買ってよかったキャンプ用品 こちら

グロッケ12 T/C-II|ogawa 人気のベルテントがカラーを一新して登場!2024新製品

本ページはプロモーションが含まれています
グロッケ12 T/C-II
出典: ogawa online store

ogawa 2024 New Productsの中から、気になるアイテムをピックアップしてお届けします。

2018年に登場した「グロッケ12 T/C」が、この度カラーを一新して「グロッケ12 T/C-II」として登場。

今回は、「グロッケ12 T/C-II」の特徴や仕様を紹介します。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

グロッケ12 T/C-II 特徴

グロッケ12 T/C-II キャンプ
出典:PR TIMES
  • T/C素材を採用
  • 自然に溶け込むサンドベージュに一新
  • 背面スリットを装備
  • 側・背面下部に大型ベンチレーター装備

T/C素材を採用

ポリエステル65%とコットン35%のT/C素材を採用しているため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

またT/C素材の特徴として、風合いのいいところがあります。

自然に溶け込むサンドベージュに一新

2018年に登場したグロッケ12T/Cは、素材は同じT/Cですが、カラーリングが異なり「オフホワイト×ダークブラウン」で、どちらかといえばサイトで見かけると一目でわかるカラーでした。

2024年に登場するグロッケ12T/C-II は、自然に溶け込むサンドベージュに一新。

近年のogawaカラーの一つ「ナチュラルなアースカラー」で、なんだか懐かしい感じになります。

背面スリットを装備

背面には、要望の多かったスリットが入ったとのことです。

ユーザーの意見を取り込むところも、老舗ブランドだからからこそのように思えます。

側・背面下部に大型ベンチレーター装備

グロッケ12T/C同様に、側面・背面の下部に大型のベンチレーターを装備しているため、夏場の暑い時期などや、換気の際に役立ちます。

グロッケ12 T/C-II 仕様・価格

次にグロッケ12 T/C-IIの仕様や価格を紹介します。

仕様

グロッケ12 T/C-II 仕様
出典: ogawa online store
使用時サイズ405×265×270cm(最大値)
収納サイズ80×35×33cm
重量フライ:約10.2kg、
グランドシート:約1.65kg
ポール:約3.85kg、
付属品:約2.85kg
素材フライ:T/C(耐水圧350mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:スチールφ33mm、6061アルミ合金φ22mm
付属品張り綱1.5m×9本・3m×1本、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×15本・20cm×5本、収納袋

T/C生地はポリエステル65%とコットン35%の混紡素材

価格

¥126,500(税込)

2023年12月22日現在、2024年1月下旬以降入荷予定

グロッケ12T/Cと比較

2018年に登場したグロッケ12T/Cとは、どのようなところが変わっているのか比較をしてみました。

フォルムの比較

グロッケ12 T/C-II フォルム
グロッケ12 T/C-II 出典:PR TIMES
グロッケ12 T/C 廃盤
グロッケ12T/C 出典: ogawa online store

まずはフォルムから。

画像のサイズが少し異なるため、グロッケ12T/Cの方が大きく見えますが、数値で見るサイズは全く同じ。

収納時のサイズも、全く同じです。

見た目が異なるところはカラーのみで、グロッケ12T/Cが「オフホワイト×ダークブラウン」のツートンカラーだったのに対して、グロッケ12 T/C-IIはサンドベージュのシングルカラーというところ。

グロッケ12T/Cのツートンカラーは、はっきりと輪郭が出ているのに対して、グロッケ12 T/C-IIのサンドベージュは自然に溶け込む感じのカラーリングとなります。

仕様の比較

スクロールできます
グロッケ12 T/C-IIグロッケ12T/C
使用時サイズ405×265×270cm(最大値)405×265×270cm(最大値)
収納サイズ80×35×33cm80×35×33cm
重量フライ:約10.2kg、
グランドシート:約1.65kg
ポール:約3.85kg、
付属品:約2.85kg
総重量(付属品除く):14.7kg
フライ:約9.3kg
グランドシート:約1.8kg
ポール:約3.6kg
素材フライ:T/C(耐水圧350mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:スチールφ33mm、6061アルミ合金φ22mm
フライ:T/C(耐水圧350mm)ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:スチールφ32mm
フロントポール(Aフレーム):アルミφ22mm

次に仕様の比較ですが、サイズは全く同じです。

異なるところは重量で、2024年ogawaのテントの仕様が各パーツの重量表記になっているため、総重量の比較が行いにくいため、メインのフライ・グランドシート・ポールを比較していきます。

フライのサイズは全く同じですが、グロッケ12 T/C-IIの方が約0.9kg重くなっています。これは、グロッケ12T/Cの一部箇所がポリエステルだったためだと推測できます。

またグランドシートは、グロッケ12 T/C-IIの方が、約0.15kg軽くなっています。

ポールはメインポールの直径が1mmほど太くなっているためか、0.25kg重くなっています。

グロッケ12 T/C-IIの付属品を除いた重量が約15.7kgのため、付属品を除く総重量はグロッケ12 T/C-IIの方が、約1kg重たくなっています。

個人的には、そこまで増えていないため許容範囲かと思います。

2023年12月22日現在、ogawa online storeでは販売終了商品になっており、他の販売店で在庫があったとしても、「2023年生産終了商品」のため在庫限りとなります。

グロッケ12 T/C-II あとがき

グロッケ12T/Cは販売開始から約5年経ちますが、カラーを一新して存続するため、人気のテントだということがわかります。

きっとogawaのグロッケシリーズが、国産ベルテントとしての地位を確立しているからだと思います。

ベルテントをお考えの方は、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

ogawa 2024新製品関連記事

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ