焚き火・火器

【シバレンナ】DODより暖かさに特化したダブルウォール構造の焚き火台が登場!

シバレンナ TOP

出典: DOD

寒い夜に使いたい、暖かさに特化したダブルウォール構造の焚き火台がDODから登場します。

名称は「シバレンナ

北海道や東北地方で使われている「しばれる (厳しく冷え込む)」という方言を、そのまま名称にした焚き火台「シバレンナ

今や「しばれる」という方言はほぼ全国区で知れ渡っており、もはや共通語と言っても過言ではありません。

そんなしばれる夜に使用したい焚き火台「シバレンナ」をご紹介します。

SNSでも情報配信をしています!よろしければフォローお願いします。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
サンデーマウンテンにて【最大80%OFF】WINTER SALE開催中!
スポンサーリンク

シバレンナ

「厳しく冷え込む」の方言(北海道や東北地方)「しばれる」の口語体「しばれんなぁ」からきている「シバレンナ」

私は吉幾三さんがよくテレビで言っていたのを見て、しばれるという方言を覚えた気がします。

そんなしばれる夜に使いたい、暖かさに特化した焚き火台がこの「シバレンナ」です。

それでは早速シバレンナのディテールから見ていきます。

シバレンナ ディテール

シバレンナ ディテール
正面 出典: DOD
シバレンナ ディテール2
背面 出典: DOD

寒さに特化した構造で、ダブルウォールの背面プレートが遮熱板(リフレクター)の役割をしており、焚き火の熱を跳ね返して効率的に前面を温めてくれます。

また下部にも遮熱板があり、その上に薪を乗せておくことで、乾燥させることができます。

シバレンナ ディテール4
上面 出典: DOD
シバレンナ ディテール3
側面 出典: DOD

上部から見るとわかりやすいのですが、前面がメッシュになっているため、火起こしや送風が簡単に行えます。

側面には、持ち運びが楽なハンドルを取り付けることができます。

続いて特徴です。

シバレンナ 特徴

シバレンナ 特徴
出典: DOD

シバレンナには、ダブルウォール構造以外にも様々な特徴があります。

その中から、気になる特徴をピックアップしたのが以下7つです。

  • ダブルウォール構造
  • 二次燃焼
  • 熱反射の効率を上げる遮熱板
  • 灰が落ちにくい大型灰受け
  • 薪の乾燥が可能
  • 送風が簡単な前面メッシュ
  • ゴトクが付属

それぞれを見ています。

ダブルウォール構造

シバレンナ1
出典: DOD

シバレンナ最大の特徴は、何と言っても焚き火の熱を効率的に反射させる「ダブルウォール構造

ダブルウォール構造の背面プレートにより、焚き火の熱を効率的に反射させ、前面を暖かくしてくれます。

また手前をメッシュにすることで、ダイレクトに焚き火の熱を堪能できます。

二次燃焼

シバレンナ4
出典: DOD

背面プレート上部には、二次燃焼を発生させるための穴(ホール)が配置されています。

これにより、燃焼効率を高めて煙を少なくする効果があります。

ただし片側にしか二次燃焼穴がなく、二次燃焼に特化した「めちゃもえファイヤー」に比べると、二次燃焼は発生しにくい構造です。

熱反射の効率を上げる遮熱板

シバレンナ3
出典: DOD

焚き火台の下部に配置されている遮熱板は、地面への熱ダメージを軽減するだけでなく、焚き火の熱をより前面に反射する効果があります。

灰が落ちにくい大型灰受け

シバレンナ 特徴2
出典: DOD

また先程の遮熱板は、灰受けの役割も兼ねます。

燃焼部に対して大きめのサイズなため、灰が地面に落ちることを軽減します。

薪の乾燥が可能

シバレンナ5
出典: DOD

また下部の遮熱板は、灰受けや熱の反射だけでなく、上に燃やす前の薪を並べておくことで、しっかりと乾燥させることができます。

落ちた灰で、乾燥中の薪が燃えないようにご注意ください。

送風が簡単な前面メッシュ

シバレンナ6
出典: DOD

薪をくべる部分がメッシュになっているため、火起こしや送風が簡単に行えます。

ゴトクが付属

シバレンナ7
出典: DOD

小鍋やシェラカップなどを乗せることのできる専用ゴトクが付属。

またゴトクを乗せた状態でも、薪をくべることが可能です。

ゴトクの静止耐荷重は1kg。

シバレンナを使用にあたって

シバレンナ 歪み
出典: DOD

燃焼状況によっては上記の画像のような歪みが生じますが、機能には影響はなく使用後にほとんどの場合は元に戻るとのこと。

また製造工程上、遮熱板や薪受け部の一部に溶接の跡が残っていますが、予めご了承ください。

シバレンナ 仕様

シバレンナ 仕様
出典: DOD
組立サイズ(外寸)(約)W43×D27cm×H35cm
収納サイズ(約)W53×D6cm×H40cm
重量(付属品含む)(約)5.8kg
材質ステンレススチール、600Dポリエステル(キャリーバッグ)
静止耐荷重1kg ※ゴトク部分
付属品ゴトク、キャリーバッグ

シバレンナ 価格

オープンプライス

2021年1月31日現在、DOD STOREのみで販売:¥16,500(税込)

シバレンナ あとがき

余り重いものはゴトクに乗せれませんが、直火調理も可能で暖かく二次燃焼を楽しみたい方におすすめの焚き火台です。

ただ重量が約5.8kgとコンパクトな焚き火台としては、少し重めです。

これはダブルウォール構造のためだと思われます。

次から次へと新製品を投入してくるDOD。

2021年もDODから目が離せませんね!

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

その他 焚き火台へ

きっと気になる焚き火台が見つかるはず

おすすめの関連記事

関連記事
軽量焚き火台7選 TOP
【2022年】軽量焚き火台7選!1kg以下でソロキャンプにおすすめ!

続きを見る

関連記事
男前ファイアグリル TOP
【男前ファイアグリル レビュー】オールチタン製 超軽量焚き火台が登場!

続きを見る

関連記事
ピコグリル398
【ピコグリル398】ソロキャンプで焚き火と簡単な調理ならこの焚き火台がおすすめ!

続きを見る

関連記事
ベルモント TABI TOP
【TABI レビュー】ベルモントよりコンパクトで軽量なチタンの焚き火台が登場!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-焚き火・火器
-, ,

もくじ