メーカー情報

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)|音響メーカー オーディオテクニカよりキャンプギアブランドが誕生

AUTEC CAMP TOP

出典: AUTEC CAMP

マイクやオーディオ機器を販売する、音響・オーディオブランド「audio-technica(オーディオテクニカ)」がより、キャンプギアブランド「AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)」が誕生。

2022年6月23日に、そのAUTEC CAMP(オーテックキャンプ)より、グリルや焚き火台、コーヒードリッパーが登場します。

どのようなキャンプギアなのか、AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)のキャンプギアをご紹介します。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ) のキャンプギア

AUTEC CAMP ロゴ
出典: Amazon

audio-technica

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)を手掛ける「audio-technica(オーディオテクニカ)」とは、ドラムのバスドラム(キック)などに使われるATM25などのプロ用マイクから、ヘッドホンなどのオーディオ機器まで、様々な「音」に関する機器を手掛ける日本の音響機器ブランド。

なぜその音響機器のトップブランドが、キャンプギアに参入してきたのでしょうか。

私たちはこれまで、最高の音を通して、 感動と言う「体験」を届けるために、何よりもお客様の声に耳を傾けた開発に取り組み、音響製品を世の中に送り出してきました。この新しいブランドでは アウトドアを通した様々な「体験」で皆さまのより豊かな ライフスタイルを応援したい。音楽のように身近で暖かくて自由で純粋な感動が一つでも多く届くように。

引用:AUTEC CAMP

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)のSTORYを見て、その答えがわかったような気がします。

2022年初夏に販売されるのは、以下の3アイテム。

  • TRY AND GRILL(トライアングル)
  • COOK PIT(コックピット)
  • DRIPO(ドリプロ)

全ての共通点として、

  • 日本製(Made In Japan)
  • ステンレスギア

が挙げられます。

それでは、AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)のキャンプギアとは、どのようなギアなのかそれぞれを詳しく見ていきます。

TRY AND GRILL(トライアングル)

AUTEC CAMP TRY AND GRILLL TOP
出典: Amazon

まずはTRY AND GRILL(トライアングル)から。

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)が提案する、焚き火台&グリルの一つ目がこの「TRY AND GRILL(トライアングル)」。

TRY AND GRILL(焼いてみる) と、三角形のトライアングル(triangle)をかけ合わせた名称と推測します。

AUTEC CAMP TRY AND GRILLL3
出典: Amazon
AUTEC CAMP TRY AND GRILLL4
出典: Amazon

形状はトライアングルという名の通り、炭床は三角形をしており、火床と架台はそれぞれ三角形と逆三角形を組み合わせたような形。

AUTEC CAMP TRY AND GRILLL2
出典: Amazon

非常に美しいフォルムと、安定感を得ることができる形状だと感じました。

またTRY AND GRILL(トライアングル)は、メイドインジャパン製品です。

TRY AND GRILL(トライアングル) 仕様 (SPEC)

AUTEC CAMP TRY AND GRILLL SPEC
出典: AUTEC CAMP
展開サイズW321×D331×H203mm
収納サイズW302×D201×H41mm
重量約1.8kg
材質ステンレス鋼

TRY AND GRILL(トライアングル) 価格

¥23,100(税込)

2022年6月4日現在

TRY AND GRILL(トライアングル) 発売予定日

2022年6月23日 発売予定

2022年6月4日現在、予約販売を行っています。

スポンサーリンク

COOK PIT(コックピット)

AUTEC CAMP COOK PIT TOP
出典: Amazon

続いてこちらも焚き火台「COOK PIT(コックピット)」

COOK PIT(調理をする場所)と、飛行機やレーシングカーなどの操縦席や運転席であるコックピット(cockpit)と掛け合わせて作られた名称かと推測します。

AUTEC CAMP COOK PIT3
出典: Amazon
AUTEC CAMP COOK PIT4
出典: Amazon

形状も名称通り、先端へ行くにつれて細くなっており、コックピットのような形状をしています。

AUTEC CAMP COOK PIT5
出典: Amazon

調理なども可能で、先程のTRY AND GRILL(トライアングル) と比べると、薪を入れやすい仕様となっています。

AUTEC CAMP COOK PIT6
出典: Amazon

またコンパクトに収納することができます。

AUTEC CAMP COOK PIT2
出典: Amazon

火床の先端がかなり低いため、地面が芝などの場合は保護するものを用意する必要があります。

COOK PIT(コックピット)もメイドインジャパン製品です。

COOK PIT(コックピット) 仕様 (SPEC)

展開サイズW283×D227×H169mm
収納サイズW303×D190×H40mm
重量約850g
材質ステンレス鋼

COOK PIT(コックピット) 価格

¥13,200(税込)

2022年6月4日現在

COOK PIT(コックピット) 発売予定日

2022年6月23日 発売予定

2022年6月4日現在、予約販売を行っています。

DRIPO(ドリプロ)

AUTEC CAMP DRIPRO TOP
出典: Amazon

最後にご紹介するのは、焚き火関連ではなくコーヒードリッパー「DRIPRO(ドリプロ)」。

きっとドリップとプロをかけ合わせた名称なのでしょう。

AUTEC CAMP DRIPRO5
出典: Amazon
AUTEC CAMP DRIPRO6
出典: Amazon

DRIPRO(ドリプロ)の最大の特徴なのが、黒い部分のシリコン製アシスター。

このアシスターを使用することで、

  • 熱湯 (約100℃) をドリップに適した温度まで下げる
  • 先の細いケトルで注いだように穏やかに安定して滴下される
  • コーヒー豆の壁を崩さないよう滴下される

美味しくコーヒーを淹れることができます。

AUTEC CAMP DRIPRO3
出典: Amazon
AUTEC CAMP DRIPRO4
出典: Amazon

もちろんアシスターを外して、先の細いケトルで淹れることもできます。

AUTEC CAMP DRIPRO7
出典: Amazon
AUTEC CAMP DRIPRO8
出典: Amazon

収納時はコンパクトにたたむことができるため、かさばりません。

AUTEC CAMP DRIPRO2
出典: Amazon

これで美味しいコーヒーを淹れることができそうですね。

こちらのDRIPRO(ドリプロ)もメイドインジャパン製品です。

DRIPRO(ドリプロ) 仕様(SPEC)

展開サイズ製品重量W122×D167×H95mm
収納サイズW130×D18×H94mm
重量約110g
材質ステンレス鋼、シリコン

DRIPRO(ドリプロ) 価格

¥7,700(税込)

2022年6月4日現在

DRIPRO(ドリプロ) 販売予定日

2022年6月23日 発売予定

2022年6月4日現在、予約販売を行っています。

AUTEC CAMP(オーテックキャンプ) のキャンプギア あとがき

どれも形状が美しくて、期待大のキャンプギアばかりです。

全て日本製のため価格が少し高く感じますが、品質は良さそうです。

これからもどのようなキャンプギアが登場するのか、AUTEC CAMP(オーテックキャンプ)から目が離させませんね!

おすすめの関連記事

関連記事
マクライトTOP
マクライト レビュー|TOKYO CRAFTSの安定感がある軽量焚き火台

続きを見る

関連記事
UCO フラットパックグリルS TOP
【フラットパックグリルS レビュー】UCO(ユーコ)のミニ焚き火台がコンパクトで超便利!

続きを見る

関連記事
ピコグリル398
【ピコグリル398】ソロキャンプで焚き火と簡単な調理ならこの焚き火台がおすすめ!

続きを見る

その他 焚き火台へはこちらからどうぞ

焚き火台へ

きっと気になる焚き火台が見つかるはず

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-メーカー情報

もくじ