SOTO レギュレーターストーブST‐310用 遮熱板付きグリルプレートがいい感じ!

グリルプレート3

昨年に購入した、ソロ用のシングルバーナー「SOTOレギュレーターストーブ ST-310」にあう遮熱板を探していたのですが、純正の溶岩石プレート付属のものばかりがヒットする中、純正ではないもののST-310対応の遮熱板付きグリルプレートを発見!

早速購入しましたので、ご紹介します!

SOTO レギュレーターストーブST-310!ソロ用バーナーにおすすめ
SOTO レギュレーターストーブST-310!ソロ用バーナーにおすすめ
ソロ用テントを購入する前にちゃっかりとソロ用のバーナーとしてSOTO「レギュレーターストーブ ST-310」を購入してみました。
スポンサーリンク
もくじ

レギュレーターストーブ対応 遮熱板付きグリルプレート

そもそも、何で遮熱板がいるのか?となるのですが、レギュレーターストーブ ST-310 の説明書の中に「鉄板や直径20cm以上のなべなどの使用はボンベが加熱し爆発の原因となります。」とあったので、ボンベを加熱しないようにと思い遮熱板を探し遮熱板付きグリルプレート購入した次第。

商品内容

商品内容は、まず個人的に一番欲しかった遮熱板と、

グリルプレート5

板厚4.5mmの鉄板と、ミニスクレイパー(リフター)になります。

グリルプレート6

仕様

  • 鉄板:(メーカー記載値)
    • 板厚:4.5mm
    • サイズ:200×170×15mm(最大値)
    • 焼面サイズ:130×130mm
    • 重量:約1.1kg
  • 遮熱板:(個人採寸値)
    • サイズ:169×159mm(最大値)
    • 重量:約110g
    • 厚さ:1mm以下

遮熱板を装着

グリルプレート

当たり前なのですが、レギュレーターストーブの五徳にピッタリです。しかもかなり大きめの遮熱板のため、個人的にかなり安心です。

鉄板をのせてみる

グリルプレート2

いい感じの鉄板ですね!大きさも絶妙なサイズでいうことがないです。

早速、鉄板を使用したいところですが、スキレット同様にシーズニングが必要になりますので、以下の方法をとってみました。

製品到着時に説明書などが付いていませんでしたので、アマゾンの商品ページの商品の説明にあるように、「鉄板を加熱後、キッチンペーパーにオリーブ油を十分に染込ませプレート表面に塗る」を行なってから,更に加熱してから使用しました。(写真忘れました ^^;)

グリルプレート4

肉がなかったので、ポークを焼くことに(笑)

火の通りも早く、美味しく焼けましたが、レギュレーターストーブ ST-310 の炎はセンターのみにしか当たらないため、強火で焼いていると鉄板の真ん中あたりのポークが焦げてきました。

こりゃまずいと思い、一旦ポークを引き上げ鉄板だけ強火で加熱し、いい感じに熱したら炎を弱くし、鉄板の熱で焼く感じにしたら、焦げずに焼けました。

使い込んでいくと、火加減の調整も変わるかもしれませんが、次回はステーキ肉を焼いてみたいと思います。

あとがき

今回は遮熱板を一番の目的で購入しましたが、この鉄板がかなりいい感じです。自宅で肉を焼いたりする際にもかなり使えそうです。

車でのキャンプなら鉄板も持って行くのも苦にならないので、今後ファミリーキャンプ、ソロキャンプと多用していきたいと思います。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする