買ってよかったキャンプ用品 こちら

VACILAND [ヴァシランド] |シマノから最強の保冷力を誇るクーラーボックスが登場!

本ページはプロモーションが含まれています
VACILAND TOP
出典: SHIMANO

日本の釣具ブランドSHIMANO [シマノ] が、2022年にアウトドア・キャンプ業界に向けてクーラーボックス「ICEBOX(アイスボックス)」を発売してまだ間もないですが、そのアイスボックスの保冷力をさらに上回るクーラーボックスが登場します。

その名も「VACILAND [ヴァシランド] 」。

サイトにもあるように、「どこへ行くかよりも、どんな経験をするかという過程そのものを大切にする旅」というスペイン語のVacilando(ヴァシランド)からきている名称。

なんか、すごくいい名称ですね。

それでは、今回はシマノのクーラーボックス「VACILAND [ヴァシランド] 」を紹介します。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

VACILAND [ヴァシランド] |SHIMANO [シマノ]

2022年に発売された「ICEBOX(アイスボックス)」も記憶に新しいところですが、翌年にまたこれだけすごいクーラボックスを出すとは思いもよりませんでした。

「VACILAND [ヴァシランド] 」には、4つのカラーと2つのサイズがあります。

また保冷構造(グレード)が4種類あり、以下の合計10種類がラインアップされています。

  • VACILAND PRO 40L(アンヴィルグレー)
  • VACILAND PRO 32L(アンヴィルグレー)
  • VACILAND EL 40L(モカ)
  • VACILAND EL 32L(モカ)
  • VACILAND ST 40L(サンドベージュ)
  • VACILAND ST 40L(カーキ)
  • VACILAND ST 32L(サンドベージュ)
  • VACILAND ST 32L(カーキ)
  • VACILAND VL 40L(サンドベージュ)
  • VACILAND VL 32L(サンドベージュ)

アイスボックスの際は、保冷構造(グレード)によってカラーが分類されていましたが、VACILAND [ヴァシランド] は同じSTグレードに2つのカラー(サンドベージュとカーキ)と、グレード違いのVLにもサンドベージュをラインアップさせているのが特徴です。

VACILAND [ヴァシランド] サイズ

サイズは、どのグレードも32Lと40Lが用意されています。

32L

VACILAND 32L サイズ1
出典: SHIMANO
VACILAND 32L サイズ2
出典: SHIMANO
VACILAND 32L サイズ3
出典: SHIMANO

サイズ(外寸最大値):650×402×368mm

40L

VACILAND 40L サイズ
出典: SHIMANO
VACILAND 40L サイズ2
出典: SHIMANO
VACILAND 40L サイズ3
出典: SHIMANO

サイズ(外寸最大値):650×402×434mm

VACILAND [ヴァシランド] カラー

VACILAND PRO アンヴィルグレー
PRO アンヴィルグレー 出典: SHIMANO
VACILAND EL モカ
EL モカ 出典: SHIMANO
VACILAND ST サンドベージュとカーキ
ST サンドベージュとカーキ 出典: SHIMANO

カラーは以下の4種類。

  • PRO:アンヴィルグレー
  • EL:モカ
  • ST:サンドベージュ、カーキ
  • VL:サンドベージュ

アイスボックスはグレードによって、カラーが全く異なりましたが、その点VACILAND [ヴァシランド] は少し変更されています。

最上位グレードの「PRO」には「アンヴィルグレー」を、2番目のグレード「EL」には、「モカ」を採用。どちらもアイスボックスでは使用していなかったカラーで、この度初の採用となっています。

一番スタンダードなグレードと思われる「ST」には、「サンドベージュ」と「カーキ」と2種類のカラーを採用。どちらもアイスボックスで人気のあったカラーです。

一番手頃な「VL」には「サンドベージュ」を採用しており、サンドベージュが2つのグレードにまたがって採用されています。

このことからアイスボックスでは、サンドベージュの人気があったと思われます。

どちらも、アウトドアやキャンプに馴染む、最適なカラーだと感じました。

VACILAND [ヴァシランド] 仕様

それでは、保冷構造(グレード)によるそれぞれの仕様をご紹介します。

どのグレードも蓋部分は、発泡ポリスチレン断熱材を使用しています。

VACILAND [ヴァシランド] PRO アンヴィルグレー

VACILAND PRO 保冷構造
出典: SHIMANO

VACILAND [ヴァシランド] PROは、一番上のグレードにあたり、上面・側面・底面の6面に極厚真空パネル+発泡ウレタンを配置。

40L32L
最大氷保持期間13日間11日間
重量9.9kg9.1kg
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果。条件により保冷力は異なります。

VACILAND [ヴァシランド] EL モカ

VACILAND EL 保冷構造
出典: SHIMANO

VACILAND [ヴァシランド] ELは、上から2番目のグレードにあたり、側面と底面3面に一体型の真空パネル+発泡ウレタンを配置

40L32L
最大氷保持期間9.5日間8.5日間
重量9.2kg8.5kg
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果。条件により保冷力は異なります。

VACILAND [ヴァシランド] ST

VACILAND ST 保冷構造
出典: SHIMANO

VACILAND [ヴァシランド] STは上から3番目のグレードで、このグレードだけカラーも2色展開をしているため、筆者的にはスタンダードモデルだと感じました。発泡ウレタンパネルを配置

40L32L
最大氷保持期間6日間5.5日間
重量8.3kg7.8kg
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果。条件により保冷力は異なります。

保冷構造が同じ、アイスボックスSTのレビューもあわせてご覧ください。

シマノ ICEBOX(アイスボックス) ST レビュー|保冷力やカラーが抜群のハードクーラーボックス

VACILAND [ヴァシランド] VL

VACILAND VL 保冷構造
出典: SHIMANO

VACILAND [ヴァシランド] VLはエントリーモデルにあたり、一番手頃な価格帯。発泡ポリスチレンパネルを配置

40L32L
最大氷保持期間5日間4.5日間
重量7.5kg7.1kg
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果。条件により保冷力は異なります。

VACILAND [ヴァシランド] 価格

VACILAND [ヴァシランド] の価格は、以下の通り。

  • PRO 40L:¥102,300
  • PRO 32L:¥99,000
  • EL 40L:¥79,200
  • EL 32L:¥75,900
  • ST 40L:¥47,300
  • ST 32L:¥46,200
  • VL 40L:¥41,800
  • VL 32L:¥40,700

2023年2月9日現在、価格は全て税込み。

また、グレードSTのサンドベージュとカーキの価格は同じです。

VACILAND [ヴァシランド] 特徴

続いて、VACILAND [ヴァシランド] の共通する特徴は、以下の通り。

  • 保冷力が抜群
  • 冷気を逃しにくい高密閉設計
  • フタがどちら側にも開き外れる
  • ワンアクションで開閉するレバー構造
  • 水抜きの際に水栓をなくすことがない

保冷力が抜群

VACILAND 最強の保冷力
出典: SHIMANO

グレードによって保冷日数は全く異なりますが、共通するところは保冷力が抜群にいいというところ。

あくまでメーカーの実験値ですが、最大氷保持期間がPROの40Lだと最高13日間、VLの32Lでさえも4.5日間と優れています。

PROELSTVL
40L13日間9.5日間6日間5日間
32L11日間8.5日間5.5日間4.5日間
※容量比40%の氷をクーラーボックスに入れ、30℃9h-20℃15hで保管後に氷重量を測定。氷が溶けきるまでの時間を算出。社内試験での結果。条件により保冷力は異なります。

日本のブランドでは、今までにない保冷力だと感じました。

冷気を逃しにくい高密閉設計

VACILAND 高密閉設計
出典: SHIMANO

保冷力が高い理由として、高密閉設計が挙げられます。

蓋・本体の密閉性を高めるためにパッキンの潰し量を増やしています。

パッキンを潰すための力がより必要になるため、現行品に比べてレバー比を3.5倍に増強しています。

この高密閉設計によって、冷気が逃げにくくなるため保冷力が抜群になりました。

フタがどちら側にも開き外れる

VACILAND フタが前後どちらにも開く
出典: SHIMANO
VACILAND 蓋が外れる
出典: SHIMANO

こちらも共通の特徴の一つで、フタが前後どちら側にも開き、さらに外すことができます。

これは他のブランドにはない、SHIMANO(シマノ)のクーラーボックスの特徴と言っても過言でないでしょう。

意外と便利な機能で、例えば車で買い出しに行った際など、どちらからも蓋を開けることができるため、まず車載時に前後を考える必要がありません。

また積載やキャンプ場でのレイアウトの際に、左右に荷物があっても、蓋を外して中身を取ることができるため、かなり便利な機能の一つです。

ワンアクションで開閉するレバー構造

VACILAND レバー
出典: SHIMANO

一概には言えませんが、保冷力が優れいてる大抵のクーラーボックスはラッチタイプが多く、2箇所のラッチを上げてから蓋を上げるというのがほとんどです。

しかし、このVACILAND [ヴァシランド] は、ワンアクションで開閉ができるレバー構造のため、開け閉めが楽なうえに冷気漏れや水漏れを軽減し、 本体の保冷性能を最大限発揮してくれます。

水抜きの際に水栓をなくすことがない

VACILAND 水抜き
出典: SHIMANO

ハードクーラーボックス下部ににある、水抜き用の水栓は外れるものが多いですのが、どこかに置くと「あれ!? どこ行った」となりがち。

VACILAND [ヴァシランド] の水栓は画像のようにヒンジ構造になっており、簡単に水抜きができる上クーラーボックス本体に付いているため、水栓をなくすことがありません。

VACILAND [ヴァシランド] あとがき

ICEBOX(アイスボックス)の保冷力を上回る「VACILAND [ヴァシランド]」。

その分価格もアイスボックスを上回っています。

保冷料が抜群のクーラーボックスや、32L以上のクーラーボックスを探されている方は、ぜひ候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

またソロキャンプや30L以下のクーラーボックスをお探しの方は、同じSHIMANO(シマノ)のアイスボックスなどはいかがでしょうか?

シマノ ICEBOX(アイスボックス) ST レビュー|保冷力やカラーが抜群のハードクーラーボックス

あわせて読みたい関連記事

クーラーボックスへはこちらから

気になるキャンプギアが見つかるはず

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ