テント・タープ

小さめのツーポールテントのような「カベテント」2017 ドッペルギャンガー新製品

wall-tent

Quotation: DOD

今年に入り、次から次へと新製品を投入してくるドッペルギャンガー アウトドアから、またしても新製品の発表がありました。

パッと見た目、まるで小さめのツーポールテント(実際は3本ですが)のような、風よけやプライバシー確保など、キャンプ場でカベとなるテント!その名も「カベテント

気になるので早速調べてみました!

スポンサーリンク

カベテント

wall-tent13

Quotation: DOD

ど直球のネーミングできましたね(笑)

今まで「秘密の〜」「タケノコ」「チーカマ」「カマボコ」など、変化球系できていたのが、ど直球の「カベテント」できたので、見逃し三振しそうでした(笑)

見た感じかなりコンパクトなサイズ!

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

wall-tent11

Quotation: DOD

カラーTT5-521T: ベージュ
TT5-521K: グレー
希望小売価格オープンプライス
サイズ(約)W5000×D1000×H1400mm
収納サイズ(約)W530×D160×H160mm
重量(付属品含む)(約)6.2kg
最低耐水圧350mm
材質生地:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
ポール:スチール
付属品ペグ、ロープ、専用キャリーバッグ、取扱説明書

ここで驚いたのは生地がポリコットンというところ。比率はポリエステル65%、綿35%になります。ただポリコットンのため、小さいのですが重量がそこそこあります。

用途

wall-tent2

Quotation: DOD

用途として、リビングスペースを守る風よけやプライバシーの確保、また、テントや車を火の粉から守ったりと様々に使えます。

フリーサイト混雑時の不要なスペース確保はやめましょう。

特徴

wall-tent8

Quotation: DOD

ポリコットン(T/C)生地が採用されていたのは、焚き火などの火の粉で穴が空きにくいようになんですね!

各特徴は以下の通りです。

燃えにくいポリコットン(T/C)生地

wall-tent9

Quotation: DOD

ポリコットン(綿とポリエステルの混紡生地)生地を採用しており、焚き火やBBQの火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。

穴が空かないわけではありませんので、焚き火の際は注意が必要です。

カマボコテントのリビングスペースをカバー

wall-tent10

Quotation: DOD

カマボコテントのリビングスペースをカバーするように全長5mの大きさで設計されています。

次のページへ >

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ