キッチン関連

FLSK(フラスク) ボトル レビュー|キャンプに持って行きたい炭酸対応の真空断熱ボトル

FLAK(フラスク)ボトル TOP

炭酸水メーカーで作った炭酸水や、クラフトビールをテイクアウトしてキャンプで飲みたいと思われたことはないですか?

近年、ビールがテイクアウトできるようになったため、ビールを入れることができる「グラウラー」が普及してきましたが、個人的にはどうもアウトドアやキャンプに、しっくりこないものが多い印象でした。

筆者が知る中での個人的印象です。ご了承ください。

そんな中、非常にシンプルな形状で光沢が少なく、グラウラーとしても使えて、キャンプやアウトドアにしっくりとくる「カーキカラー」もある、炭酸対応の真空断熱ボトルが実はあるんです!

その名は「FLSK(フラスク)ボトル」。

今回縁あって、その「FLSK(フラスク)ボトル」を使用する機会がありましたので、実際に使用したレビューやサイズ、カラーなど詳しくご紹介します。

この記事は、メーカー様より製品をご提供いただき作成しています。

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLSK(フラスク)とは

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 デイキャンプ ロゴ

FLSK(フラスク)とは

2013年に南アフリカで、今までのボトルの概念を一変させるステンレスボトルに出会ったQuentinがドイツに戻り、南アフリカのステンレスボトルメーカーの協力を得ながら、デザインや機能面の改良を加えた、新たなボトルを企画し誕生したのがFLSK(フラスク)。

FLSK(フラスク)は、高級住宅街やブティック、宝飾店が並ぶドイツのミュンヘンの美しい街並みの中で、インシュピレーションを受けながら、デザイナーにより洗練されたシルエットに設計されています。

ボトルに入れたビールが、半日以上経ってもキンキンに冷え、美味しい飲み心地を保っていたところに、ボトルの概念を一変させられたとのこと。

半日以上経っているのに、冷えた美味しいビールが飲めるなんて、それは驚きますよね!

FLSK(フラスク)では、そんな高性能なボトルや、CUP タンブラー、muki スナックポットなどを手掛けています。

スポンサーリンク

FLSK(フラスク) ボトル

FLSK(フリスク)ボトル

その中から今回ご紹介するのは、FLSK(フラスク)の代名詞「FLSK(フラスク) ボトル

まずは、どのようなサイズがあるのか見てみましょう。

FLSK(フラスク)ボトル サイズ

FLSK(フラスク)ボトルには、以下の4つのサイズがあります。

  • 350ml
  • 500ml
  • 750ml
  • 1000ml

ただしカラーによっては、350mlサイズがないものがあります。

FLSK(フラスク)ボトル カラー

続いて、FLSK(フラスク)ボトルには、以下の10カラーがあります。

  • FLSK Khaki / フラスク カーキ
  • FLSK STNLS / フラスク ステンレス
  • FLSK WHTE / フラスク ホワイト
  • FLSK Roségold / フラスク ローズ ゴールド
  • FLSK MDNGHT / フラスク ミッドナイト
  • FLSK FRST / フラスク フォレスト
  • FLSK White Marble / フラスク ホワイトマーブル
  • FLSK Champagne / フラスク シャンパン
  • FLSK BRDX / フラスク ボルドー
  • FLSK BLCK / フラスク ブラック

ただしサイズによっては、カーキ、ホワイトマーブル、フォレスト、ボルドー、ブラックがありません。

FLSK(フラスク)ボトル 価格

サイズ別による価格です。

  • 350ml:¥5,170
  • 500ml:¥5,390
  • 750ml:¥6,490
  • 1000ml:¥7,590

FLSK(フラスク)ボトル 750ml カーキ レビュー

FLSK(フリスク)ボトル 化粧箱

それでは、筆者が使用したFLSK(フラスク)ボトル 750ml カーキをご紹介します。

綺麗な丸い筒状の化粧箱に入っています。

FLSK(フラスク)ボトル 750ml カーキ セット内容

FLSK(フリスク)ボトル セット内容

FLSK(フラスク)ボトルのセット内容は、以下の通り。

  • FLSK(フラスク)ボトル本体(せんユニット含む)
  • シリコンリング
  • 収納袋
  • 取扱説明書
  • 炭酸をより長持ちさせる方法の書類

FLSK(フラスク)ボトル 750ml カーキ ディテール

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 デイキャンプで撮影

それでは、FLSK(フラスク)ボトルのディテールを見ていきます。

屋外で見るとよくわかりますが、光沢感がなくマットな仕上がりです。

また芝生に溶け込む、綺麗なカーキカラーをしています。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 デイキャンプ ボトルキャップ
FLSK(フリスク)ボトル ボトルキャップ
せんユニット(ボトルキャップ)

唯一光沢があるのが、せんユニット(ボトルキャップ)のキャップ部分ですが、それでも鏡面仕上げでなく少しマットな感じの仕上がりのため、ギラギラした感じは少なめです。

このFLSK(フラスク)ボトルのボトルキャップが、FLSK独自の高い密閉性のキャップで、液体が漏れないのはもちろんのこと、高い保冷・保温力を実現しています。

またキャップ底部にはステンレス鋼を採用しているため、清潔を保つことができています。

FLSK(フラスク)ボトル デイキャンプで使用

FLSK(フリスク)ボトルに炭酸を入れる1

まずはデイキャンプで検証。

朝9:00に予冷をしていないFLSK(フラスク)ボトルへ、前日から冷やしていた炭酸水(強炭酸と微炭酸の間くらい)を500ml入れ、デイキャンプへ持って行きました。

FLSK(フリスク)ボトル デイキャンプ 見た目のカラーに近い

この日の気温は、最高気温31.9℃で天気は晴れのち雨。

タープの下に台を置きその上にFLSK(フラスク)ボトルを乗せ、日が当たらない環境で検証。

FLSK(フリスク)ボトル デイキャプで注ぐ
FLSK(フリスク)ボトル デイキャンプで試飲

炭酸を入れてから約4時間後の13:00に、シェラカップに炭酸を注ぎ飲んでみました。

この時は温度計を持っていないため、温度は不明ですが冷たくて開けたて炭酸のようなシュワシュワ感でした。

画像からも泡が出ているため、炭酸の具合が伝わると思います。

残りは入れたまま自宅に帰り、炭酸を入れてから約11時間後の20:00に残りをコップに注いで飲んでみました。

FLSK(フリスク)ボトル デイキャンプ後
FLSK(フリスク)ボトル デイキャンプ後2

13:00に飲んだ時よりは炭酸が少し抜けていましたが、コップに注いだ時にできる泡立ちもあり、冷たかったです。

FLSK(フラスク)ボトル 保冷力と炭酸のもち

次に実際に温度計を用いて、FLSK(フラスク)ボトル 保冷力を検証してみます。

検証した環境は、次の通りです。

  • 炭酸水を入れた時に計測(9:00)
  • 室温27℃に設定した部屋で5時間後に計測(14:00)
  • 車で屋外へ持って行き、車内に置いた状態で自宅に戻り計測(18:30)
  • 室温27℃に設定した部屋で2時間30分後に計測(21:00)

それぞれ計測した結果は、以下の通り。

時間炭酸水の温度炭酸の状態
9:00約5℃入れ立てのため飲んでいません
14:00 (5時間後)約6℃入れ立てのような感じ(全く炭酸が抜けていない状態)で冷たい
18:30 (9時間30分後)約8〜9℃少し炭酸が抜けているような感じだが、まだまだ強炭酸で冷たい
21:00 (12時間後)約10℃冷たいが少し炭酸が抜けている感じ(強炭酸と微炭酸の間くらい)

あくまでも個人的に感じたことです。ご了承ください。

入れた際に計測 9:00

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト 炭酸
750mlのため1Lの炭酸水を用意
FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 9:00

まず前日より冷蔵庫で冷やした炭酸水を、FLSK(フラスク)ボトルに注ぎます。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 温度9:00

その時の炭酸水の温度が約5℃。

デジタル式ではないため、みた角度によって誤差が生じることはご了承ください。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 ボトルキャップを閉める1
FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 ボトルキャップを閉める2

炭酸が抜けないよう、ボトルキャップをきつく閉めておきます。

5時間後に計測 14:00

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 14:00
FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 14:00 強炭酸

室温27℃に設定した部屋にボトルを置いておき、5時間後に計測(14:00)したところ。

炭酸は冷たくて気が抜けておらず、開けたてのような感じでした。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 14:00の温度

温度を計測したところ、約6℃でした。

デジタル式ではないため、みた角度によって誤差が生じることはご了承ください。

9時間半後に計測 18:30

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 18:00
FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 18:00 炭酸中

14:00から気温31℃の屋外へ、FLSK(フラスク)ボトルを持って撮影に出かけました。

車で30分くらい移動し、移動の際は車内の温度も約27℃くらい。

その後エンジンを切った車の車内で約1時間保管。車内は30℃を越えていたはず。

撮影時は約31℃の屋外で太陽が当たる環境で約1時間30分。

その後、買い物時に太陽の当たる駐車場でエンジンを切った車の車内で約1時間保管。この時も車内は30℃を越えていたはず。

車で30分くらい移動して帰宅。移動の際は車内の温度も約27℃くらい。

…という、細かな環境で保管した後の炭酸を計測。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 18:00温度

この時の温度が、約8〜9℃の間くらい。

デジタル式ではないため、みた角度によって誤差が生じることはご了承ください。

飲んだところ、冷たくて炭酸も多少抜けている程度で、まだまだ強炭酸でした。

12時間後に計測 21:00

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 21:00
FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 21:00 強炭酸

次に、12時間後の21:00に計測しました。

見た目は泡がかなり出て冷たいのですが、飲んでみたところ少し炭酸が抜けている感じがしました。例えるなら、ちょうど強炭酸と微炭酸の中間ぐらいの感じです。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テスト炭酸 21:00

温度計を見ると約10℃でした。

デジタル式ではないため、みた角度によって誤差が生じることはご了承ください。

少しづつ温度は上がってはいるものの、飲んだ感じはそこまでぬるくはなっておらず、冷たく感じました。

個人的には、このくらい持てば十分な保冷力だと思いました。

FLSK(フラスク)ボトル 保温力

FLSK(フリスク)ボトル 保温テスト お湯 7:30

次に、温かいものを入れた時の保温力を検証してみました。

沸騰したてのお湯をFLSK(フラスク)ボトルに注ぎます。

FLSK(フリスク)ボトル 保冷テストお湯 7:30

その際に温度を計測したところ約100℃。

デジタル式ではないため、みた角度によって誤差が生じることはご了承ください。

この時は朝の7:30で、お湯を注いだ後ボトルキャップを閉めて仕事に出かけます。

これまた細かいのですが、仕事に出かける際にクーラーを切って出かけ、タイマーで16:00にクーラーが入る設定にしているため、室温がまちまちの状態になっていますが、大体こんな室温の代わり行きかと思います。

約27℃が30分→約30℃が8時間→約27℃が7時間

の合計15時間30分後の23:00に計測。

この時たまたま仕事が長引き、帰宅したのが23:00だったため、15時間30分となってしまいました。

FLSK(フリスク)ボトル 保温テストお湯 23:00 キャップ底
FLSK(フリスク)ボトル 保温テストお湯 23:00 温度

ボトルキャップを開け、キャップ底部を触ったところ結構熱く、ここからも保温力があるのがわかりました。

お湯の温度は約72℃で、結構まだ熱いレベルでした。

個人的には、このくらい持てば十分な保温力があると感じました。

FLSK(フラスク)ボトル いいところ

FLSK(フラスク)ボトル を実際に使用してみて感じたいいところは、以下の通り。

  • 炭酸水やビールを入れることができる
  • 保冷・保温力がある

この他にも、高級ステンレス鋼を採用しているため、錆びにくく味移りすることが少ない。

またBPAを一切使用していないため、安心して使えるところなどです。

BPA (ビスフェノールA) フリーとは、人体への悪影響を及ぼす懸念がある、プラスチック製品に含まれる化学物質BPAを含まないこと。

FLSK(フラスク)ボトル 少し残念なところ

デザインも機能も妥協しないFLSK(フラスク)ボトルですが、使ってみて少し残念なところが一点だけありました。

それは瓶の先のように注ぎ口が細くなっているため、ボトルに大きめの氷が入らないというところ。

ボトルの先が細いのは、保温保冷力を高める構造のため仕方がないのですが、個人的には夏場は氷を入れた炭酸水やお茶を一気飲みしたいため、そこだけが少し残念なところだと感じた次第です。

対策としては、自宅の冷蔵庫で小粒の氷を作って入れるという方法しかないかな…

スポンサーリンク

FLSK(フラスク)ボトル あとがき

個人的にこのマットな仕上がり(フラスク ステンレスを除く)が、キャンプやアウトドアに違和感なく溶け込む感じがしました。

何よりも保冷力や保温力も優れているため、夏場は冷たい炭酸やビール、冬場は温かい飲み物を入れてキャンプやアウトドアに持って行きたいと思いました。

炭酸対応の真空管ボトルを検討されている方は、是非候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

関連記事
サーモス JNR-750
【JNR-750 レビュー】サーモスの真空断熱ケータイマグがいい感じ!

続きを見る

関連記事
スタッキングタンブラー TOP
スタッキングタンブラー|ゼインアーツより全てがちょうどいい真空タンブラー登場!

続きを見る

関連記事
Zebrang (ゼブラン) TOP
Zebrang(ゼブラン)のコーヒーギアでアウトドアに至福の一杯を!

続きを見る

その他 キッチン関連へはこちらからどうぞ

キッチン関連へ

きっと気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-キッチン関連
-,

もくじ