キッチン関連

モビボックス レビュー|ZANE ARTS(ゼインアーツ)のポールで自立するコンパクトなゴミ箱

MOBI BOX(モビボックス)

テントやシェルターが大人気の「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」より、4本のポールで自立するコンパクトなゴミ箱が登場しました。

ZANE ARTS(ゼインアーツ)からゴミ箱が登場するとは、結構以外でした。

ゴミ箱といっても、ZANE ARTS(ゼインアーツ)が作るのですから、従来のゴミ箱とは違うはずと思って購入しました。

それでは早速ZANE ARTS(ゼインアーツ)のゴミ箱「モビボックス(MOBI BOX)」をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

モビボックス(MOBI BOX) / BG-015 / ZANE ARTS

モビボックス17

ゴミ箱なので、「〇〇トラッシュボックス」とかの名称になるのかと、勝手に思っていましたが、登場した名前は「モビボックス(MOBI BOX)

由来を見てみると驚きました。

ゴミ箱 → 護美箱 → モビ箱 → モビボックス

「美しい環境を護る」というところから来ているとのことで、ダジャレの中にもZANE ARTS(ゼインアーツ)らしさを感じることができます。

それではディテールから見ていきます。

モビボックス(MOBI BOX) ディテール

モビボックス18
モビボックス2

カラーは1種類で、ZANE ARTS(ゼインアーツ)のイメージカラーというのでしょうか、上記のコヨーテのみになります。

構造はよくキャンプで使用されている、本体にバネの構造を利用したトラッシュボックスとは異なり、4本のポールで自立するタイプで、今までで初めて見た構造です。

フォルムは、上部から底部へ向かって、少し狭くなっている形状のため「シュッ」とした感じです。

モビボックス13
モビボックス19

本体内部には、ビニール用クリップが6箇所装備されています。

モビボックス20
画像のように40Lのゴミ袋をつけると余ります

サイズは大きすぎず約20Lサイズで、20Lのビニール袋が丁度良く取付けられるサイズです。

モビボックス11

正面にはZANE ARTS(ゼインアーツ)のロゴが縫われています。

モビボックス(MOBI BOX) 組立方法

MOBI BOX(モビボックス)組立方法
  • STEP:1
    ポールを組み立てる
    モビボックス5まず最初にモビボックスを開き、中にあるポールを組み立てます。
    モビボックス6

    組み立てると言っても、ポールにはショックコードがあるため簡単です。

  • STEP:2
    本体を展開する
    モビボックス7モビボックスは、本体をひねって本体上部のベルクロに止められている状態です。
    モビボックス8そのため、ベルクロを外して展開して広げます。
  • STEP:3
    ポールをグロメットに差し込む
    モビボックス14
    ポールを本体上部のグロメットに差し込みます。
  • STEP:4
    ポールをベルクロで留める
    モビボックス15
    ポールを下部のベルクロで留めます。
  • STEP:5
    完成
    モビボックス17

    上記の工程を4本行えば、完成で自立します。

続いて特徴です。

モビボックス(MOBI BOX) 特徴

モビボックス(MOBI BOX)の気になった特徴をピックアップしました。

  • 4本のポールで自立
  • ポール末端の脚部
  • 防水性の高いPVC素材
  • コンパクトに収納

それぞれを見ていきます。

4本のポールで自立

モビボックス14
モビボックス15

従来のトラッシュボックスにはない構造で、組み立てでもご紹介したように、4本のポールを本体上部のグロメットに差し込み、下部のベルクロで留める仕様。

モビボックス9
モビボックス10

本体側にも芯材が内蔵されているとのことで、しっかりとフォルムをキープしてくれます。

ビニール袋の重さで、傾くことはなさそうです。

ポール末端の脚部

モビボックス16

こちらも従来のトラッシュボックスにはない構造で、ポールの末端は脚部になっており、底面全体が地面に接する事が無いため、土や泥、水気などの汚れが付きにくくなっています。

これはありがたい仕様です。

防水性の高いPVC素材

モビボックス12

本体内部はPVC素材を加工し、防水性を高めています。

水気のある汚れを吸収せず、汚れが付着しても拭き取りやすくなっているため、お掃除が楽です。

縫い目は目止めがされていないため、必ずビニール袋を併用して下さいとのことです。

コンパクトに収納

モビボックス3
モビボックス4

収納時は、ポールを外して本体を潰してベルクロで固定するだけ。

また4つのポールはそれぞれ二つ折りにできるため、折り畳んで本体の中に収納が可能なため、コンパクトに収納できます。

モビボックス(MOBI BOX) 仕様

使用時サイズ天面φ320・底面φ235×360(h)mm
収納時サイズφ320×70mm
重量790g
材質本体:600Dポリエステル・PVCコーティング
ポール:アルミ
容量20L(20Lのゴミ袋推奨)

モビボックス(MOBI BOX) 価格

¥4,950(税込)

2022年1月30日現在

スポンサーリンク

モビボックス(MOBI BOX) あとがき

実際に使用してみて、サイズ的にソロキャンプに最適だと思いました。

ゴミ箱と言えども、ZANE ARTS(ゼインアーツ)のキャンプギアのため、現在のところ完売しています。

2022年1月30日現在

Amazonや楽天では、当分販売されているのを見れそうにないことでしょう。

関連記事
ポップアップトラッシュボックス 新・旧モデル比較 Top
【キャンプゴミ箱比較】ポップアップトラッシュボックスの新旧を比較@オレゴニアンキャンパー

続きを見る

関連記事
ポップアップトラッシュボックス
【ポップアップトラッシュボックス】キャンプに最適な折りたたみゴミ箱!

続きを見る

関連記事
コズホルダー TOP
【ゼインアーツ2022新製品】コズホルダー|ポールにセットできるカップホルダー登場!

続きを見る

関連記事
ジグ TOP
【ZIG / ジグ】ゼインアーツより優しく広範囲を照らすLEDランタン登場

続きを見る

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-キッチン関連
-, , ,

もくじ