テント・タープ

【PEPO】tent-Mark DESIGNS×SOLUMコラボのTC A型テントが登場!

更新日:

2018年に入ってすぐ、tent-Mark DESIGNSの今年のラインアップに登場した、TC素材のテントを覚えていますか?

その際はまだ名前も発表されておらず、なんて呼べばいいのかわからなかったテント。そのテントの名称等が遂にベールを脱ぎました。

新アウトドアブランド「SOLUM」とのコラボテントで、TC素材かつクロスフレームのA型テントになります。

名称は「PEPO」でラテン語でカボチャという意味。その名の通りブラウンでもマスタードでもない絶妙なカラーを実現したとのことです。

早速気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

PEPO

60〜70年代のキャンプシーンからインスピレーションを得たレトロなA型テントで、憧れのヴィンテージテントに、現代の利便性や、機能性をプラスしたテント。新アウトドアブランド「SOLUM」とtent Mark DESIGNSのコラボテントになります。

「SOLUM」とはラテン語で大地という意味の言葉です。
大地の恵みであるコットンや革など、天然素材のナチュラルな風合いを大切にするブランドでありたいと思っています。

名前の由来からも、今後がかなり楽しみなブランドですね!

現在わかっている仕様は以下の通りです。

仕様

使用時サイズ(約) 本体:270×290×高さ205cm
グランドシート:255×275×10cm
重量(約) 15.9kg (本体7.4kg、ポール4.2kg、グランドシート1.1kg)
耐水圧  1,500mm(サイドパネル、グランドシート)
素材 フライシート:コットン35%、ポリエステル65%(表面撥水加工)
サイドパネル、グランドシート:ポリエステル オックス210D
スクリーンメッシュ:ポリエステル
ポール(クロスフレーム) :アルミ合金製

特徴

一番の特徴はカラーリングとのことで、すでに使い込んだような味のある色合いに仕上がっているとのことです。

また、ナチュラルな風合いをそのままにコットンと比べて扱いやすいTC素材を採用しているので、遮光性・通気性が高く、結露しにくく、火の粉に強くなっています。

決して燃えない素材ではありません

扱いやすさ、軽さを重視したアルミ合金フレームを使用し、サーカス720で培ったクロスフレームを採用しているため、ポールを気にせずにテント内を快適に過ごすことができます。

また、全開にできる背面パネルと、立ち上がり4箇所にメッシュパネルがあるので、暑い時期も快適に過ごせそうです。

バスタブ型のグランドシートが付属しており、画像から見ると外して使用することもできそうなので、様々な使い方ができそうですね。

価格

79,800円+税

2018年6月2日現在

 

スポンサーリンク

あとがき

新製品情報公開後かなりの反響があったとのことで、かなり楽しみにされているPEPOですが、昨年や一昨年のサーカスTCのように人気の出そうなテントです。

tent Mark DESGINSは、このPEPO以外にも「炎幕」が発売され、今年更に目が離せないメーカーです!

  • 好日山荘にて、冬のウェア・クリアランス ザ・ファイナル開催中!
    最大50%OFFの商品もあるのでお見逃しなく!
  • eSPORTS にて、在庫限りのスペシャルプライス OUTLET SALE!開催中
  • ナチュラムにて、ogawaの人気定番アイテムが数量限定で販売中!
    ピルツ19 】通常価格¥124,200が、廃盤特価の¥99,800(税込)に!
     是非このチャンスに!
  • キャンプには行きたいけど、キャンプ用品を揃えるまではという方へ…
    キャンプスマイル」で、お得なファミリーセットを一度レンタルしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-

Copyright© Yosocam , 2019 All Rights Reserved.