため、インナーテントを取り付けできるようにしていないとのことです。

インナーテントを利用する場合は、従来のワンポールを使用下さいとのことです。

サーカストリポット 対応モデル

レギュラーサイズ

  • サーカスTC
  • サーカスTCDX(サンドカラー、ダックグリーン)
  • サーカスST
  • サーカスSTDX
  • サーカスTCDXエカルシリーズ
  • サーカスコットンバージョン(廃盤品)
  • サーカスTCDXソルムバージョン(廃盤品)
  • サーカスTCDXハンター(廃盤品)

ミッドサイズ

  • サーカスTCMID+
  • サーカスTCDXMID+

サーカスBIG対応モデルはありません。

サーカストリポット コネクトヘキサ連結について

現在の状態だと、キャップがずれてしまう恐れがあるため、「トリポット専用コネクトキャップ」を開発中とのこと。

また現在販売されている「焚火タープコネクトヘキサ」にも使用できるオプションとして、キャップ部分のみを販売予定とのことです。

サーカストリポット 仕様

レギュラー

組み立てサイズ(約)3,580mm 直径30mm(ハブパーツ差し込み部25mm)
収納サイズ(約)150×150×920(高)mm
重量総重量:(約)9.21kg(付属品/収納ケース含む)
本体:(約)8.83kg
材質ポール本体:スチール
樹脂製ハブパーツ:ナイロン樹脂
収納ケース:ポリエステル、PVCターポリン
セット内容ペグ×3、収納ケース

ミッド

組み立てサイズ(約)3,960mm 直径30mm(ハブパーツ差し込み部25mm)
収納サイズ(約)150×150×980(高)mm
重量総重量:(約)10.03kg(付属品/収納ケース含む)
本体:(約)9.63kg
材質ポール本体:スチール
樹脂製ハブパーツ:ナイロン樹脂
収納ケース:ポリエステル、PVCターポリン
セット内容ペグ×3、収納ケース

サーカストリポット 価格

  • レギュラーサイズ:¥16,500(税込)
  • ミッドサイズ:¥17,600円(税込)

2022年3月25日現在

スポンサーリンク

サーカストリポット / CIRCUS TRIPOD あとがき

二股化ではなく三股化とは思いもしませんでしたが、よくよく考えるとサーカス(CIRCUS)の本体が五角形をしているため、対角線上にポールを持ってくることができずに三脚になったのでしょうね。

でも三脚になったことと、トップにくる樹脂パーツがしっかりとしていそうなため、安定感は抜群にありそうです。

その他 ワンポールテントへはこちらからどうぞ

その他 ワンポールテントへ

きっと気になるテントが見つかるはず

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【サーカスTC DXサンド】サイドフラップを装備したサーカスTCが登場! 大人気のサーカスTC DXにサンドカラーが遂に登場しました。
あわせて読みたい
【サーカスTC DX ダックグリーン】サイドフラップ付きサーカスTCにNewカラーが登場! 大人気のサーカスTC DXに、待望のNewカラー「ダックグリーン」が登場です!落ち着いたカラーなのに映える人気のカラーになりそうです。
あわせて読みたい
【サーカスST DX】tent-Mark DESIGNS 大人気テントにポリエステルモデル登場! tent-Mark DESIGNSの大人気TCワンポールテント「サーカスTC DX」。そのポリエステル素材モデル「サーカスST DX」が登場!詳細とサーカスTC DXとの比較を交えながらご紹介致します。
あわせて読みたい
サーカスTC DX+|サーカスTCDXの生産終了に伴いリニューアルして登場! サーカスTCDXの生産終了に伴いリニューアルして登場する「サーカスTC DX+」のリニューアル箇所や入荷スケジュールなどをご紹介します。
あわせて読みたい
【サーカスTC MID+】大人気のサーカスに絶妙なミドルサイズが登場! tent-Mark DESIGNSのフラッグシップ幕の一つ「サーカスTC」に、絶妙なミドルサイズ「サーカスTC MID+」が登場です。
あわせて読みたい
サーカスTCコンフォートソロ|ソロキャンプに快適なTCワンポールテントが登場! サイドフラップに、フロントフラップを標準装備して、ソロキャンプ用にコンパクトにした「サーカスTCコンフォートソロ」をご紹介します。
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ