コールマン2017年新製品 ウェザーマスター4S T.P.クレストを調査

コールマンオンラインショップにて、2017年新製品「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」の詳細情報が発表され、本日発売されました!

今回はそんな「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」を徹底調査してみたいと思います。

スポンサーリンク
もくじ

ウェザーマスター4S T.P.クレスト

コールマン2017年製品展示会にて、ひときわ目立っていたテント「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」の情報が遂に発表になりました。

モノポール(ワンポール)テントの課題だった空間の狭さをフロントポールとリアポールで払拭しました。

また、ウェザーマスターシリーズの4Sのため、4シーズン対応のテントになります。

仕様

  • 定員:4~5人用
  • 使用時サイズ:(最大値)約W380×D550×H250cm(図面より)
  • インナーサイズ:約W330xD210xH195cm
  • 収納時サイズ:約φ28×72cm
  • 重量:約14kg
  • 材質:
    • フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、テフロン撥水、シームシール、遮光PU防水)耐水圧3,000mm、
    • インナー:コットン混紡ポリエステル、68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
    • フロア:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)耐水圧10,000mm
    • グランドシート:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水)
    • ポール:[メイン(センター)]アルミ合金約φ30mm [フロント・リア]アルミ合金約φ16mm
  • 仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、コード引き込み口、メッシュポケット
  • 付属品:グランドシート、ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース

少し特殊な形のため、使用時サイズは最大値を表記しています。

特徴

今までになかったフォルムのテント「ウェザーマスター4S T.P.クレスト」には、様々な特徴があります。

フロントポールとリアポールで広い空間を実現

最大の特徴は、フロントポールとリアポールで広い空間を実現し、2ルームとしても使用可能な4シーズン対応のティピー型テントになります。

品名の「T.P.」はティピーからきていると思われます。あくまでも推測ですけど…

通常のモノポール(ワンポール)テントの空間の狭さを、見事にカバーした設計になっていると思います。

続いては、ワイドリビングにもなるんです!

ワイドリビング

インナーテントは吊り下げ式のため、インナーテントを外してワイドリビングにすることも可能です。グランドシートを敷かずに大きなシェルターとしても利用可能です。

前後の大型メッシュスクリーン

前後のスクリーンがメッシュになるため、従来のモノポール(ワンポール)テントに比べて通気性に優れています。

サークルベンチレーション

冷えた外気をテント下部(アンダーベンチレーション)から取り入れ、テント内の暖まった空気を上部(トップベンチレーション)から排出するシステム

サイドには大きめのアンダーベンチレーションが設けられているため、夏も涼しく過ごせるかと思われます。

インナーテント

4シーズン対応のテントということで、インナーテントがコットン混紡ポリエステルになるため、夏は涼しく冬は暖かい素材になります。

ただ、濡れたり湿気たりするとカビが生えやすいため、注意が必要です。

価格

¥91,800(税込)

Coleman Online Shopにて、2016年11月30日現在の価格になります。
ご購入時はお確かめ下さい。

あとがき

個人的には、初めて見るフォルムをしています。最初は「ん〜いまいちだな…」と思っていましたが、仕様や写真を見ていくにつれいい感じに見えてきました。

設置も想像からいくと、各端々を仮でペグダウンして中央にポールを立て、中からフロントポールとリアポールを付けて調整すれば完了しそうなため、設置時間を短縮したいファミリーキャンプに向いているテントだと思いました。

来年あたりにファミリーテントを購入予定の方は、選択の一つとしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする