【2024年】フラットバーナーテーブル10選 こちら

サバルパインドーム|サバティカルよりドームテントの本命登場

本ページはプロモーションが含まれています
サバルパインドーム TOP
出典: SABBATICAL

遂にあのSABBATICAL (サバティカル) より、ドーム型テント「サバルパインドーム」が登場!

近年のドームテントブームの中、人気テントのほとんどが海外ブランドという現状ですが、国産ブランドのサバティカルから登場する「サバルパインドーム」は、今後のドームテントの本命といっても過言ではなさそうです。

それでは、「サバルパインドーム」はどのようなテントなのか特徴などを紹介します。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

サバルパインドーム|SUBALPINE DOME

サバルパインドーム2
出典: SABBATICAL

美しく藝術げいじゅつ的なテントやシェルターを世に送る、SABBATICAL(サバティカル)。

ZANE ARTSの小杉氏がデザインを務めるため、どれもが独特の美しいフォルムをしています。

2023年9月上旬に、SABBATICAL(サバティカル)が販売する予定の「サバルパインドーム (SUBALPINE DOME)」は、モーニンググローリーのようなシェルターや、アルニカのようなテントとは異なる美しさを放つドーム型テントです。

それでは特徴から見ていきます。

サバルパインドーム ディテール

サバルパインドーム 背面クローズ
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム フルクローズ
出典: SABBATICAL

少ないフレーム本数で構造のシンプルさと軽量化を実現した、大型のドームテント「サバルパインドーム」。

サイドパネル全面にメッシュパネルを設けています。

フルクローズはもちろんのこと、すべてをメッシュにすることで、夏場は風が通り抜けやすく、高い通気性と快適さを得ることができます。

サバルパインドーム フルメッシュ ルーフシートあり
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム フルメッシュ ルーフシートなし
出典: SABBATICAL

サイドが立ち上がっているため、圧迫感のない空間を実現しています。

またトップ部分に、付属のルーフシート被せることで、ベンチレーションからの雨の侵入を防ぐことができます。

サバルパインドーム フルメッシュ ルーフシートあり 斜めから
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム フルメッシュ ルーフシートなし 上から
出典: SABBATICAL

またリビングシートが付属しているため、グランドスタイルでキャンプを楽しむことも可能です。

また上部から見ると、上部にも大型ベンチレーションを装備していることがわかります。

サバルパインドーム 特徴

サバルパインドーム1
出典: SABBATICAL

サバルパインドームの主な特徴は、以下の通り。

  • 様々な箇所がメッシュにできる
  • 遮光PU加工
  • きれいに張れる
  • スカートを装備
  • 大型上部ベンチレーション
  • シンプルなフレーム構造
  • ジッパーが追従
  • 大人数に対応
  • リビングシート付属
  • ルーフシート付属
  • ポールバックがキャリーバッグ仕様

様々な箇所がメッシュにできる

サバルパインドーム フルメッシュ ルーフシートあり2
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム フルクローズ2
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム フルオープン
出典: SABBATICAL

サイドパネル全てにメッシュパネルを装備。

メッシュにすることで、夏場は風の通り抜けが期待できます。

またフルクローズできることはもちろんのこと、6つのパネルが開放可能です。

遮光PU加工

サバルパインドーム 遮光PU加工
出典: SABBATICAL

天井部分にはカラーPUを採用することで、ノーマルに比べ日差しの透過を軽減。

夏場の暑さを和らげる効果があり、涼しく過ごすことができます。

きれいに張れる

サバルパインドーム 少ない張網
出典: SABBATICAL

張綱が少ないのため、設営も簡単でシワも少なくきれいに張れます。

スカートを装備

サバルパインドーム スカート装備
出典: SABBATICAL

本体の全周裾にはスカートを装備しているため、冷気や風の侵入を軽減してくれるため、オールシーズン使用できます。

大型上部ベンチレーション

サバルパインドーム 上部ベンチレーション
出典: SABBATICAL
サバルパインドーム 上部ベンチレーション2
出典: SABBATICAL

本体上部には、大型のベンチレーションを3つ完備。

ベンチレーションのジッパーはダブルジッパー仕様で、好きな位置で開口が可能で、便利です。

シンプルなフレーム構造

サバルパインドーム シンプルなフレームワーク
出典: SABBATICAL

少ないフレーム本数で構造のシンプルさを追求しているため、設営も容易です。

ジッパーが追従

サバルパインドーム ジッパー
出典: SABBATICAL

入口ジッパーは追従する構造のため、開く際に地面に着きづらく汚れにくい構造です。

大人数に対応

サバルパインドーム 大人数に対応
出典: SABBATICAL

画像のように、シェルターとしての使用時は約8〜10名の人数が過ごせます。

リビングシート付属

サバルパインドーム リビングシート付属
出典: SABBATICAL

リビングシートが付属しているため、グランドスタイルでキャンプが楽しめます。

ルーフシート付属

サバルパインドーム ルーフシート
出典: SABBATICAL

ルーフシートを被せることで、雨天時にもベンチレーションの開口が可能のため、室内の換気が可能。

ポールバックがキャリーバッグ仕様

出典: SABBATICAL

本体とポールをまとめて1つのキャリーバッグに入れることは可能ですが、重量のあるポールを収納する「収納袋」は、単体でも運搬が可能なキャリーバッグ仕様のため、本体と分けて運搬が可能です。

サバルパインドーム 仕様

サバルパインドーム サイズ
出典: SABBATICAL
サイズ
(最大値)
540×約468×230cm
収納サイズL82 × W42 × H31cm
重量総重量23.8kg(ポール10.3kg、ペグ820g)
材質ルーフ部:210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
ウォール部:75Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
ルーフシフト:210Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
Aフレーム:A6061 φ19mm
ルーフフレーム:A6061 φ17.5mm
サイドフレーム:A6061 φ17.5mm

リビングシート:210Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工
キャリーバッグ、ポールケース、ペグロープケース:210Dポリエステルオックス
ペグ:スチール
ロープ:ポリプロピレン
リング付きロープ:ポリプロピレン
セット内容本体×1、ルーフシート×1、フレーム一式、リビングシート×1、
キャリーバッグ×1、ポールケース×1、ペグロープケース×1、
ペグ(20cm) ×15 、3mロープ (φ4mm) × 6、リング付3mロープ(φ4mm) ×3
468cmは図形より計算のためおよそ値

サバルパインドーム 価格

¥198,000(税込)

2023年8月26日現在

サバルパインドーム あとがき

サバルパインドーム3
出典: SABBATICAL

サバルパインドームは、海外ブランドがほとんどを占めている「ドームテント・シェルター」市場に、一石を投じてくれるのではないかと思います。

高温多湿の日本で、快適に過ごせそうなテントなため、ドームテントをお考えの方は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

サバルパインドーム

サバティカルの関連記事

あわせて読みたい関連記事

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ